233件中 11 - 20件表示
  • SM (性風俗)

    SM (性風俗)から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    なお性的サディズムの傾向はドメスティックバイオレンス(DV:配偶者からの暴力)という悲劇的な状況も発生させうるが、いわゆる性風俗におけるSMでは双方同意のうえで「叩いたり、叩かれたり」といった行為が行われ、また深刻な負傷を発生させないよう抑制された暴力または工夫された擬似的暴力であるといった相違がある。SM (性風俗) フレッシュアイペディアより)

  • 秘密 ―トップ・シークレット―

    秘密 ―トップ・シークレット―から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    『2008』に登場。35歳。三好雪子の大学時代からの親友。結婚の報告で雪子を訪ねて警視庁に来ていたところ、たまたま通りかかった初対面の薪にDV(ドメスティックバイオレンス)の被害者であることを見抜かれる。本名は堀江葵で、尚は兄。25年前、10歳のときに虐待に耐えかねて、父親の太一を刺殺。死体を兄の尚が遺棄したことで、失踪扱いとなっていた。しかし「信昭ちゃん誘拐事件」の捜査で屍蝋化した太一の遺体が発見され、事件が発覚する。婚約者の早瀬昭二は父と同じアルコール依存症で、早瀬からDV被害を受けていた。早瀬を殺害しようとするが、葵を守ろうとする尚により、未遂に終わる。だが尚は、葵に代わって早瀬を殺害しようとして、逆に刺殺される。秘密 ―トップ・シークレット― フレッシュアイペディアより)

  • 男性差別

    男性差別から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    DVは、婚姻や恋愛関係にある男女間での暴力であるため、本来であれば女性から男性への暴力も含まれるが、「夫または恋人などの男性から女性への暴力」と説明される場合が多い。これは本来ジェンダーバイオレンス(GV)と呼ばれるものであり、誤用である。ほとんどのDVが男性から女性への暴力と考えられる場合が多く、被害者の95%が女性と主張する者も少なくない。しかし、平成17年度に内閣府が実施した「男女間における暴力に関する調査」によると、DVの被害を受けた経験がある女性は33.2%、男性は17.4%であり、圧倒的多数の被害者が女性というのは誤りである。また、事実、内閣府の調査によるとドメスティックバイオレンスの被害の相談については、「どこ(だれ)にも相談しなかった」は、女性で46.9%、男性では84.4%となっており、男性のほとんどはDVの被害に遭いながら相談しない(できない)という傾向がある事から、男性の被害者の割合は調査結果を大幅に上回ると見られる。さらに男女共同参画センターに男性センターがない場合や、あっても開設時間が短時間である場合が多い上、担当者が女性であることが多く、男性の被害者への態度には「相談者側に非がある」と追い詰るなどの冷淡な対応があり、男性被害者の利用を阻害している。なお、「デートDV」について神戸市が市内の高校生に行った調査によるとデートDVを受けたことがある、と回答したのは女子が38%で、男子が28.7%と女子の方が10%ほど高かったが、このうち、「なぐられたり、けられたりする」(男性3.9%、女性3.3%)、「命の危険を感じるほどの暴力をされる」(男性1.4%、女性1.3%)など直接的な暴力を振るわれるのは男子生徒の方が多いことがわかった。本内容については、ドメスティックバイオレンスを参照。男性差別 フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティック・ヴァイオレンス

    ドメスティック・ヴァイオレンスから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ドメスティック・ヴァイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックヴァイオレンス

    ドメスティックヴァイオレンスから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ドメスティックヴァイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティック・バイオレンス

    ドメスティック・バイオレンスから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ドメスティック・バイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • 配偶者による暴力

    配偶者による暴力から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    配偶者による暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 配偶者からの暴力

    配偶者からの暴力から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    配偶者からの暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 藤臣柊子

    藤臣柊子から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1982年に『別冊フレンド』(講談社)にてデビュー。少女漫画家として活動していたが、現在はエッセイ漫画を中心に執筆している。結婚、労働、DV(ドメスティックバイオレンス)などの社会問題や、神経症などの健康問題について、ギャグ調の画風で解説している。自身もうつ病、パニック障害を患っていると公表している。NHKテレビでのうつ病等の特集番組には、萩原流行らと共に出演もしている。藤臣柊子 フレッシュアイペディアより)

  • 過保護

    過保護から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    過保護は、こどもが不快感を示す事に過度に同情し避けさせたり、子供が望むことを好き放題させた結果、自信や自己愛が肥大し過ぎて他者を尊重しない身勝手な人間に育ち、イジメを行ったり欲望を抑えられない為に不良行為に手を染めるケースや独立して家庭を持っても妻子にモラルハラスメント、ドメスティックバイオレンスなどを行い、却って本人の為にならない結果となる事が多い。過保護 フレッシュアイペディアより)

233件中 11 - 20件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード