233件中 31 - 40件表示
  • オー・ファーザー

    オー・ファーザーから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    「オー・ファーザー」はアルバム『ライク・ア・プレイヤー』の中でも、最も暗く、深刻なテーマを持った曲の一つである。曲の題名が示すように、この曲は文字どおりマドンナの実父であるシルヴィオとの葛藤的な関係を歌った曲である。しかし曲のテーマはそれだけに止まらず、児童虐待とそれによるトラウマについて歌われ、さらにプロモーション・ヴィデオの中では、ドメスティックバイオレンス、母親の死、そして宗教に対する懐疑などが取り扱われるに至る。歌詞の内容は、基本的に大人になったマドンナが父親の手による虐待的な子供時代を振り返るというものであるが、ここで描かれるのはその自尊心を打ち砕かれ、愛情に飢えた、かなり絶望的なマドンナの姿である。オー・ファーザー フレッシュアイペディアより)

  • 親父

    親父から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1980年代辺りからドメスティックバイオレンス(近親者からの暴力)の問題が知れ渡ると、次第に暴力で家庭内の権力を維持しようとする男性への批判が高まり、特に単なる暴力的性格によって配偶者や子供を殴る・蹴るといった行為で従わせようとする父親像は人格破綻者扱いされるに到っている。親父 フレッシュアイペディアより)

  • スパイシーピンク

    スパイシーピンクから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    行の元恋人。行の話では5年前に事故で死んだことになっていたが、実は生きていて、再び行の前に現れる。夫の家庭内暴力(DV)に苦しんでおり、同情した行が弁護士を紹介し、離婚の手続きを進める。スパイシーピンク フレッシュアイペディアより)

  • さくらの唄

    さくらの唄から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    利彦の姉。桜高の卒業生で三ツ輪先生の同窓生。元ヤンキーの美人で駅向こうの化粧品会社でOLをしている。以前は結婚して家を出ていたが夫のドメスティックバイオレンスに堪えかねて離婚し実家に戻ってきている。男勝りでサバサバした性格をしており、何度となく利彦のオナニーを目撃するがいつも平然としている。また利彦との姉弟仲は良く、給料日に寿司を奢ったり悩みを聞いてやったりしている。しかし金春夫妻のことは毛虫のように嫌っており、夫妻との同居が始まってからは家を空けることも多くなった。文化祭での出来事を知って久吉を刺殺しようとするが失敗し、逆に久吉やヤクザたちに輪姦されてしまう。久吉の死後、莫大な遺産を受け取るが昔と変わらずOLを続けている。さくらの唄 フレッシュアイペディアより)

  • 洪蘭淑

    洪蘭淑から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスの被害女性達を助けるセンターで働き、ロー・スクールで法律を学ぶ。洪蘭淑 フレッシュアイペディアより)

  • 妻しぼり

    妻しぼりから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    幸介の面倒を幼い頃から見てきていたお姉さん的な存在。前の夫の郷鉄とは、夫のDVが原因で半年前に離婚した。妻しぼり フレッシュアイペディアより)

  • 人権団体

    人権団体から見た配偶者による暴力ドメスティックバイオレンス

    人権団体(じんけんだんたい)は、特殊な事情にあってその人間としての基本的な人権が踏みにじられていると考える人たちの人権擁護などを目的とする団体。政治的な信条や健康、あるいは家族の離散、貧困、医療、高齢者、配偶者による暴力の被害者支援などといった事情である。人権団体 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ギャルママ協会

    日本ギャルママ協会から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    児童虐待防止対策・DV防止対策に対する取り組み日本ギャルママ協会 フレッシュアイペディアより)

  • リサ・マークルンド

    リサ・マークルンドから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    マークルンドの小説家としてのデビュー作品は1995年の『』(隠遁 - 本当にあった物語)であった。事実を基にしたこの作品はボーイフレンドから暴力を受けて身を隠さざるを得なかった女性の物語であり、2000年に改訂、再版された新版はスウェーデンの出版史上最大のベストセラー作品となった。2004年に出版されたマリア・エリクソン シリーズの第2作『』(アジール - 隠遁の後に)では、主人公の女性が如何にして家族と共に国外へ逃避せざるを得なかったかが描かれ、2003年2月についに主人公は米国内にドメスティックバイオレンス用のアジールを与えられた。この物語はスウェーデン国内で注目を浴び、スウェーデンの政党間で議論されるようにもなった。リサ・マークルンド フレッシュアイペディアより)

  • 日高美子

    日高美子から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    現在はドイツ在住。日本で数少ないひきこもり、DV、専門心理カウンセラーとして活動。日高美子 フレッシュアイペディアより)

233件中 31 - 40件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード