506件中 31 - 40件表示
  • 配偶者からの暴力

    配偶者からの暴力から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    配偶者からの暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ギャルママ協会

    日本ギャルママ協会から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    児童虐待防止対策・DV防止対策に対する取り組み日本ギャルママ協会 フレッシュアイペディアより)

  • ウー・ウー・キッド

    ウー・ウー・キッドから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1944年、当時15歳だったウー・ウー・キッド(Woo Woo Kid)ことエルスワース(デンプシー)はパーティー会場の女主人ジュディの優しさに惹かれる。ところが彼女は夫からDVを受けていてあざだらけになっていた。それを見たエルスワースは駆け落ちを決行するが・・・。ウー・ウー・キッド フレッシュアイペディアより)

  • スパイシーピンク

    スパイシーピンクから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    行の元恋人。行の話では5年前に事故で死んだことになっていたが、実は生きていて、再び行の前に現れる。夫の家庭内暴力(DV)に苦しんでおり、同情した行が弁護士を紹介し、離婚の手続きを進める。スパイシーピンク フレッシュアイペディアより)

  • ハーベイ・マーティン

    ハーベイ・マーティンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    その後もドラッグやアルコールを続け、1996年には同棲しているガールフレンドへのドメスティックバイオレンスで何度も逮捕され、その年の夏にコカインの服用で有罪となり、8ヶ月裁判所が命じるリハビリプログラムを受けることとなった。ハーベイ・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • ホイットニー・ヒューストン/スパークル

    ホイットニー・ヒューストン/スパークルから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1960年代末のデトロイト。シスター、ドロレス、スパークルのアンダーソン3姉妹は、シングルマザーで厳格な母エマの目を盗んで歌手活動をしていた。マネージャとなったスティックスの尽力もあり、やがて3人は実力が認められ、大手レコード会社との契約も目前となるが、長姉でリードヴォーカルのシスターが、恋人リーヴァイを捨て、人気コメディアンのサテンと婚約したことで事態は暗転する。シスターはサテンからのDVと薬物依存で自滅、レコード会社との契約は立ち消えになる。シンガーソングライターとして秀でた才能を持つ三女スパークルの才能を高く評価し、彼女を愛するスティックスはスパークルと結婚して、再起をはかろうと提案するが、スパークルはシスターの面倒を見るためにスティックスと別れる。ところが、サテンはシスターの治療を許そうとせず、スパークルやドロレスにまで暴力を振るう。そして激しいもみ合いの中、ドロレスはとっさにサテンを殴り殺してしまう。シスターはドロレスの身代わりとなって逮捕される。ホイットニー・ヒューストン/スパークル フレッシュアイペディアより)

  • 聖モニカ

    聖モニカから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    モニカは東西教会の両方で、異教徒の夫をもったキリスト教徒女性の模範にして守護聖人として尊ばれている。さらに夫を亡くした婦人や既婚女性全般、ドメスティックバイオレンス被害者の守護聖人でもある。また『告白』によれば幼年期に酒をたしなむくせがあったのを下女にとがめられてやめたことから、アルコール使用障害患者の守護聖人ともされている。これは夫や子どものために悩み苦しみ、祈る母というモニカの姿が時代を超えて人々の共感を得るものとなっている証左ともいえる。聖モニカ フレッシュアイペディアより)

  • 東海林路得子

    東海林路得子から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    『外国人・民族的マイノリティ人権白書「DV被害女性の逮捕事件」』外国人人権法連絡会編(明石書店、2007)ISBN 978-4750326252東海林路得子 フレッシュアイペディアより)

  • 人権団体

    人権団体から見た配偶者による暴力ドメスティックバイオレンス

    人権団体(じんけんだんたい)は、特殊な事情にあってその人間としての基本的な人権が踏みにじられていると考える人たちの人権擁護などを目的とする団体。政治的な信条や健康、あるいは家族の離散、貧困、医療、高齢者、配偶者による暴力の被害者支援などといった事情である。人権団体 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・グリーンウォルド

    ロバート・グリーンウォルドから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    地元のHigh School of Performing Artsに進学し、卒業後は数本の自主映画で監督をつとめた。その後ロサンゼルスへ移り住み、テレビ番組のディレクターとして成功を収める。1977年にモスクワオリンピックを題材にしたテレビ映画『21 Hours at Munich』をプロデュースし、この映画はエミー賞で3部門からノミネート。1984年にドメスティックバイオレンスを題材にしたファラ・フォーセット主演『バーニング・ベッド』で監督をつとめ、ゴールデングローブ賞(ミニテレビシリーズ/テレビ映画賞)などを受賞している。ロバート・グリーンウォルド フレッシュアイペディアより)

506件中 31 - 40件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード