506件中 51 - 60件表示
  • 幸福な生活

    幸福な生活から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    DVと金銭問題が原因で離婚した元夫が突然会社を訪ねてくる。病で面変わりした元夫は、自分の過去の数々の所業をわび始める。幸福な生活 フレッシュアイペディアより)

  • 菰田幸宏

    菰田幸宏から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    物心ついた頃から原因不明・病名も不明の「歩行困難障害」を抱えており、障害者手帳2級の交付を受けている。DV、いじめ、不登校、パワハラ、自殺願望、自身の歩行困難障害を克服。特に歩行障害に関しては様々な心理療法を学び、現在も歩行距離をのばしている。「自分の足で歩くのをアキラメナイ!!」という思いを、伝える「アキラメナイカンパニー」代表。身体や心にハンディを持つ人、心の折れた人に向けて、勇気づける講演活動を実施する。33歳の時、車いすと杖を併用しながら渡米、NLP共同創始者、リチャード・バンドラー博士のトレーナーズトレーニングに参加、米国NLP協会認定トレーナー資格を取得。NLPのモデルにもなった天才催眠療法家であるミルトン・エリクソンは若い時期に自身のポリオによる麻痺を克服したことでも知られており、菰田幸宏は「21世紀のミルトン・エリクソン」と言える。2014年8月、名古屋駅前の遊歩道を杖なしで数十メートル歩いた動画が話題となり脚光を浴びる。菰田幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】

    戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    真野夕子の彼氏。浮気されている事は知らなかった。その後の話を描いた『殺人ワークショップ』では、彼女にDVを振るう男に成り下がっている。戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】 フレッシュアイペディアより)

  • 藤臣柊子

    藤臣柊子から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1982年に『別冊フレンド』(講談社)にてデビュー。少女漫画家として活動していたが、現在はエッセイ漫画を中心に執筆している。結婚、労働、DV(ドメスティックバイオレンス)などの社会問題や、神経症などの健康問題について、ギャグ調の画風で解説している。自身もうつ病、双極性障害?型、パニック障害を患っていると公表している。NHKテレビでのうつ病等の特集番組には、萩原流行らと共に出演もしている。藤臣柊子 フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    戦災孤児や、家庭問題(家庭崩壊、ドメスティック・バイオレンス等)が深刻・経済的困窮などの理由で子供の養育が充分に出来ない家族から、国境を越えて、未成年者を養子として迎える場合。送り出す側は、おおむね開発途上国、迎え入れる側は、おおむね先進国であることが多い。国際養子 フレッシュアイペディアより)

  • オー・ファーザー

    オー・ファーザーから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    「オー・ファーザー」はアルバム『ライク・ア・プレイヤー』の中でも、最も暗く、深刻なテーマを持った曲の一つである。曲の題名が示すように、この曲は文字どおりマドンナの実父であるシルヴィオとの葛藤的な関係を歌った曲である。しかし曲のテーマはそれだけに止まらず、児童虐待とそれによるトラウマについて歌われ、さらにプロモーション・ヴィデオの中では、ドメスティックバイオレンス、母親の死、そして宗教に対する懐疑などが取り扱われるに至る。歌詞の内容は、基本的に大人になったマドンナが父親の手による虐待的な子供時代を振り返るというものであるが、ここで描かれるのはその自尊心を打ち砕かれ、愛情に飢えた、かなり絶望的なマドンナの姿である。オー・ファーザー フレッシュアイペディアより)

  • 妻しぼり

    妻しぼりから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    幸介の面倒を幼い頃から見てきていたお姉さん的な存在。前の夫の郷鉄とは、夫のDVが原因で半年前に離婚した。妻しぼり フレッシュアイペディアより)

  • 禅・水心流護身道

    禅・水心流護身道から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    犯罪としては、路上強盗、銀行強盗、押し込み強盗、強姦、顔見知りレイプ、痴漢、ひったくり、車上狙い、車両盗、泥酔者による暴力、ドメスティックバイオレンス、声かけ事案、乱射事件、通り魔、拉致・誘拐、テロリストや犯罪組織による襲撃等、環境としては昼夜、森林、ブッシュ、航空機内、プラットフォーム、車内、タクシー、電車、バス、トイレ、エレベーター、エスカレーター、病院、学校内、また、多人数、格闘技経験者、寝込みの際の襲撃、加齢や病気にかかった際の護身術、武器、護身具の使用等、ありとあらゆる犯罪、状態、環境を設定している。禅・水心流護身道 フレッシュアイペディアより)

  • 硝子の葦

    硝子の葦から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    節子の属する短歌会で、いつもは節子の歌に批判的なグループに属する佐野倫子が、なぜか、その日の披講会で節子の味方をする。倫子とまゆみは佐野渉という裕福な実業家の家族で、幸せな家庭生活を送っているようだが、実は、渉は借金に悩み、家族へのDVを繰り返していた。倫子は節子に助けを求めていたのだ。最初は無視しようとしていた節子。しかし、強引にまゆみを預からされ、まゆみの体の傷を見た時に考えを変えた。そして、喜一郎の前妻の娘で、節子の義理の娘でもある梢のもとにまゆみを連れていく。梢は大麻を吸うような乱れた生活を送っており、節子に反発してきていたが、心根は優しく、やがてまゆみをかわいがり始めた。けれどもまゆみはいなくなってしまう。硝子の葦 フレッシュアイペディアより)

  • ミランダ・ランバート

    ミランダ・ランバートから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    多くの人が彼女を数々の賞を受賞したカントリー歌手だということを認知しているが、彼女の曲や歌詞を知っている人は少ないとされる。『エンターテインメント・ウィークリー』の記者メリッサ・メーズは「彼女は幼少期に様々な音楽の影響を受けている」と語った。15歳の頃、両親はある虐待された母親とその娘を家に迎えた。「彼女は黒い瞳で泣いていた」。この出来事は彼女の視野を広げることになった。「私はドメスティックバイオレンスについてただ聞いたことがあったけれど、それを現実に感じることとなった。明らかに2008年の『Gunpowder and Lea 』に影響がある。」と語った。彼女は現在銃所持の許可を得ており、天使の羽根で飾られた連発拳銃のタトゥーが前腕に彫られており、自分で自分を守るためとしているミランダ・ランバート フレッシュアイペディアより)

506件中 51 - 60件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード