233件中 71 - 80件表示
  • 松野行秀

    松野行秀から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1998年1月、沢田が離婚問題についての記者会見を行い、「髪の毛を掴んで引きずり回された。」「生き地獄だった」と松野からのDVを受けたと主張。松野側は「事実無根」と反論したが、ワイドショーで連日報道され、一躍時の人となった。松野行秀 フレッシュアイペディアより)

  • ガートルード・バニシェフスキー

    ガートルード・バニシェフスキーから見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    さらに、34歳のとき23歳のデニス・リー・ライトと同棲するが、ライトはドメスティック・バイオレンスに走ったうえ、息子のデニス・ジュニアが生まれた後、ライトはガートルードを捨てて失踪してしまった。ガートルード・バニシェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ほずにゃむ

    ほずにゃむから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    自身初の夜職の舞台となった地元のキャバクラではすぐにナンバーワンになったという。ところがこの時期同棲状態にあった新たな恋人からの執拗なDVに悩まされた末、その恋人と別れ、19歳で単身上京。新宿歌舞伎町のキャバクラ『レヴュー』に勤務、のち六本木のキャバクラ『R』へ移籍。そして再び新宿へ戻り現在に至っている。ほずにゃむ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ブラウン

    ボビー・ブラウンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    なお、ボビーは1992年に、R&B歌手ホイットニー・ヒューストンと結婚し、一人娘(ボビー・クリスティナ・ヒューストン・ブラウン)がいる。だが、結婚してからの彼は、妻へのドメスティックバイオレンス、交通違反による補導など、度重なる犯罪、不祥事などによりファンの支持を失っていき、90年代後半にはビルボード・チャートへの主だったヒットもなくなる。ボビー・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 演歌の女王

    演歌の女王から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ヒトシの隠し子。可愛らしい姿に反し冷静に物事を見極め、鋭くひまわりの心を見抜く。しかし、本当は親に愛されない事に淋しさを感じている。実母・花田鏡子と同居している愛人に虐待されたり、小学校にも通わせてもらっていない事を知ったひまわりが、自分のアパートに居候させる。実母が愛人に暴力を振るわれているのを見かねた信が、「お母さんはボクが守る!」と言う。こうして再び実母の下で暮らす事となり、小学校へも通える様になった。演歌の女王 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズ・オン・ザ・サイド

    ボーイズ・オン・ザ・サイドから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    それぞれ事情を持つ女たちの人生と、旅の途中で友情を育んでいく様を温かく描くロードムービー。同性愛、AIDS、ドメスティックバイオレンスなど、現代でも深刻に論議される社会的問題に対しても、深く考えさせられる作品である。ボーイズ・オン・ザ・サイド フレッシュアイペディアより)

  • ミランダ・ランバート

    ミランダ・ランバートから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    多くの人が彼女を数々の賞を受賞したカントリー歌手だということを認知しているが、彼女の曲や歌詞を知っている人は少ないとされる。『エンターテインメント・ウィークリー』の記者メリッサ・メーズは「彼女は幼少期に様々な音楽の影響を受けている」と語った。15歳の頃、両親はある虐待された母親とその娘を家に迎えた。「彼女は黒い瞳で泣いていた」。この出来事は彼女の視野を広げることになった。「私はドメスティックバイオレンスについてただ聞いたことがあったけれど、それを現実に感じることとなった。明らかに2008年の『Gunpowder and Lea 』に影響がある。」と語った。彼女は現在銃所持の許可を得ており、天使の羽根で飾られた連発拳銃のタトゥーが前腕に彫られており、自分で自分を守るためとしているミランダ・ランバート フレッシュアイペディアより)

  • デートDV

    デートDVから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    デートDVは、同棲していない恋人同士での体、言葉、態度による暴力のこと。「DV」はドメスティックバイオレンスのことであるが、ドメスティックバイオレンスは主に夫婦間での家庭内暴力を指しており、同居していない恋人同士の暴力をDVと呼ぶのは本来不適当である。異性間での暴力としてはジェンダーバイオレンスと呼称することが提案されている。デートDV フレッシュアイペディアより)

  • 世界平和度指数

    世界平和度指数から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    また、世界平和度指数に、女性や子供に対する暴力行為の評価が含まれていないとの批判もある。アメリカの社会学者リーン・アイスラーは、日刊紙クリスチャン・サイエンス・モニターに寄稿し、「控えめに言ったとしても、重要な評価項目が含まれていないこの指標は非常に不正確である」と述べている。例えば中の上ぐらいに評価されているエジプトについて「女性の90%が女性器切除を受けている」、同じく中国について「ユニセフの2000年の調査によると、26%の女性が交際相手からDVを受けている。また、ヨーロッパの深刻なDVも考慮されていない」として、このランキングには問題があると述べている。世界平和度指数 フレッシュアイペディアより)

  • ウー・ウー・キッド

    ウー・ウー・キッドから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    1944年、当時15歳だったウー・ウー・キッド(Woo Woo Kid)ことエルスワース(デンプシー)はパーティー会場の女主人ジュディの優しさに惹かれる。ところが彼女は夫からDVを受けていてあざだらけになっていた。それを見たエルスワースは駆け落ちを決行するが・・・。ウー・ウー・キッド フレッシュアイペディアより)

233件中 71 - 80件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード