35件中 11 - 20件表示
  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た暴行罪

    たとえ配偶者間であっても、外傷を負わせるほどの暴行(軽く蹴る、叩く、殴るフリ等も暴力)や精神障害を患うほどの精神的苦痛(ストレスになることを継続的に行う)を加えた場合は暴行罪や傷害罪の対象となり、無理矢理性行為を強要すれば、強姦罪に該当しうる(鳥取地決1986年12月17日)。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律

    徐々にDVを不法行為と認める裁判例が出始め、NPOなどによる被害者保護活動も活発化してきている。日本でもDVの防止と被害者の保護を図るため、2001年10月より配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)が施行され、2004年、2007年及び2013年に改正されている。DV防止法は法律婚夫婦だけでなく、事実婚夫婦や元夫婦も対象にしているが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず不備を指摘する声も多い。DV相談ナビ(全国共通電話番号0570-0-55210、最寄りの相談機関の窓口に自動転送される)も開設されている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たDVシェルター

    アメリカでは男性に対するDVの深刻性が十分に認知されており、ミネソタ州でジョージ・ギリランドが開設したものを発端として、私営の男性専用のDVシェルターが多数存在する。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たストーカー行為等の規制等に関する法律

    恋人などにおける行動の規制にはストーカー行為等の規制等に関する法律(通称:ストーカー規制法)等が適用される場合もある。他には、近親者間では迷惑防止条例によって対応することもある。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た不法行為

    徐々にDVを不法行為と認める裁判例が出始め、NPOなどによる被害者保護活動も活発化してきている。日本でもDVの防止と被害者の保護を図るため、2001年10月より配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)が施行され、2004年、2007年及び2013年に改正されている。DV防止法は法律婚夫婦だけでなく、事実婚夫婦や元夫婦も対象にしているが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず不備を指摘する声も多い。DV相談ナビ(全国共通電話番号0570-0-55210、最寄りの相談機関の窓口に自動転送される)も開設されている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たイスラーム

    保守的イスラム教を奉ずる社会においても、他の伝統的・保守的社会同様、DVは男性の権利として一定程度認められてきた。クルアーン第4章34節には『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効かない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。』という文言があるためである。ドイツの判事がこれを理由にイスラーム教徒の夫が妻に暴力を振るったという訴えに対し無罪を言い渡し、問題になったこともある。当該事件は再審理された。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た自己愛性パーソナリティ障害

    男はこうあるべきだ、女はこうあるべきだという偏見を「性的役割」(または「ジェンダー・バイアス」)と呼称されるが、日本の東京都の調査では、性的役割分業観に肯定的な人ほど異性への性的暴力や精神的暴力に対しても寛容であるという傾向を見出している。WHOの調査でも性的役割観とDV被害の相関が指摘されている。また、同調査では、加害者は被害者に対するコントロール傾向が強いことが指摘されている。また、加害者の多くは自己愛性パーソナリティ障害がみられる。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たコーラン

    保守的イスラム教を奉ずる社会においても、他の伝統的・保守的社会同様、DVは男性の権利として一定程度認められてきた。クルアーン第4章34節には『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効かない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。』という文言があるためである。ドイツの判事がこれを理由にイスラーム教徒の夫が妻に暴力を振るったという訴えに対し無罪を言い渡し、問題になったこともある。当該事件は再審理された。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た准教授

    上記の調査結果について、兵庫県立大学准教授の竹内和雄は「見栄を張って嫌と言えない男子生徒の悩みがあるのかもしれない」と分析している。実際、「叩かれて嫌だが男として我慢せざるを得ない」と答えた者がいる。また、調査に参加した高校生は「女子生徒は男子生徒より独占欲が強い」と指摘した。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たNPO

    徐々にDVを不法行為と認める裁判例が出始め、NPOなどによる被害者保護活動も活発化してきている。日本でもDVの防止と被害者の保護を図るため、2001年10月より配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)が施行され、2004年、2007年及び2013年に改正されている。DV防止法は法律婚夫婦だけでなく、事実婚夫婦や元夫婦も対象にしているが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず不備を指摘する声も多い。DV相談ナビ(全国共通電話番号0570-0-55210、最寄りの相談機関の窓口に自動転送される)も開設されている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード