44件中 21 - 30件表示
  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た共依存

    しかしローマ法以来の家族観や、司法機関の介入により関係が破綻することへの危惧、犯罪性の認識の欠如などのため、「近親者からの暴力」について刑事介入がなされることは従来稀であった。また、離別しようとしても強引に連れ戻されるなどしてしまうことが多い、女性が被害者となった場合女性側の生活力が乏しいことが多い、近親者による暴力そのものが持つ依存的構造(共依存など)などのため、被害者が泣き寝入りする結果となってしまう傾向があった。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たイスラーム

    保守的イスラームを奉ずる社会においても、他の伝統的・保守的社会同様DVは男性の権利として一定程度認められてきた。コーラン第4章34節には『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効がない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。』という文言があるためである。ドイツの判事がこれを理由にイスラーム教徒の夫が妻に暴力を振るったという訴えに対し無罪を言い渡し、問題になったこともある。当該事件は再審理された。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た虐待

    また、こうした暴力・虐待行為の現場に子供が居合わせることがある。子供に暴力を見せつけることも、被害者と子供双方に対する虐待である。子供のいる家庭で暴力事件が発生した場合、約七割の家庭で虐待を受ける母親を子供が目撃し、さらに、その三割が、実際に父親などからの暴力を受けていることが報告されている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たストレス (生体)

    精神的虐待 :恫喝したり日常的に罵る・無視する・無能役立たずと蔑む・他人の前で欠点をあげつらう・友人と会わせない・終始行動を監視する・出て行けと脅す・別れるなら死ぬと狂言自殺する・子供や身内を殺すなどと脅す・ペットを虐待してみせる。靴下、素足を近づけるなど。ストレスとなる行為を繰り返し行う。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た配偶者

    「ドメスティック・バイオレンス」(、以下略称DVと記述)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。近年ではDVの概念は同居の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たローマ法

    しかしローマ法以来の家族観や、司法機関の介入により関係が破綻することへの危惧、犯罪性の認識の欠如などのため、「近親者からの暴力」について刑事介入がなされることは従来稀であった。また、離別しようとしても強引に連れ戻されるなどしてしまうことが多い、女性が被害者となった場合女性側の生活力が乏しいことが多い、近親者による暴力そのものが持つ依存的構造(共依存など)などのため、被害者が泣き寝入りする結果となってしまう傾向があった。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た警察

    DV被害者の住所などの情報を、秘匿しておくべき機関(役所、警察、郵便局など)が、故意(主にDV加害者からの求めに応じる形で)であれ過失であれ、DV加害者に伝えてしまうケースが散見される。こうしたことにより、加害者が再び被害者の元に押し掛けたり、被害者が加害者の親族や職場の同僚などから嫌がらせを受けたりするケースがある。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た自己愛性パーソナリティ障害

    男はこうあるべきだ、女はこうあるべきだという偏見を「性的役割」(または「ジェンダー・バイアス」)と呼称されるが、東京都の調査では、性的役割分業観に肯定的な人ほど異性への性的暴力や精神的暴力に対しても寛容であるという傾向を見出している。WHOの調査でも性的役割観とDV被害の相関が指摘されている。また、同調査では、加害者は被害者に対するコントロール傾向が強いことが指摘されている。また、加害者の多くは発達障害や自己愛性パーソナリティ障害がみられる。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たコーラン

    保守的イスラームを奉ずる社会においても、他の伝統的・保守的社会同様DVは男性の権利として一定程度認められてきた。コーラン第4章34節には『アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効がない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。』という文言があるためである。ドイツの判事がこれを理由にイスラーム教徒の夫が妻に暴力を振るったという訴えに対し無罪を言い渡し、問題になったこともある。当該事件は再審理された。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た嫉妬

    性的虐待 :性交の強要・避妊をしない・特別な行為を強要する・異常な嫉妬をする、など一方的な行為で、近親間強姦とも呼べる。中絶賛成派は中絶をさせないこともこの中に含まれるとしている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード