35件中 21 - 30件表示
  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た中華人民共和国

    中華人民共和国では、2005年時点では約3割の家庭で夫婦間暴力が起こっているという。そのうち、約7割は夫から妻に対するもので、残り3割は妻から夫に対して行われている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た日本

    徐々にDVを不法行為と認める裁判例が出始め、NPOなどによる被害者保護活動も活発化してきている。日本でもDVの防止と被害者の保護を図るため、2001年10月より配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)が施行され、2004年、2007年及び2013年に改正されている。DV防止法は法律婚夫婦だけでなく、事実婚夫婦や元夫婦も対象にしているが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず不備を指摘する声も多い。DV相談ナビ(全国共通電話番号0570-0-55210、最寄りの相談機関の窓口に自動転送される)も開設されている。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た生野区

    生野区社会福祉協議会や生野区役所の調査に参加する高校生が、2015年に大阪府内の中学校、高等学校に通う約1000人を対象に、デートDVの種類を「金銭要求」「性的強要」「LINEチェック」「暴力」「暴言」の5種類に分け、経験の有無を聞いたところ、経験者の割合は「性的強要」以外は全て男子が女子を上回り、「暴力」と「金銭要求」は女子の2倍超だった。「性的強要」のみ女子が男子を上回ったが、男子も10%超が経験しており、女子の15%超とそれほど大きな差はなかった。「暴言」は男女共に30%超、「暴力」は男子の30%超が経験している。また、「暴言を嫌だと言えない」と答えた者の割合は男子が30%、女子が21%、「暴力を嫌だと言えない」と答えた者の割合は男子が24%、女子が17%、「下着姿や裸の画像を求められると断れない」と答えた高校生の割合は男子が23%、女子が17%で、全てにおいて男子が女子を上回った。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た精神疾患

    たとえ配偶者間であっても、外傷を負わせるほどの暴行(軽く蹴る、叩く、殴るフリ等も暴力)や精神障害を患うほどの精神的苦痛(ストレスになることを継続的に行う)を加えた場合は暴行罪や傷害罪の対象となり、無理矢理性行為を強要すれば、強姦罪に該当しうる(鳥取地決1986年12月17日)。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たミネソタ州

    アメリカでは男性に対するDVの深刻性が十分に認知されており、ミネソタ州でジョージ・ギリランドが開設したものを発端として、私営の男性専用のDVシェルターが多数存在する。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た共依存

    古くからの家族観や、司法機関の介入により関係が破綻することへの危惧、犯罪性の認識の欠如などのため、「近親者からの暴力」について刑事介入がなされることは従来稀であった。また、離別しようとしても強引に連れ戻されるなどしてしまうことが多い、女性が被害者となった場合女性側の生活力が乏しいことが多い、近親者による暴力そのものが持つ依存的構造(共依存など)などのため、被害者が泣き寝入りする結果となってしまう傾向があった。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た配偶者

    ドメスティック・バイオレンス(、以下略称:DVと記述)または配偶者暴力(はいぐうしゃぼうりょく)、夫婦間暴力(ふうふかんぼうりょく)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力(身体的暴力だけでなく、心理的暴力、経済的暴力、性的暴力も含む)のことである。近年ではDVの概念は婚姻の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に起こる暴力全般を指す場合もある。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見た兵庫県立大学

    上記の調査結果について、兵庫県立大学准教授の竹内和雄は「見栄を張って嫌と言えない男子生徒の悩みがあるのかもしれない」と分析している。実際、「叩かれて嫌だが男として我慢せざるを得ない」と答えた者がいる。また、調査に参加した高校生は「女子生徒は男子生徒より独占欲が強い」と指摘した。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たLINE (アプリケーション)

    生野区社会福祉協議会や生野区役所の調査に参加する高校生が、2015年に大阪府内の中学校、高等学校に通う約1000人を対象に、デートDVの種類を「金銭要求」「性的強要」「LINEチェック」「暴力」「暴言」の5種類に分け、経験の有無を聞いたところ、経験者の割合は「性的強要」以外は全て男子が女子を上回り、「暴力」と「金銭要求」は女子の2倍超だった。「性的強要」のみ女子が男子を上回ったが、男子も10%超が経験しており、女子の15%超とそれほど大きな差はなかった。「暴言」は男女共に30%超、「暴力」は男子の30%超が経験している。また、「暴言を嫌だと言えない」と答えた者の割合は男子が30%、女子が21%、「暴力を嫌だと言えない」と答えた者の割合は男子が24%、女子が17%、「下着姿や裸の画像を求められると断れない」と答えた高校生の割合は男子が23%、女子が17%で、全てにおいて男子が女子を上回った。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • ドメスティックバイオレンス

    ドメスティックバイオレンスから見たアメリカ合衆国

    米国では1970年代後半から女性の権利闘争やいくつかの致死事件により、近親者からの暴力が耳目を集め、DVの概念がつくられた。ドメスティックバイオレンス フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード