「ドラゴンクエスト」シリーズ ニュース&Wiki etc.

『ドラゴンクエスト』()は、1986年(昭和61年)5月27日にエニックス(現:スクウェア・エニックス)より発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン・FC)用ロールプレイングゲーム。 (出典:Wikipedia)

「「ドラゴンクエスト」シリーズ」Q&A

  • Q&A

    ドラゴンクエストⅥをするかどうか。。 友達に進められてIOS版のドラクエのⅤからはじ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月1日 20:48

  • Q&A

    ゲームを探してます。 今までやったゲームで大好きなのが龍が如くシリーズ、バイナリード…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月25日 01:03

  • Q&A

    【星のドラゴンクエスト】補助呪文、メダパーニャよりマヌーサのほうが断然使い勝手良いと…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月19日 22:07

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ドラゴンクエスト」のつながり調べ

  • SKET DANCE

    SKET DANCEから見たドラゴンクエスト

    上述のファンユンのゲームソフト。発売元は「WONTENDO(ウォンテンドー)」で、通称『壊れてしまった特別な真理子』。内容はマリオブラザーズとドラゴンクエストを掛け合わせたもの。キャラクターはマリコ(声 - 小島めぐみ)とルイジアナ(声 - 後藤邑子)で、はじめは空から落ちてきて羽ばたかないといきなり死んでしまう。羽ばたきはGボタン。ラスボスの亀井本部長(声 - 若本規夫)は呪文などを全て集めても倒せず、クリアするにははじめのルイジアナに話しかける必要がある。パワーアップアイテムはエリンギだが、キャリアアップやスキルアップしたり、操作しづらくなったり強制ミスになるなど、プラス要素は何もない。うまく着地しないとゲームオーバーになったり、アクションアドベンチャーゲームなのにバトルがエンカウント式だったりするなどルールがめちゃくちゃである。スイッチの頑張りにより見事クリアしたものの、ちょうどプレイ時間が4時間を切り、ファンユンがオーバーヒート。データが消えてしまった。ボッスン曰く「なんだかんだ言って傑作」。(SKET DANCE フレッシュアイペディアより)

  • 自由度 (ゲーム)

    自由度 (ゲーム)から見たドラゴンクエスト

    一方、初代『ドラゴンクエスト』(以下「ドラクエ」)を例に取ると、「竜王を倒す」という最終目標を放棄して「竜王を倒せる別の人間を推薦する」「余生を隠遁者として過ごす」などの道を選ぶことはできない。また、映画面での質においても開始直後にいきなり竜王を倒すことはできず、決められたルート・ストーリーに沿ってアイテムを集めてからでないと竜王の城へは行けない。このため遊戯に重きを置いていたそれまでの主流だったコンピュータRPGと比較して自由度が低い(あるいは「自由度がない」)」と表現する。(自由度 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

「ドラゴンクエスト」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「「ドラゴンクエスト」シリーズ」のニューストピックワード