185件中 41 - 50件表示
  • シルフェイド幻想譚

    シルフェイド幻想譚から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    開発当初は他のシルフェイドシリーズとの関連はあまりないドラゴンクエストIのオマージュ的な作品が予定されていた。当初のタイトルは「勇者RPG(仮)」。開発が進行する中で「シルフェイド伝承録 碧空の獣達(仮)」と改められたが、最終的には「伝承録」が「見聞録」と被るという理由で「シルフェイド幻想譚」に決定した。シルフェイド幻想譚 フレッシュアイペディアより)

  • 及川奈央の8押して2引け!

    及川奈央の8押して2引け!から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    13 ドラゴンクエスト9 3位:一閃突きと魔神斬り 2位:テンションブースト 1位:はぐれメタル 番外:ラブおじいさん及川奈央の8押して2引け! フレッシュアイペディアより)

  • 原口一也

    原口一也から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    大学卒業後、1990年より編集プロダクション、キャラメル・ママに入社し、ゲームライターとして活動。多数の雑誌、ゲーム攻略本、ゲーム関連本の執筆・構成を手がける。当時の『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』シリーズの攻略本にも執筆スタッフとして参加している。原口一也 フレッシュアイペディアより)

  • 小田美智子

    小田美智子から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    学校をさぼってゲームソフト『ドラゴンクエスト』を買いに行ったというエピソードがある(本人談)。小田美智子 フレッシュアイペディアより)

  • N900i

    N900iから見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    N900iには、往年の名作ロールプレイングゲーム (RPG) 、『ドラゴンクエスト』がプリインストールされている。N900i フレッシュアイペディアより)

  • 自由度 (ゲーム)

    自由度 (ゲーム)から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    一方、初代『ドラゴンクエスト』(以下「ドラクエ」)を例に取ると、「竜王を倒す」という最終目標を放棄して「竜王を倒せる別の人間を推薦する」「余生を隠遁者として過ごす」などの道を選ぶことはできない。また、映画面での質においても開始直後にいきなり竜王を倒すことはできず、決められたルート・ストーリーに沿ってアイテムを集めてからでないと竜王の城へは行けない。このため遊戯に重きを置いていたそれまでの主流だったコンピュータRPGと比較して自由度が低い(あるいは「自由度がない」)」と表現する。自由度 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 8ビットパソコン

    8ビットパソコンから見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    初期のコンピューターRPGゲームやアドベンチャーゲームは、専らパソコン向けのソフトウェアであり、後にポートピア連続殺人事件やドラゴンクエスト等の家庭用ゲーム機向けの物が発売された以降にも、パソコン向けのこれらゲームは、家庭用ゲーム機を遥かにしのぐ表現能力で根強いファンを獲得していた。また、そのようなゲームは必然的にプレイ時間が長くなる為、ゲームデータを一時保存する必要があった。テープやフロッピーディスクに保存できるパソコンとは違い、当初のロムカセットは保存機能がなかった為、パスワードやSRAMバッテリーバックアップといった方法が採用される迄は実際に発売するのも困難だった。8ビットパソコン フレッシュアイペディアより)

  • ファミコン神拳

    ファミコン神拳から見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    ページ判型は、通常はB6変形程度の小判サイズ、毎回オールカラーで12〜16ページほど。本誌巻頭にとじ込みの形で組み込まれているが、裏技の特集や最新ゲームのスクープなどの際には、袋とじ形式の場合もあった。オリジナルの読者プレゼントグッズとしては『ドラゴンクエスト』テレホンカード、ファミコン神拳伝承者スタンプ、ファミコン神拳伝承者バッジなどがある。ファミコン神拳 フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト4コマクラブ

    ドラゴンクエスト4コマクラブから見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    入選から外れたが最終選考に残った作品のうち、『I』から『III』までのロトシリーズの登場人物を扱った作品を掲載。ドラゴンクエスト4コマクラブ フレッシュアイペディアより)

  • とがしやすたか

    とがしやすたかから見たドラゴンクエストドラゴンクエスト

    劇画村塾の同期生だった堀井雄二がドラゴンクエストの製作に取り掛かる際(丁度とがしがデビューする前後の時期と思われる)、シナリオやダイアローグ、マップの作成補助や各種資料の整理を行うアシスタントが必要となった為とがしに声をかけたが、とがしは「あー、俺ゲームとか良く分かんないっス」とあっさり断ってしまった。その後そのソフトが社会現象となるほど大ヒットして、とがしは「あの時断っていなければ……」とかなり後悔した。また、「堀井がキャバクラにはまっている」という噂が流れた際、とがしは堀井本人に事実確認の電話をしている。とがしやすたか フレッシュアイペディアより)

185件中 41 - 50件表示