109件中 51 - 60件表示
  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たドラゴンクエストII 悪霊の神々

    当初、本作は単発作品であったため、詳しい人物設定や背景像などはなかったが、ゲームのシリーズ化に伴い、後続作品との関連性を持たせるため、後からさまざまな公式設定が追加されている。後に発売される『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』は、本作との関連が深く、この3作は合わせて「勇者ロトの伝説シリーズ」と呼ばれるようになった。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たドラゴンクエスト モンスターバトルロード

    『剣神ドラゴンクエスト』で大幅にデザインが変更され、その姿のまま『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』にも登場した(特定のカードイラストには旧作の姿で描かれている)。wii版『バトルロードビクトリー』では、『剣神』の服装の上から今作の鎧・兜を身に着ける演出がある。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たレベル (ロールプレイングゲーム)

    プレイヤーの目的は、伝説の勇者「ロト」の血を引く勇者として、「竜王」にさらわれた姫を救い出し、そして竜王を倒すことである。その目的を達成するためには、敵キャラクターであるモンスター(魔物)を倒して経験値とゴールド(このゲームの世界の通貨)を稼ぎ、レベルを上げ強い武器・防具を購入してプレイヤーキャラクターを強くし、探索範囲を徐々に広げていき、また、町の人々から情報を得て、それをヒントに重要アイテムを手に入れて謎を解く必要がある。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たドラゴンクエストシリーズ

    家庭用ゲーム機では初となるオリジナルタイトルのロールプレイングゲーム。後に続編が次々と発売され、『ドラゴンクエストシリーズ』と呼ばれるようになった。本作の正式タイトルは『ドラゴンクエスト』であるが、続編が発売されて以降、本作はシリーズ第1作であることから便宜上『ドラゴンクエストI』(ドラゴンクエスト ワン)と呼ばれることもある(リメイク版では正式に『ドラゴンクエストI』の呼称が使用されている)。キャッチコピーは「今、新しい伝説が生まれようとしている」。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たファミコン冒険ゲームブック

    ファミコン冒険ゲームブック ドラゴンクエスト 蘇る英雄伝説(双葉社刊、全1巻、ISBN 978-4575760200)ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たキロビット

    本作で使用されたROMの容量は512kbit(64KB)と小さいため、主にゲーム中使用されるテキスト部分においてデータ量の削減のためにさまざまな工夫が行われている。カタカナは50音すべてが搭載されておらず、文字種を限定した上でモンスター名や地名などをつけていた(『ポートピア連続殺人事件』制作時に文字を選定)。また、テキストに関しても本来のものから文字数を減らした文章にすることでデータ量を削減している。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見た携帯電話

    疑似マルチウィンドウ型のメニュー、パソコン用RPG『ウルティマ』に代表される二次元マップのカーソル移動を基盤としたキャラクターの移動、同じくパソコン用RPG『ウィザードリィ』に代表される対話式の戦闘モードなどといったスタイルを、当時の技術レベルでの512キロビット(64キロバイト)という、今日の携帯電話の待受画像1枚分相当のROM容量の中で実現させた作品である。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見た小説

    社会現象を巻き起こした『ドラゴンクエストIII』の発売後には、本作『ドラゴンクエスト』の小説化やゲームブック化、ドラマCD(CDシアター)化も行われている(『小説ドラゴンクエスト』、『ゲームブックドラゴンクエスト』、『CDシアター ドラゴンクエスト』を参照)。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たレコード

    † 組曲「ドラゴンクエスト」(アポロン音楽工業、BY30-5121、1986年10月5日) - 東京弦楽合奏団演奏のオーケストラ版、ファミコンのゲーム音源、シンセサイザー版を収録。当時はCDの普及黎明期であったため、アナログレコード盤も併売。シンセサイザー版の演奏はすぎやま自身の手になるもので、戦闘曲及びエンディング曲は軽いロックアレンジ部分を含む変り種。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンクエスト

    ドラゴンクエストから見たメニュー (コンピュータ)

    疑似マルチウィンドウ型のメニュー、パソコン用RPG『ウルティマ』に代表される二次元マップのカーソル移動を基盤としたキャラクターの移動、同じくパソコン用RPG『ウィザードリィ』に代表される対話式の戦闘モードなどといったスタイルを、当時の技術レベルでの512キロビット(64キロバイト)という、今日の携帯電話の待受画像1枚分相当のROM容量の中で実現させた作品である。ドラゴンクエスト フレッシュアイペディアより)

109件中 51 - 60件表示

「「ドラゴンクエスト」シリーズ」のニューストピックワード