ドロップシッピング ニュース&Wiki etc.

ドロップシッピング(Drop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。また、三国間貿易でも使われることがある。 (出典:Wikipedia)

「ドロップシッピング」Q&A

  • Q&A

    メルカリについて質問ですが、よく上に上がるように出品し直したり時間帯に注意して出品す…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 09:42

  • Q&A

    ヘルスケア関連のドロップシッピングを始めようと計画しているのですが、弊社がコールセン…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月28日 07:31

  • Q&A

    ヤフオクやメルカリでドロップシッピングってできますか

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月18日 19:53

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ドロップシッピング」のつながり調べ

  • 劇団ブサイコロジカル。

    劇団ブサイコロジカル。から見たドロップシッピング

    ランニングマンと呼ばれる、「東大」とプリントされたランニングを着た、現役東大生である新座長竹内宏之が走るコンテンツなどがメイン。また、第二期からライブドアのSNSであるフレパのディレクターだった水波桂がwebディレクターとなっている。第一期からインターネットを使った活動が目立ったが、第二期ではYouTubeを使った動画での販促活動、So-netの演劇コンテンツ内のオフィシャルブログでのドキュメンタリー、ドロップシッピングでの売り上げを公演費にあてるなど、WEB業界のトレンドを反映した活動を行っている。(劇団ブサイコロジカル。 フレッシュアイペディアより)

  • エフォートシッピング

    エフォートシッピングから見たドロップシッピング

    エフォートシッピングでは、従来ネットショップ運営店舗が行っていた業務の発送部分を除く全ての作業を一括してエフォートシッパーがまかなうことで、店舗のリスクおよび業務負荷の軽減を目的としている。運営サイトからの販売売り上げの一部がエフォートシッパーの収益源となる。従って店舗がウェブサイトを開設しようとしたときに必要となる初期コストと運営時のランニングコストの代わりに売り上げの一部が充当されることで、店舗は低予算でショップサイトを開設・運営できることとなる。エフォートシッパーが努力することにより、そのショップサイトが成功するかどうかが決まるという点において、ドロップシッピングとは異なるビジネスモデルと言える。(エフォートシッピング フレッシュアイペディアより)

「ドロップシッピング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ