前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • デザイン百貨店

    デザイン百貨店から見たドロップシッピングドロップシッピング

    2008年8月にサービス開始。日本では最も早い時期からデザイナー・クリエイターとカスタマーの為に、その当時通常になっていたドロップシッピング(Drop Shipping)サービスを、独自に新しく「アカウントシッピング(Account Shipping)」サービスと銘銘し世の中に提供したコンテンツである。デザイン百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • ドロップシッパー

    ドロップシッパーから見たドロップシッピングドロップシッピング

    ドロップシッパー フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ブサイコロジカル。

    劇団ブサイコロジカル。から見たドロップシッピングドロップシッピング

    ランニングマンと呼ばれる、「東大」とプリントされたランニングを着た、現役東大生である新座長竹内宏之が走るコンテンツなどがメイン。また、第二期からライブドアのSNSであるフレパのディレクターだった水波桂がwebディレクターとなっている。第一期からインターネットを使った活動が目立ったが、第二期ではYouTubeを使った動画での販促活動、So-netの演劇コンテンツ内のオフィシャルブログでのドキュメンタリー、ドロップシッピングでの売り上げを公演費にあてるなど、WEB業界のトレンドを反映した活動を行っている。劇団ブサイコロジカル。 フレッシュアイペディアより)

  • Street Level New York

    Street Level New Yorkから見たドロップシッピングドロップシッピング

    2005年に、ENGIN氏が日本へ帰国し、2006年より、ドロップシッピングによる生産で、ネット販売を中心に、Street Level New Yorkの再開準備に入る。Street Level New York フレッシュアイペディアより)

  • エフォートシッピング

    エフォートシッピングから見たドロップシッピングドロップシッピング

    エフォートシッピングでは、従来ネットショップ運営店舗が行っていた業務の発送部分を除く全ての作業を一括してエフォートシッパーがまかなうことで、店舗のリスクおよび業務負荷の軽減を目的としている。運営サイトからの販売売り上げの一部がエフォートシッパーの収益源となる。従って店舗がウェブサイトを開設しようとしたときに必要となる初期コストと運営時のランニングコストの代わりに売り上げの一部が充当されることで、店舗は低予算でショップサイトを開設・運営できることとなる。エフォートシッパーが努力することにより、そのショップサイトが成功するかどうかが決まるという点において、ドロップシッピングとは異なるビジネスモデルと言える。エフォートシッピング フレッシュアイペディアより)

  • ベガコーポレーション

    ベガコーポレーションから見たドロップシッピングドロップシッピング

    設立当初ではドロップシッピングで国内椅子メーカー商品を中心とした取り扱いを行っていたが、近年では椅子だけではなく家具全てのジャンルにおいて自社製品を販売している。ベガコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • トッカンvs勤労商工会

    トッカンvs勤労商工会から見たドロップシッピングドロップシッピング

    インターネット広告業とプロバイダサービス関連の事業をしている「株式会社ホツマ」の真の社長。自身は対外的に役員となっており、代表取締役は別人の名前で登録している。ドロップシッピング詐欺の常習犯で、ネットや携帯関連で計6回ほど会社を倒産させて破産し、税金の支払いからも逃れてきたツブシ屋。トッカンvs勤労商工会 フレッシュアイペディアより)

  • 悪徳商法

    悪徳商法から見たドロップシッピングドロップシッピング

    た -- 体験談商法 - 代引き商法(ネガティブ・オプションの一) - 抱き合わせ商法 - チケット金融 - 通信販売 - 次々商法 - 次々販売 - デート商法 - 点検商法(危険商法) - 展示会商法 - でんすけ賭博 - 電話勧誘販売 - 都(1)金融 - 当選商法(福引商法、「実は2等でした」商法) - 特定継続的役務提供 - ドロップシッピング悪徳商法 フレッシュアイペディアより)

  • ネット問屋

    ネット問屋から見たドロップシッピングドロップシッピング

    ドロップシッピングが国内でも始まる。ネット問屋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示