1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示
  • 内職商法

    内職商法から見たドロップシッピングドロップシッピング

    数十万円?百万円のものでは、1990年代前半は、当時あまり普及してなかったパソコンが主であった。パソコンが一般化した近年ではパソコン一式が百万円では怪しまれるため、原価を把握しづらいパソコンソフトが取って代わった。また最近では、ドロップシッピングやホームページ作成の在宅ワークや、効率的なアフェリエイトを打つための情報商材をネタに、数十万円?百万円の教材が販売されている。内職商法 フレッシュアイペディアより)

  • 在宅ワーク

    在宅ワークから見たドロップシッピングドロップシッピング

    特殊な作業・通信環境やデザイン製作・編集用の高機能なソフトウエア(Dreamweaverなど)が必要な場合を除き、後の仕事の実体や詳細な書面がないまま70万円?100万円を超過する高額な入会金・保証金、システム費用を請求してきたら金額に見合うものか確認が必要である。また、最近では「当社のシステムは高額ではない(毎月数万円前後)ので、当社へ毎月直接お支払い下さい。」と言う支払体系で販売する事業者も存在している。「在宅ワークにはパソコンスキルの資格が必要」「当社独自の○○検定を取れば在宅業務が可能」など、資格や検定の学習システム関連の高額商品の購入や、ドロップシッピング、ネットショップなどのオンライン販売の開業にあたる、ショッピングサイト開設運営などのシステム導入を契約条件としている場合は悪質業者の可能性がある。また、「テープ起こし」の内職も、出版社がわざわざ初心者に依頼することは考えにくいのでその危険性が高い。在宅ワーク フレッシュアイペディアより)

  • サイバーエージェント

    サイバーエージェントから見たドロップシッピングドロップシッピング

    7月 - ドロップシッピング関連事業の株式会社ストアファクトリーを設立。サイバーエージェント フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示