240件中 41 - 50件表示
  • 量販店

    量販店から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    総合量販店(ディスカウントストア) - ドン・キホーテなど量販店 フレッシュアイペディアより)

  • いわきニュータウン

    いわきニュータウンから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    ラパークいわき(ドン・キホーテ等)いわきニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 練馬大根ブラザーズ

    練馬大根ブラザーズから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    第8話ゲスト。モデルはドン・キホーテ練馬大根ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • スウェット族

    スウェット族から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    2004年にギャル系女子の間で着ぐるみを着用する「キグルミン」というスタイルのファッションが流行した。この着ぐるみはピカチュウやケロロ軍曹などのキャラクターの柔らかい素材の着ぐるみで、下着以外はこれだけを身に纏って街を徘徊した。この着ぐるみは当初は部屋着として考えられたものであったが、渋谷を中心に着ぐるみで外出するギャルが登場した事から、全国で同様のファッションをする女性が登場した。又、着ぐるみが109系のファッションビル以外にドン・キホーテなどの若者が好むディスカウントストアに商品を置かれた事も相まって、非常に流行した。しかし、都心部から次第に廃れてゆき、一部の地区を除いて2004年にこの流行はなくなった。但し、この現象は女子が部屋着とも寝間着とも取れないようなファッションで外出したり深夜徘徊する事に抵抗を薄れさせるには非常に効果が高かったと言える。スウェット族 フレッシュアイペディアより)

  • 圧縮陳列

    圧縮陳列から見た泥棒市場ドン・キホーテ (企業)

    創業者である安田隆夫は1978年、東京都杉並区にドン・キホーテの前身である「泥棒市場」を開業した。泥棒市場は開業当初、20坪しか店舗面積がなく、倉庫を借りる余裕もなかった。結果、納品された商品を全て狭い店の中に押し込まざるを得ず、棚という棚に商品が詰め込まれ、天井までダンボールが積み上げられ、通路も商品とダンボールだらけという状態になった。箱を積み上げるだけでは、購買客に何を売っているのか表示できない。安田はダンボールに窓を開け、商品を説明した手書きのPOPを棚に張るようにした。圧縮陳列 フレッシュアイペディアより)

  • 圧縮陳列

    圧縮陳列から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    圧縮陳列(あっしゅくちんれつ)は、ドン・キホーテが買い物の楽しさ、面白さを購買客に煽り・訴えかけるために行っている独自の商品ディスプレイ・販売促進手法である。同社の象徴である。文字通り、徹底的に商品で狭小な売場空間を満たして、いわば商品の無秩序空間・ジャングルを形成する。通常の商品とやや禁制品に近いそれとを近接展示させることで購買側への心理抵抗を和らげ、総売上の増加につながる巧妙な策ともいえる。圧縮陳列 フレッシュアイペディアより)

  • 様ソニ

    様ソニから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    土屋滋生は、会場に向かう途中、ステージ衣装(猪の着ぐるみ)をドン・キホーテで購入していたために会場入り時間に遅刻し、澤美代子に怒られた。様ソニ フレッシュアイペディアより)

  • SRC育成選手

    SRC育成選手から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    2011年、SRCがドン・キホーテとのスポンサー契約を打ち切られ活動停止となったが、制度はドン・キホーテが引き継ぎ、「ドン・キホーテ育成選手」としてパンクラスなどで活躍する選手を輩出することを目的としている。SRC育成選手 フレッシュアイペディアより)

  • 南池袋

    南池袋から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    ドン・キホーテ池袋東口駅前店南池袋 フレッシュアイペディアより)

  • Twix

    Twixから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    長く日本未発売商品であったが、現在では一部の輸入食料品店(成城石井、カルディ、コストコ)、一部の西友店舗、一部のドン・キホーテ店舗で販売している(販売元はマースジャパンリミテッド)。菓子の原産国はロシア(単品)とオランダ(ファミリーパック)。ファミリーパックはやや細長く、チョコレートも薄く加工されている。Twix フレッシュアイペディアより)

240件中 41 - 50件表示

「ドンキホーテホールディングス」のニューストピックワード