240件中 61 - 70件表示
  • 倉庫精練

    倉庫精練から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    1987年7月 - 西金沢工場を閉鎖(跡地は2012年6月現在MEGAドン・キホーテ ラパーク金沢店)。業務を二塚工場・米丸工場に集約。倉庫精練 フレッシュアイペディアより)

  • こまつ

    こまつから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    007 CM潜入大作戦(ジェームズ・ボンドのテーマ、ドン・キホーテ、ジャパネットたかた、レオパレス21、ビックカメラ)こまつ フレッシュアイペディアより)

  • 全身タイツフェティシズム

    全身タイツフェティシズムから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    一部の成人向けグッズショップ、及び東急ハンズ、一部のドン・キホーテなどで格安(4,000円前後から)な製品が販売されているが、概して色落ちが激しい、伸縮性に難があり、かつサイズが一種類しかないため着用可能な体型に限りがある、耐久性に乏しいなどの問題点がある。また、日本、アメリカ、イギリス、ドイツなどにインターネット上のオンラインショップが存在し、複数のサイズに対応している。全身タイツフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • ヨドバシ横浜

    ヨドバシ横浜から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    AV・家電総合館(元ALiC日進横浜駅西口本店。現在のドン・キホーテ横浜西口店)ヨドバシ横浜 フレッシュアイペディアより)

  • ワールドビクトリーロード

    ワールドビクトリーロードから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    株式会社ワールドビクトリーロード(World Victory Road, WVR)は、東証一部上場企業・ドン・キホーテの子会社の一つ。任意団体日本総合格闘技協会の興行部門として、日本の総合格闘技大会「SRC(戦極)」を運営している。また道場も経営。2007年10月設立。ワールドビクトリーロード フレッシュアイペディアより)

  • Dad's

    Dad'sから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    主に本州(内地)では明治屋、PLAZA、成城石井(ただし販売していない店舗もあり)、紀ノ国屋インターナショナル、KALDI、アメ横センタービルの大橋商店、コストコ、元町ユニオン、その他輸入食材店やデパートの輸入飲料店で手に入ることもできる。ヴィレッジ・ヴァンガードで、店舗によっては置いてある時がある。またドンキホーテでも、時期により置いてある店舗がある。関越自動車道三芳PA内(上り)の雑貨屋でも購入できる。Dad's フレッシュアイペディアより)

  • 日本青年社

    日本青年社から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    同年11月、株式会社ドンキホーテが六本木店の屋上に日本初となる遊戯施設、絶叫マシン「ハーフ・パイプ」を建設した件で公開質問状を送付。日本青年社 フレッシュアイペディアより)

  • Dプラザ

    Dプラザから見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    ドン・キホーテ - ディスカウント・ストアDプラザ フレッシュアイペディアより)

  • 国分町 (仙台市)

    国分町 (仙台市)から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    現在は、ロードサイド店舗型の飲食店の出現や郊外ターミナル駅(泉中央駅など)の周辺に飲食店街の形成が見られ、国分町と郊外との対立がある。また、賃料の安い国分町の外の横丁に若者が次々飲食店を出してきた経緯もあって、地元誌が横丁の特集を度々組んでおり、国分町と横丁の対立も見られる。他方、仙台経済圏の拡大で県外客が仙台での買い物帰りなどに飲食を行う傾向があるため、高速バスのバス停がある広瀬通一番町周辺や、仙台駅周辺(広瀬通りと駅前通りの交叉点付近やハピナ名掛丁など)に飲食店の集積が見られるようになってきている。また、定禅寺通より北側のブロックでは静かに飲食できるような路面店が次々出店しており、飲食店ビル型の国分町と対峙するようになった。2007年(平成19年)12月8日には、晩翠通りと元鍛冶丁の交叉点の立町側に東北地方の旗艦店となるドン・キホーテ晩翠通り店が開業し、周囲に飲食店を引き寄せている。このように、郊外、横丁、駅前、高速バス停前、国分町周囲などと国分町との間で様々な競争が見られ、国分町も変化を強いられている。国分町 (仙台市) フレッシュアイペディアより)

  • ダイシン百貨店

    ダイシン百貨店から見たドン・キホーテ (企業)ドン・キホーテ (企業)

    他の大規模チェーンストア・百貨店とは異なり最近までリニューアルに消極的であったため、昭和40年代の地方百貨店の雰囲気を今でも残していることで知られている。生活用品・DIYに関しては圧倒的な品揃えを誇るほか、ドン・キホーテなどの大型激安店のない当時、多数の食料品・生活用品などをおつとめ品といわれる戦略的な安値で提供し、大森周辺はもとより近隣地区からも集客し、休日ともなるとダイシン前の池上通りにダイシン渋滞が発生するほどであった。その他、1971年に休校となった立華学園(高校は休校、併設の幼稚園のみ東京都町田市に移転現存)の校舎を買収して1974年に百貨店として改装した久が原店が存在した。ダイシン百貨店 フレッシュアイペディアより)

240件中 61 - 70件表示

「ドンキホーテホールディングス」のニューストピックワード