前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 少年と犬 (映画)

    少年と犬 (映画)から見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    『少年と犬』(しょうねんといぬ、A Boy and His Dog)は、1975年のアメリカ合衆国のSF映画。ドン・ジョンソン主演。日本では劇場未公開だが、DVDが発売されている。少年と犬 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 刑事ナッシュ・ブリッジス

    刑事ナッシュ・ブリッジスから見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    舞台はサンフランシスコ市警察本部(SFPD)特別捜査隊(SIU―Special Investigative Unit)。主人公ナッシュ・ブリッジスを演じるのはドン・ジョンソン。本作では制作総指揮も務めている。刑事ナッシュ・ブリッジス フレッシュアイペディアより)

  • いま、再び

    いま、再びから見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    「キャント・テイク・イット・ウィズ・ユー」と「ブラインド・ラヴ」は、後に『特捜刑事マイアミ・バイス』の主演俳優となるドン・ジョンソンがソングライティングに貢献した曲で、ジョンソンは1975年公開の映画『』を撮影していた頃にディッキー・ベッツと親しくなった。本作で唯一グレッグ・オールマンが書き下ろした「ジャスト・エイント・イージー」は、ロサンゼルスでの生活を振り返った自伝的な作品である。いま、再び フレッシュアイペディアより)

  • ダメ男に復讐する方法

    ダメ男に復讐する方法から見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    『ダメ男に復讐する方法』(ダメおとこにふくしゅうするほうほう、The Other Woman)は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたロマンティック・コメディ映画。監督をニック・カサヴェテスが務めた。出演はキャメロン・ディアス、レスリー・マン、ケイト・アプトン、ニコライ・コスター=ワルドー、ニッキー・ミナージュ、テイラー・キニー、ドン・ジョンソンダメ男に復讐する方法 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンジェンス (2017年の映画)

    ヴェンジェンス (2017年の映画)から見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    『ヴェンジェンス』(原題: Vengeance: A Love Story)は、2017年のアメリカ合衆国のスリラー映画。ジョイス・キャロル・オーツの小説『Rape: A Love Story』を原作にしている。出演はニコラス・ケイジ、アンナ・ハッチソン、、デボラ・カーラ・アンガー、ドン・ジョンソンヴェンジェンス (2017年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • サル・ミネオ

    サル・ミネオから見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    1969年にミネオはL.A.で、LGBTがテーマの演劇『Fortune and Men's Eyes』のプロデフュースと演出をするためにステージに戻った。当時は無名だったドン・ジョンソンをスミッティに起用してミネオはロッキーを演じた。この劇は、1967年の初演では、ステージ上で演じられることのなかった刑務所でのレイプ・シーンを、ステージ上で演じられるヌードを含んだ演出に変更したため、おおむね肯定的な評価を受けたが、レイプ・シーンは度が過ぎていて無意味であると批判された。サル・ミネオ フレッシュアイペディアより)

  • ダコタ・ジョンソン

    ダコタ・ジョンソンから見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    俳優ドン・ジョンソンと女優メラニー・グリフィスの間の娘としてテキサス州オースティンで生まれる。母方の祖母は女優ティッピ・ヘドレンで、祖父は広告会社の幹部で元子役俳優。メラニーの再婚相手の一人である俳優アントニオ・バンデラスは義父にあたる。ダコタ・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • マチェーテ (映画)

    マチェーテ (映画)から見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    『マチェーテ』()は、2010年9月3日に公開されたアメリカ映画。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキス監督によるアクション映画であり、2007年の映画『グラインドハウス』で使われた偽予告編の本編。これまで脇役を演じてきたダニー・トレホにとって初の主演作品である。その他にジェフ・フェイヒー、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、ドン・ジョンソン、チーチ・マリン、ミシェル・ロドリゲス、スティーヴン・セガール、ロバート・デ・ニーロらが出演。マチェーテ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・サーノウ

    ジョエル・サーノウから見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    プロのテレビ脚本家として数年を過ごした後、彼は1984年にドン・ジョンソン主演のテレビジョンシリーズ「特捜刑事マイアミヴァイス」の第1シーズンの脚本の多くを担当してヒットを飛ばしたことが転機になり、彼のプロとしてのキャリアに弾みがつくことになる。ジョエル・サーノウ フレッシュアイペディアより)

  • 第43回ゴールデングローブ賞

    第43回ゴールデングローブ賞から見たドン・ジョンソンドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソン - 『特捜刑事マイアミ・バイス』第43回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示