前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たケヴィン・コスナー

    その後、再び映画に移ったが、しばし『特捜刑事マイアミ・バイス』をなぞるようなキャラクターが続く。しかし、1991年『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』での飄々とした存在感で再び脚光を浴びた。そして1992年『ギルティ/罪深き罪』では強烈な犯罪者を演じ、1995年の『遥かなる栄光』では渋い老保安官を演じた。また、チーチ・マリンとは同年に公開されたケヴィン・コスナー主演の『ティン・カップ』で共演している。[[File:Don Johnson Cannes.jpg|thumb|ドン・ジョンソンと妻ケリー 1998 カンヌ国際映画祭.]]ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たイーグルス

    若い頃はイーグルスの連中と遊びまわっていたプレイボーイ。バーブラ・ストライサンドとも浮名を流し、共演した女優たちとも交際。なかでもメラニー・グリフィスとは1976年に一度結婚したものの翌年に離婚。1988年によりを戻したが、1994年、またも離婚。二度ともドンの浮気が原因と、スキャンダラスな話題も先行して報じられた。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たチーチ・マリン

    1996年からスタートした『刑事ナッシュ・ブリッジス』シリーズでは、スタイリッシュでコミカルな中年刑事、ナッシュ・ブリッジスで注目され、これまでにないヒーロー像を開拓。このシリーズにおいてはチーチ・マリン扮する相棒ジョー・ドミンゲス刑事との掛け合いやナッシュの家族との交流、サンフランシスコを舞台としたダイナミックな追跡劇などが人気となり、第6シーズンまで製作される大ヒット・ロングランテレビドラマとなり、100話製作の際にはアメリカのエンターテイメント専門誌『ハリウッド・リポーター』が記念号も刊行、全米で約700万世帯の人が毎週この番組を見ていたと言われている。尚、日本ではビデオ先行リリースで『処刑調書』という題で1996年に上陸した。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たメラニー・グリフィス

    若い頃はイーグルスの連中と遊びまわっていたプレイボーイ。バーブラ・ストライサンドとも浮名を流し、共演した女優たちとも交際。なかでもメラニー・グリフィスとは1976年に一度結婚したものの翌年に離婚。1988年によりを戻したが、1994年、またも離婚。二度ともドンの浮気が原因と、スキャンダラスな話題も先行して報じられた。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たニック・ノルティ

    ミズーリ州出身。カンザス大学在学中からロックバンドで活動。卒業後はアメリカン・コンサーバトリー・シアターで演劇を学んだ。1960年代に映画デビュー。そして1973年『青い接触』、1975年『少年と犬』というカルト的な2作品で知名度を上げた。1975年『グッバイ・ドリーム』ではニック・ノルティと共演、1977年にはテレビドラマにも主演しはじめ『ザ・シティー』のヒットで一躍青春スターとなった。一転、1984年の『傷だらけの帰還』では、心に傷を持つ帰還兵という難しい役どころをこなし、演技派としても開眼する。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たバーブラ・ストライサンド

    若い頃はイーグルスの連中と遊びまわっていたプレイボーイ。バーブラ・ストライサンドとも浮名を流し、共演した女優たちとも交際。なかでもメラニー・グリフィスとは1976年に一度結婚したものの翌年に離婚。1988年によりを戻したが、1994年、またも離婚。二度ともドンの浮気が原因と、スキャンダラスな話題も先行して報じられた。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たウィリー・ネルソン

    髭と長髪がトレードマークで、口髭や顎鬚が良く似合った。ワイルドでクールながら温厚で知的な個性は日本でも人気を呼び、彼のキャラクターを巧く生かした刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』のソニー・クロケット役が当たり役となった。パイロット版の成功で、のちにシリーズ化。1984年に放送がスタートし5年間も続いた。 この作品では、イギー・ポップやウィリー・ネルソンらミュージシャンがゲスト出演した他、自らもシンガーとして『ハートビート』をリリース。全米ナンバー1ヒットとなる。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たイギー・ポップ

    髭と長髪がトレードマークで、口髭や顎鬚が良く似合った。ワイルドでクールながら温厚で知的な個性は日本でも人気を呼び、彼のキャラクターを巧く生かした刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』のソニー・クロケット役が当たり役となった。パイロット版の成功で、のちにシリーズ化。1984年に放送がスタートし5年間も続いた。 この作品では、イギー・ポップやウィリー・ネルソンらミュージシャンがゲスト出演した他、自らもシンガーとして『ハートビート』をリリース。全米ナンバー1ヒットとなる。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たスーパーマーケット

    80年代の人気テレビドラマ『特捜刑事マイアミバイス』で大ブレイクしたドンは、『刑事ナッシュ・ブリッジス』でも大きな人気を集めていたが、2004年に自己破産手続きをしたり、スーパーマーケットから「つけを支払わない」と訴えられたりと、金銭面ではトラブルが続いていた。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ジョンソン

    ドン・ジョンソンから見たロサンゼルス・タイムズ

    米『ロサンゼルス・タイムズ』が報じた内容によると、ロサンゼルス上級裁判所の陪審員は7月7日、ドンに、契約不履行で訴えられていたライシャー・エンターテインメントと同社現社長クオリア・キャピタルに11対1で有罪評決を下した。ドン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「ドン・ジョンソン」のニューストピックワード