74件中 41 - 50件表示
  • ドーナツ

    ドーナツから見たハヌカー

    サーターアンダーギーやベルリーナー・プファンクーヘンなど、今日ドーナツの範疇に含まれる菓子の多くは祭日や祝い事と関連が深く、油脂や砂糖が貴重品だった頃は庶民が日常的に口にできるものではなかった。調理に油脂を多く用いることから、キリスト教(カトリック)圏では伝統的に四旬節の節制が始まる前に行われる謝肉祭、ユダヤ教圏では聖油の祭日ハヌカーとの関連が深い。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見た油脂

    ドーナツ(、)は、小麦粉が主成分の生地に水・砂糖・バター・卵などを加えたものであり、一般的には、油脂で揚げた甘い菓子である。内側はしっとりふんわりしたケーキのような食感のものや、モチモチした食感のものなどがあり、形状はリング状が多く、ボール状のものなどもある。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見た軟骨

    豚の喉仏にある軟骨は、もつとして利用する場合ドーナツと呼ばれることがある。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見たドリフト走行

    日本ではマックスターン、定常円旋回と呼ばれる自動車運転テクニック。後輪を横滑りさせ、同じ位置でぐるぐると回ること。タイヤ痕が輪を描くためにこう呼ばれる。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見たユダヤ教

    サーターアンダーギーやベルリーナー・プファンクーヘンなど、今日ドーナツの範疇に含まれる菓子の多くは祭日や祝い事と関連が深く、油脂や砂糖が貴重品だった頃は庶民が日常的に口にできるものではなかった。調理に油脂を多く用いることから、キリスト教(カトリック)圏では伝統的に四旬節の節制が始まる前に行われる謝肉祭、ユダヤ教圏では聖油の祭日ハヌカーとの関連が深い。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見た大日本帝国陸軍

    第一次世界大戦中、ヨーロッパでは救世軍・アメリカ赤十字・YMCAといった慈善団体が兵士の慰問業務活動の中で、ドーナツを無料配布したという。それにより、大戦後ドーナツの普及の一因となり、第二次世界大戦でも同様の貢献をしている。また、日本軍においても昭和12年刊行の軍隊調理法に加給品(間食)としてのドーナツの製法が記載されている。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見たサーターアンダーギー

    サーターアンダーギーやベルリーナー・プファンクーヘンなど、今日ドーナツの範疇に含まれる菓子の多くは祭日や祝い事と関連が深く、油脂や砂糖が貴重品だった頃は庶民が日常的に口にできるものではなかった。調理に油脂を多く用いることから、キリスト教(カトリック)圏では伝統的に四旬節の節制が始まる前に行われる謝肉祭、ユダヤ教圏では聖油の祭日ハヌカーとの関連が深い。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見た鉄筋コンクリート

    建築工事において、鉄筋コンクリート工事の設計図にて指定されたかぶり厚さを確保するために鉄筋に取り付けるプラスチックの車輪状のスペーサー。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見た四旬節

    サーターアンダーギーやベルリーナー・プファンクーヘンなど、今日ドーナツの範疇に含まれる菓子の多くは祭日や祝い事と関連が深く、油脂や砂糖が貴重品だった頃は庶民が日常的に口にできるものではなかった。調理に油脂を多く用いることから、キリスト教(カトリック)圏では伝統的に四旬節の節制が始まる前に行われる謝肉祭、ユダヤ教圏では聖油の祭日ハヌカーとの関連が深い。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

  • ドーナツ

    ドーナツから見たマッドマックス

    日本ではマックスターン、定常円旋回と呼ばれる自動車運転テクニック。後輪を横滑りさせ、同じ位置でぐるぐると回ること。タイヤ痕が輪を描くためにこう呼ばれる。ドーナツ フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示

「ドーナツ」のニューストピックワード