前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 安藤 麻吹

    安藤麻吹から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    声優としては洋画・海外ドラマの吹き替えを中心とし、ナオミ・ワッツやハル・ベリー、ジェニファー・ガーナーなどが持ち役。女優としては『真・女立喰師列伝』などに出演している。安藤麻吹 フレッシュアイペディアより)

  • キング・コング (2005年の映画)

    キング・コング (2005年の映画)から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    『キング・コング』(King Kong)は、2005年のアメリカ映画であり、ラブロマンスとホラーの要素の入ったアクションアドベンチャー映画である。1933年の映画『キング・コング』のリメイクであり、同作を見て映画製作を志したというピーター・ジャクソン監督の悲願の企画であった。本作の邦題は、1作目と同じく(そして2作目と異なり)「・(中黒)」が入る。ちなみに主演のナオミ・ワッツは、37歳にしてヒロインを見事に演じた。キング・コング (2005年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木優子

    佐々木優子から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    イースタン・プロミス(アンナ(ナオミ・ワッツ))佐々木優子 フレッシュアイペディアより)

  • 岡 寛恵

    岡寛恵から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    ザ・バンク 堕ちた巨像(エレノア・ホイットマン〈ナオミ・ワッツ〉)岡寛恵 フレッシュアイペディアより)

  • Naomi Watts

    Naomi Wattsから見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    Naomi Watts フレッシュアイペディアより)

  • 第10回全米映画俳優組合賞

    第10回全米映画俳優組合賞から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツ - 『21グラム』 - クリスティーナ・ペック役第10回全米映画俳優組合賞 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・ベニオフ

    デイヴィッド・ベニオフから見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    『25時』で評価を得るまでは、クラブの用心棒や高校の教師として働いていた。映画化される際に監督にスパイク・リー、主演にエドワード・ノートンを指名した。2004年には『トロイ』を書き上げ、2005年10月21日に公開された。同年公開の『ステイ』ではマーク・フォースターを監督に、ユアン・マクレガーとナオミ・ワッツという俳優を起用している。カーレド・ホッセイニの小説『カイト・ランナー』を映画化した『君のためなら千回でも』では再びマーク・フォースター監督と組んでいる。デイヴィッド・ベニオフ フレッシュアイペディアより)

  • 金沢 映子

    金沢映子から見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 - マリー・ピック(ナオミ・ワッツの吹き替え)金沢映子 フレッシュアイペディアより)

  • スランゲヴニ

    スランゲヴニから見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    イギリス出身のアカデミー賞主演女優賞ノミネート(21グラム、2003年)されたハリウッド女優ナオミ・ワッツは、7歳から14歳までの7年間をスランゲヴニで過ごした。イギリスのケント州ショアハムで生まれたワッツは、7歳で父を亡くすと家族と共に母方の祖父母(ニッキ&ヒュー・ロバーツ)の暮らすスランゲヴニのスランヴァウル農場(Llanfawr Farm)に移住し、地元のセカンダリースクールであるアスゴル・ガヴィン・スランゲヴニ校に通った。1984年、ワッツは家族と共にオーストラリアのシドニーに移民し、のちオーストラリアの市民権を取得した。ワッツは、スランゲヴニで暮らした7年を含む14年間のイギリスでの生活を振り返り、『とても幸せな日々で、離れたいと思ったことはない。オーストラリアに住んでいた頃も頻繁にイギリスを訪ねた。』と語っている。。スランゲヴニ フレッシュアイペディアより)

  • フリーダ・ピントー

    フリーダ・ピントーから見たナオミ・ワッツナオミ・ワッツ

    ウディ・アレン監督の次回作にジョシュ・ブローリン、アンソニー・ホプキンス、ナオミ・ワッツ、アントニオ・バンデラスと共演することが決まっている。また、2010年3月、007シリーズ通算23作目の007次回作にボンドガールとして内定した と報じられたが、その後彼女の事務所が報道を完全否定している。フリーダ・ピントー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「ナオミ・ワッツ」のニューストピックワード