1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たキング・コング (2005年の映画)

    2003年公開の『21グラム』で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされた。2005年公開の『キング・コング』では37歳という年齢でヒロインを演じたことが大きな話題となり、ワッツのキャリアの中で最高額となる5億$超の興行収入を記録.。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たケント州

    イングランドのケント州ショアハムで生まれる。父親のピーター・ワッツはピンク・フロイドのサウンド・エンジニア。母親のミヴ・ワッツはアンティークのディーラーや衣装デザイナーを務めていた。幼少時のナオミがピンク・フロイドのメンバーらと共に納められている写真をニック・メイスンがピンク・フロイドの自伝に掲載した。1つ違いの兄であるベン・ワッツは現在イギリスで写真家として活動している。両親はナオミが4歳のときに離婚し、7歳で父を亡くす.と家族と共にウェールズのアングルシー島に移住。母方の祖父母(ヒュー&ニッキー・ロバーツ)と生活した。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たヒッピー

    ワッツは離婚後の母を端的にヒッピーと表現した。ワッツが14歳の時、1982年に家族は祖母の出身地であるオーストラリアのシドニーに移住した。一家は揃ってオーストラリアの市民権を得たため二重国籍となったがワッツは国籍や愛国心について「イギリスでの14年間はとても幸せな日々で、離れたいと思ったことはない。オーストラリアに住んでいた頃も頻繁にイギリスを訪ねた。」と語っている。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たニューヨーク

    過去にステファン・ホプキンスや『ケリー・ザ・ギャング』で共演したヒース・レジャーと2002年から2004年まで交際。2005年春からアメリカ人のリーヴ・シュレイバーと交際し、2007年7月28日にロサンゼルスでシュレイバーとの間に長男(アレクサンダー・ピート)を 、2008年12月13日にニューヨークで次男(サミュエル・カイ)を出産。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見た骨董品

    イングランドのケント州ショアハムで生まれる。父親のピーター・ワッツはピンク・フロイドのサウンド・エンジニア。母親のミヴ・ワッツはアンティークのディーラーや衣装デザイナーを務めていた。幼少時のナオミがピンク・フロイドのメンバーらと共に納められている写真をニック・メイスンがピンク・フロイドの自伝に掲載した。1つ違いの兄であるベン・ワッツは現在イギリスで写真家として活動している。両親はナオミが4歳のときに離婚し、7歳で父を亡くす.と家族と共にウェールズのアングルシー島に移住。母方の祖父母(ヒュー&ニッキー・ロバーツ)と生活した。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たモデル (職業)

    1986年に演劇活動を休止し、モデルとして生計を立てるために日本へ移住した。しかしプロのモデルとして肉体的な必要条件を満たしていなかったために、ワッツにとって全く興味の湧かない販売促進の部門に配属されそうになったことから4ヶ月で辞職。彼女は後に当時のことを「人生で最悪の時期」と振り返っている。帰国後はデパートでファッション雑誌のアシスタントとして働いた。その中で小規模の演劇活動に招待されるうちに演劇活動への情熱を取り戻し、再び女優として活動する決意を固めた。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たアカデミー主演女優賞

    2003年公開の『21グラム』で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされた。2005年公開の『キング・コング』では37歳という年齢でヒロインを演じたことが大きな話題となり、ワッツのキャリアの中で最高額となる5億$超の興行収入を記録.。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見た21グラム

    2003年公開の『21グラム』で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされた。2005年公開の『キング・コング』では37歳という年齢でヒロインを演じたことが大きな話題となり、ワッツのキャリアの中で最高額となる5億$超の興行収入を記録.。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見た市民権

    ワッツは離婚後の母を端的にヒッピーと表現した。ワッツが14歳の時、1982年に家族は祖母の出身地であるオーストラリアのシドニーに移住した。一家は揃ってオーストラリアの市民権を得たため二重国籍となったがワッツは国籍や愛国心について「イギリスでの14年間はとても幸せな日々で、離れたいと思ったことはない。オーストラリアに住んでいた頃も頻繁にイギリスを訪ねた。」と語っている。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

  • ナオミ・ワッツ

    ナオミ・ワッツから見たシドニー

    ワッツは離婚後の母を端的にヒッピーと表現した。ワッツが14歳の時、1982年に家族は祖母の出身地であるオーストラリアのシドニーに移住した。一家は揃ってオーストラリアの市民権を得たため二重国籍となったがワッツは国籍や愛国心について「イギリスでの14年間はとても幸せな日々で、離れたいと思ったことはない。オーストラリアに住んでいた頃も頻繁にイギリスを訪ねた。」と語っている。ナオミ・ワッツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「ナオミ・ワッツ」のニューストピックワード