前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 脇浜海岸通

    脇浜海岸通から見たナブコナブテスコ

    昭和元年(1926年)、日本エヤーブレーキ(後にナブコと改名)の本社と神戸工場が脇浜町一丁目から移転、同工場では鉄道車両用エアーブレーキ装置が製造されていた。脇浜海岸通 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木善三

    佐々木善三から見たナブテスコナブテスコ

    佐々木 善三(ささき ぜんぞう、1952年11月1日 - )は、日本の弁護士(登録番号:48009)、晴海協和法律事務所所属。元検事。ナブテスコ監査役。佐々木善三 フレッシュアイペディアより)

  • 中国中車南京浦鎮車輛

    中国中車南京浦鎮車輛から見たナブテスコナブテスコ

    2005年 ? ナブテスコと提携。中国中車南京浦鎮車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 自動空気ブレーキ

    自動空気ブレーキから見たナブテスコナブテスコ

    これらはいずれもオリジナルはWABCOの設計であり、日本ではライセンス供与先である三菱電機と日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコの前身)の2社によって大量に供給された。自動空気ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 西武20000系電車

    西武20000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    制動装置はナブテスコ製のHRDA-1回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキである。このほか、保安ブレーキと降雪時に使用する圧着ブレーキ(耐雪ブレーキ)を装備する。4次車からは全電気ブレーキ対応とされ、既存の編成についても後にソフトウェアの変更で対応改修が実施された。西武20000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 電気指令式ブレーキ

    電気指令式ブレーキから見たナブテスコナブテスコ

    その後は空気配管の削減やブレーキ指令そのもののデジタル化がもたらす配線の簡略化によるメンテナンス性の向上もあって、三菱電機のライバルである日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)もHRD-1として同種のシステムを開発してこれに追従し、在来車との混用を考慮しなくても良い新規開業鉄道等から順次採用例が増えていった。電気指令式ブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市

    神戸市から見たナブテスコナブテスコ

    ナブコ(現・ナブテスコ神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 西武30000系電車

    西武30000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    客用扉の室内側には化粧板が貼付されており、扉窓は複層ガラス仕様である。車内外の扉先端部には黄色のマーキングが入るが、同マーキングは注意喚起を目的としたユニバーサルデザインであるとともに、従来の西武鉄道における標準車体塗装であった黄色を伝統として引き継ぐ意味合いを持たせたものである。戸閉装置(ドアエンジン)には戸挟み検知機能に優れ、また従来の空気圧動作式戸閉装置と比較して空気配管が不要となることなどからメンテナンス省力化に寄与する電気式戸閉装置を西武鉄道の車両としては初めて採用し、富士電機システムズ製のリニアモーター式戸閉装置を各客用扉の鴨居部に搭載した。7次車からは東武60000系と同じナブテスコ社製の直接駆動モータ(DDM)方式「Rack☆Star」型に変更されている。また、一部のドアを締め切る3/4閉機能が備わっている。西武30000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本制動機

    日本制動機から見たナブテスコナブテスコ

    日本制動機 フレッシュアイペディアより)

  • 帝人航空工業

    帝人航空工業から見たナブテスコナブテスコ

    帝人航空工業 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「ナブテスコ」のニューストピックワード