80件中 11 - 20件表示
  • 三岐鉄道モハ100形電車

    三岐鉄道モハ100形電車から見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)開発のA弁を採用するAMA / ACA自動空気ブレーキを常用し、手用制動を併設する。三岐鉄道モハ100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ナブコシステム

    ナブコシステムから見たナブテスコナブテスコ

    1957年11月7日、日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)の自動ドア発売をきっかけに東日本地区総代理店として初代社長となる山村伍一郎を筆頭に、50万円の資本金を元手として株式会社東京ドアーエンジンを設立する。ナブコシステム フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄6000系電車

    相鉄6000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    動力車は5000系で採用したM-M'ユニット方式を再び採用、番台区分は新たに6300番台とされ、2両1組で各種機器を分散して搭載する。車内照明などの電源には当初小型の静止型インバーター (SIV) に搭載したが、冷房装置を搭載するにあたり電源用の大容量MGに換装されてSIVは撤去された。なお、MGを搭載しない旧6000系モハ6100形との連結を考慮して一部のクハ6500形にも搭載されている。製造メーカーは日立と東洋電機製造であり、出力は140kVAである。CPは日本エアブレーキ(現在のナブテスコ)製で2130l/minの能力を持つ。相鉄6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1800系電車 (初代)

    京阪1800系電車 (初代)から見たナブテスコナブテスコ

    空気ブレーキは従来の1700系と共通のA動作弁を使用する日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製AR-D自動空気ブレーキが採用されており、これは制御器側の発電制動と連動する。京阪1800系電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 奈良電気鉄道デハボ1200形電車

    奈良電気鉄道デハボ1200形電車から見たナブテスコナブテスコ

    奈良電では従来日本エヤーブレーキ製のM三動弁によるMブレーキを標準採用しており、これも異例の三菱製品の採用であった。奈良電気鉄道デハボ1200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良電気鉄道デハボ1300形電車

    奈良電気鉄道デハボ1300形電車から見たナブテスコナブテスコ

    種車はウェスティングハウス・エアブレーキ純正のF三動弁による電動貨車用のAMF自動空気ブレーキを搭載したが、本形式は日本エヤーブレーキ製M三動弁によるAMM自動空気ブレーキを搭載する。奈良電気鉄道デハボ1300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良電気鉄道デハボ1100形電車

    奈良電気鉄道デハボ1100形電車から見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ製M三動弁によるM自動空気ブレーキを搭載する。奈良電気鉄道デハボ1100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急500形電車

    小田急500形電車から見たナブテスコナブテスコ

    制動装置は日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製の電磁直通ブレーキ (HSC) を採用した。常用制動・非常制動とも空気制動のみで発電制動は装備しない。基礎制動装置は各駆動軸にドラムブレーキを採用したほか、非常用のレールブレーキと留置用のばねブレーキを装備した。小田急500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄7000系電車

    相鉄7000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    車内の照明や冷房装置などの電源として、日立製電動発電機(MG)。ドアの開閉やブレーキに用いる圧縮空気の生産に、日本エヤーブレーキ(現;ナブテスコ)製の空気圧縮機(CP)が設置されている。MGとCPの能力はそれぞれ140kVA、2130l/minであり、能力は同等だがいくつかの形式に分けられる。相鉄7000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西武3000系電車

    西武3000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製の応荷重装置付・回生制動併用電気指令式電磁直通ブレーキHRD-1Rである。西武3000系電車 フレッシュアイペディアより)

80件中 11 - 20件表示

「ナブテスコ」のニューストピックワード