117件中 11 - 20件表示
  • 日本エヤーブレーキ

    日本エヤーブレーキから見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ フレッシュアイペディアより)

  • 井笠鉄道客車第10号形気動車

    井笠鉄道客車第10号形気動車から見たナブテスコナブテスコ

    ブレーキはホジ7は手ブレーキのみであったが、ホジ8・ホジ9は日本エヤーブレーキ社(現・ナブテスコ)製SM直通ブレーキが搭載され、保安性が向上した。井笠鉄道客車第10号形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道501形電気機関車

    伊勢電気鉄道501形電気機関車から見たナブテスコナブテスコ

    ウェスティングハウス・エア・ブレーキ社(WABCO)が開発した、日本エヤーブレーキ製のAMF元空気溜管式非常直通自動空気ブレーキを搭載する。また、このシステムに空気圧を供給するコンプレッサーは川崎造船所D-3-Fを搭載する。伊勢電気鉄道501形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 三岐鉄道モハ100形電車

    三岐鉄道モハ100形電車から見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)開発のA弁を採用するAMA / ACA自動空気ブレーキを常用し、手用制動を併設する。三岐鉄道モハ100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪鉄道デニ500形電車

    大阪鉄道デニ500形電車から見たナブテスコナブテスコ

    この問題の解消は、M弁に電磁弁を付加してMEブレーキ化する事でも一応は解決可能であったが、M弁が持つ、基本構造上の制約や問題点は解消されず、またその改造コストが無視できなかったため、最終的にM弁とU弁の中間の性能を備えるA動作弁が鉄道省の主導により日本エヤーブレーキ社で開発され、1930年代後半以降に電車用ブレーキとして一般化するのを待つ必要があった。大阪鉄道デニ500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 脇浜海岸通

    脇浜海岸通から見た日本エヤーブレーキナブテスコ

    昭和元年(1926年)、日本エヤーブレーキ(後にナブコと改名)の本社と神戸工場が脇浜町一丁目から移転、同工場では鉄道車両用エアーブレーキ装置が製造されていた。脇浜海岸通 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハニ36450形気動車

    国鉄キハニ36450形気動車から見たナブテスコナブテスコ

    設計は車体と台車が鉄道省、ガソリンエンジンは池貝製作所、主発電機は芝浦製作所、主電動機および空気圧縮機は三菱電機、制御器および電動送風機は日立製作所、ブレーキ系は三菱電機および日本エヤーブレーキが、それぞれ分担して担当した。国鉄キハニ36450形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急550形電車

    阪急550形電車から見たナブテスコナブテスコ

    ブレーキは当初ゼネラル・エレクトリック社製J動作弁使用のAVR自動空気ブレーキであったものを、後にウェスティングハウス・エアーブレーキ社開発のM三動弁によるAMMブレーキに改造した600形と異なり、当時一般的であった日本エヤーブレーキ開発のA動作弁によるAMAブレーキとされ、その後の長大編成対応を可能とした。阪急550形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽電気鉄道820・850形電車

    山陽電気鉄道820・850形電車から見たナブテスコナブテスコ

    820形では日本エヤーブレーキ製A動作弁と車体シリンダー式基礎ブレーキ装置を組み合わせた、この時代の日本の電車では一般的なA自動空気ブレーキが搭載されていたが、850形では高速運転対応として、より確実な制動力確保が期待できる台車シリンダー式基礎ブレーキ装置が採用された。このため中継弁が挿入されたARブレーキに変更されている。山陽電気鉄道820・850形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道521形電気機関車

    伊勢電気鉄道521形電気機関車から見たナブテスコナブテスコ

    ブレーキ弁としては日本エヤーブレーキ製のNo.14ELを搭載する。伊勢電気鉄道521形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

117件中 11 - 20件表示

「ナブテスコ」のニューストピックワード