80件中 31 - 40件表示
  • 京阪1650型電車

    京阪1650型電車から見たナブテスコナブテスコ

    本形式設計当時の京阪電気鉄道で標準的に採用されていた日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製A動作弁によるAブレーキ(ACA自動空気ブレーキ)を基本とする。ただし、高性能車である1800系から捻出された台車の基礎ブレーキ装置が各台車に個別にブレーキシリンダーを搭載しブレーキシューを駆動する台車シリンダー式であったため、中継弁(Relay valve)を付加して台車シリンダー方式の基礎ブレーキ装置に対応させたACA-Rブレーキを搭載する。京阪1650型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南電気鉄道デ1形電車

    湘南電気鉄道デ1形電車から見たナブテスコナブテスコ

    ブレーキは湘南デ1形がウェスティングハウス・エアーブレーキ社(WABCO)のAMM自動空気ブレーキ(Mブレーキ)を、京浜電鉄デ71・デ83形・湘南電鉄デ26形が日本エヤーブレーキ社製のMブレーキを、京浜電鉄デ101形がSME非常弁付き直通ブレーキを、それぞれ搭載する。湘南電気鉄道デ1形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢電気鉄道デハニ221形電車

    伊勢電気鉄道デハニ221形電車から見たナブテスコナブテスコ

    デハニ223のみウェスティングハウス・エアブレーキ社(WABCO)社製の、それ以外は日本エヤーブレーキ社製の、M三動弁によるAMM制御管式非常直通自動空気ブレーキ(Mブレーキ)をそれぞれ搭載する。伊勢電気鉄道デハニ221形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良電気鉄道クハボ650形電車

    奈良電気鉄道クハボ650形電車から見たナブテスコナブテスコ

    日本エヤーブレーキ製M三動弁によるACM自動空気ブレーキを搭載する。奈良電気鉄道クハボ650形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄オハ31系客車

    国鉄オハ31系客車から見たナブテスコナブテスコ

    自動空気ブレーキ装置は当初、ウェスティングハウス・エアブレーキ(WABCO)社の設計によるP弁を使用するPF・PMブレーキ装置であったが、量産中にブレーキ弁が変更されており、日本エヤーブレーキ社(現・ナブテスコ社)の手によって1928年に開発・実用化されたA動作弁を使用するAVブレーキ装置が1929年度分より制式採用され、P弁を搭載する在来車についてもこの新型ブレーキへの換装を実施して階段緩め機能の付加など、保安性の向上が実現している。これも特急列車脱線事故の残した影響の一つであった。国鉄オハ31系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1000系電車 (2代)

    京阪1000系電車 (2代)から見たナブテスコナブテスコ

    これに対しブレーキについては、3両編成以上への長大編成化と在来車との併結時の互換性を念頭に置いて、日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)が開発した高性能なA動作弁によるA自動空気ブレーキが京阪線向けとしては初採用された。京阪1000系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 大阪鉄道デニ500形電車

    大阪鉄道デニ500形電車から見たナブテスコナブテスコ

    この問題の解消は、M弁に電磁弁を付加してMEブレーキ化する事でも一応は解決可能であったが、M弁が持つ、基本構造上の制約や問題点は解消されず、またその改造コストが無視できなかったため、最終的にM弁とU弁の中間の性能を備えるA動作弁が鉄道省の主導により日本エヤーブレーキ社で開発され、1930年代後半以降に電車用ブレーキとして一般化するのを待つ必要があった。大阪鉄道デニ500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄6421系電車

    近鉄6421系電車から見たナブテスコナブテスコ

    平坦な名古屋線で運用されることから、出力は必要十分に控え目である。制御器は日立製作所製MMC-H20A電動カム軸式多段制御器で、日立製作所製HS-256-BR-28(端子電圧750V時定格出力115kW、定格回転数736rpm)吊り掛け駆動モーター4基を制御する。歯車比は2.07として高い定格速度を確保した。ブレーキは日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製自動空気ブレーキ(AMA-R)である。近鉄6421系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪600系電車 (2代)

    京阪600系電車 (2代)から見たナブテスコナブテスコ

    種車同様のWABCO系自動空気ブレーキながら、長大編成対応を目的として動作弁を種車のM三動弁から日本エヤーブレーキ(現・ナブテスコ)製のA弁へ交換し、さらに中継弁を付加したARブレーキ(AMAR / ATAR)を採用した。制動筒(ブレーキシリンダー)を車体側に搭載し、制動引棒(ブレーキロッド)によって前後台車計4軸の制動を動作させるという種車同様の古典的な基礎ブレーキ装置が踏襲されている。京阪600系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 伊豆箱根鉄道7000系電車

    伊豆箱根鉄道7000系電車から見たナブテスコナブテスコ

    パンタグラフは東洋電機製造製PT48系で、伊豆箱根鉄道における下枠交差型パンタグラフの初採用例となった。制動装置はナブコ(現:ナブテスコ)製の発電制動併用電気指令式空気制動 (HRD-1D) である。補助電源装置は三相交流440V 120kVAの静止型インバータ(SIV)、空気圧縮機はHS-20形(容量:2000l/min)と言う様に3000系二次型と同じ物を搭載している。伊豆箱根鉄道7000系電車 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「ナブテスコ」のニューストピックワード