42件中 11 - 20件表示
  • ダニイル・バランツェフ

    ダニイル・バランツェフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    ナタリア・ロマニウタとのカップル解散後は、アメリカへ渡りニコライ・モロゾフに師事。2003年よりジェニファー・ウェスターとカップルを結成しアメリカ所属選手として活動を始め、2人は2006年に結婚。全米選手権にも出場を果たし、入賞するまでになったが、国際大会への出場はロシア側が拒否したために2007-2008シーズンまで待たなければならなかった。2007-2008シーズン、ネーベルホルン杯で優勝。2008年全米選手権では5位に終わったものの、初選出の2008年四大陸選手権では4位入賞を果たした。ダニイル・バランツェフ フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ゴルシュコフ

    アレクセイ・ゴルシュコフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    過去にはニコライ・モロゾフの元にいるアイスダンス選手を教えていたこともある。アレクセイ・ゴルシュコフ フレッシュアイペディアより)

  • シェイ=リーン・ボーン

    シェイ=リーン・ボーンから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2005年8月12日、コーチであったニコライ・モロゾフと結婚、2007年に離婚。2011年にトロント在住のカメラマン・ミュージシャンのBohdan Turok氏と再婚している。シェイ=リーン・ボーン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤久美子

    佐藤久美子から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    1969年に同じ関西大学出身でフィギュアスケート選手の佐藤信夫と結婚する。1990年代に活躍したフィギュアスケート選手佐藤有香は娘である。2006年のトリノオリンピックフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香のコーチをニコライ・モロゾフと共同で務めた。現在は夫の信夫をサポートする格好で小塚崇彦らの指導、振付なども行っている。佐藤久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 本田武史

    本田武史から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2002-2003シーズンは、それまで主に振付を依頼していたローリー・ニコルがティモシー・ゲーブルの振付を手掛けるようになったため、イメージチェンジも兼ねて振付師をカート・ブラウニングとニコライ・モロゾフに変えて臨んだ。グランプリシリーズのスケートカナダでは2種類の4回転ジャンプを取り入れて優勝。続くラリック杯は3位、NHK杯では2位となった。第71回全日本選手権では5度目の優勝を果たし、翌2003年に行われた冬季アジア大会でも優勝。2003年四大陸選手権ではフリースケーティングで2つの4回転トウループ(うち1つは4回転-3回転のコンビネーション)と1つの4回転サルコウを成功させ、技術点では2人、芸術点では3人の審査員から6.0(満点)の評価を受けて優勝。そして2003年世界選手権は前シーズンに続いて総合3位入賞。世界選手権において日本代表男子シングルの種目において、2年連続のメダル(同)獲得は史上初の快挙で、女子の村主章枝とともに2年連続で日本人選手が銅メダルを獲得した。本田武史 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・ゲレイロ

    ジョナサン・ゲレイロから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2011-2012シーズンよりシニアクラスに以降。ロシア選手権では4位。ババリアンオープンでは銀メダルを獲得した。シーズン終了後にニコライ・モロゾフへコーチを変更した。2013-2014シーズン、アンジェリカ・クリロワにコーチを変更し練習拠点を再びアメリカに移した。シーズン終了後にはプシュカシュとのカップルを解消した。ジョナサン・ゲレイロ フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生)

    アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生)から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010年世界ジュニア選手権ではこの大会で唯一4回転ジャンプを成功した選手となった。2010年にはエレーナ・ブイアノワに師事し練習拠点をモスクワに移した。ジュニア最終年の世界ジュニア選手権では14位で、過去3回の大会で一番悪い成績だった。その後、コーチをニコライ・モロゾフに変更した。2014年にはアレクセイ・ミーシンにコーチを戻した。アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生) フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ジュベール

    ブライアン・ジュベールから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2013-2014シーズン、2013年9月、地元ポワチエのリンクが完成した為、帰郷。拠点も戻した。準備不足の為、テストイベントのフランス・マスターズとグランプリシリーズのスケートアメリカを棄権。スケートアメリカに関してはフランスのスポーツ紙『レキップ』は『マスターズを棄権したことに対する連盟による制裁措置』と報じた。NRW杯に出場し2位、フランス選手権でも2位。12月からはニコライ・モロゾフを新たにコーチに迎えた。4度目のオリンピックとなったソチオリンピックではSPで3位から1.12点差で7位となり、表彰台入りを仏国内では願う声が多数起きたが、FSで2度の4回転ジャンプに成功するも後半にミスが続き13位。競技からの引退を発表した。2014年7月にロシアで、カタリナ・ゲルボルトとコーチのオレグ・ワシリエフと提携して訓練を受けた。その後、ロシア代表としてゲルボルトとペア結成と報道されたが、ジュベールの母は「それはテストだったし、彼はロシア代表として競技することを否定した」と述べた。ブライアン・ジュベール フレッシュアイペディアより)

  • クリスマス・オン・アイス

    クリスマス・オン・アイスから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    この他にシークレットゲストとしてニコライ・モロゾフ&アナベル・モロゾフが親子でペア演技を見せた。クリスマス・オン・アイス フレッシュアイペディアより)

  • 2006年トリノオリンピックの日本選手団

    2006年トリノオリンピックの日本選手団から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    コーチ:吉岡伸彦(千葉大学)、伊東秀仁(日本ジェノス)、佐々木盟子、長光歌子(臨海スポーツセンター)、キャロル・ヘイス・ジェンキンス(Winter-Hurst Ice Rink)、佐藤信夫(新横浜プリンスホテルスケートセンター)、佐藤久美子(新横浜プリンスホテルスケートセンター)、ナタリア・リニチュク、ニコライ・モロゾフ2006年トリノオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード