29件中 11 - 20件表示
  • ジェニファー・ウェスター

    ジェニファー・ウェスターから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    テキサス州ダラスに生まれ、11歳でスケートを始めた。2003年、アメリカで新たなパートナーを探していたダニイル・バランツェフとカップルを結成し、ニコライ・モロゾフに師事。2人は2006年に結婚することになる。2005-2006シーズンからは全米選手権にも出場を果たし、入賞するまでになったが、国際大会への出場はダニイル・バランツェフが以前所属していたロシア側が拒否したために2007-2008シーズンまで待たなければならなかった。ジェニファー・ウェスター フレッシュアイペディアより)

  • シェイ=リーン・ボーン

    シェイ=リーン・ボーンから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2005年8月12日、コーチであったニコライ・モロゾフと結婚、2007年に離婚。2011年にトロント在住のカメラマン・ミュージシャンのBohdan Turok氏と再婚している。シェイ=リーン・ボーン フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤久美子

    佐藤久美子から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    1969年に同じ関西大学出身でフィギュアスケート選手の佐藤信夫と結婚する。1990年代に活躍したフィギュアスケート選手佐藤有香は娘である。2006年のトリノオリンピックフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香のコーチをニコライ・モロゾフと共同で務めた。現在は夫の信夫をサポートする格好で小塚崇彦らの指導、振付なども行っている。佐藤久美子 フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生)

    アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生)から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010年世界ジュニア選手権ではこの大会で唯一4回転ジャンプを成功した選手となった。2010年にはエレーナ・ブイアノワに師事し練習拠点をモスクワに移した。ジュニア最終年の世界ジュニア選手権では14位で、過去3回の大会で一番悪い成績だった。その後、コーチをニコライ・モロゾフに変更した。アルトゥール・ドミトリエフ (1992年生) フレッシュアイペディアより)

  • 本田武史

    本田武史から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2002-2003シーズンは、それまで主に振付を依頼していたローリー・ニコルがティモシー・ゲーブルの振付を手掛けるようになったため、イメージチェンジも兼ねて振付師をカート・ブラウニングとニコライ・モロゾフに変えて臨んだ。グランプリシリーズのスケートカナダでは2種類の4回転ジャンプを取り入れて優勝。続くラリック杯は3位、NHK杯では2位となった。第71回全日本選手権では5度目の優勝を果たし、翌2003年に行われた冬季アジア大会でも優勝。2003年四大陸選手権ではフリースケーティングで2つの4回転トウループ(うち1つは4回転-3回転のコンビネーション)と1つの4回転サルコウを成功させ、技術点では2人、芸術点では3人の審査員から6.0(満点)の評価を受けて優勝。2003年世界選手権は前シーズンに続き3位入賞。2年連続メダル獲得は日本男子選手初の快挙で、女子の村主章枝と共に2年連続で日本人選手が銅メダルを獲得した。本田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 村主 章枝

    村主章枝から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2008年7月にコーチをニコライ・モロゾフに変更し、練習拠点も強化拠点のあるアメリカのニュージャージー州に移した。GPシリーズで2戦続けて表彰台に上る復調を見せ、全日本選手権では、SPでは5位と出遅れるもフリーで首位に入り、3シーズン振りの表彰台となる総合2位となった。四大陸選手権ではシーズン最高得点をマークして6位に入賞した。3年振り通算9回目の出場となった世界選手権では練習中に負傷、痛み止めを飲んで出場したが総合8位に入り、伊藤みどりと並んで日本人最多となる7度目の入賞を果たした。後に肋骨を骨折していたことが判明した。村主章枝 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・リッポン

    アダム・リッポンから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2008-2009シーズン、シーズン途中の12月にコーチをニコライ・モロゾフからブライアン・オーサーに変更。2009年の世界ジュニア選手権でも優勝、大会2連覇を果たした。アダム・リッポン フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、GPシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権は、SPでフェンスに激突し、フリーでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トウループ-3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計は13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠は辛うじて最大の「3」を確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

  • 村上大介

    村上大介から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    神奈川県出身。9歳のとき両親とともにアメリカ合衆国へ渡り、スケートを始めた。両親のレストランの経営が苦しくなり、マイケル・ワイスが主宰するチャリティ基金の支援を受けながら競技を続けた。2009-2010年シーズンまでのコーチ・ニコライ・モロゾフにも「出世払い」で指導を受けている村上大介 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    12月17日 - ニコライ・モロゾフ、フィギュアスケート選手・指導者1975年 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード