42件中 21 - 30件表示
  • ミシェル・クワン

    ミシェル・クワンから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    表現力の評価の高い選手であった。ニコライ・モロゾフはクワンを「心で滑る演技、見る者の魂に響くような演技が出来た女子で唯一の選手」と評している。ミシェル・クワン フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・ラノッテ

    ルカ・ラノッテから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010-2011シーズン、ネーベルホルン杯では2位。NHK杯では5位となった。その後、コーチを変更し前の拠点であるミラノに戻り、フリーダンスを新しくした。また、ロシアのニコライ・モロゾフが拠点としているノヴォゴルスクも練習拠点とした。自身の怪我の影響でイタリア選手権は欠場したが、モンブラン杯で復帰し優勝。世界選手権では初めて一桁の成績を残した。ルカ・ラノッテ フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・カッペリーニ

    アンナ・カッペリーニから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010-2011シーズン、ネーベルホルン杯では2位。NHK杯では5位となった。その後、コーチを変更し前の拠点であるミラノに戻り、フリーダンスを新しくした。また、ロシアのニコライ・モロゾフが拠点としているノヴォゴルスクも練習拠点とした。ラノッテの怪我の影響でイタリア選手権は欠場したが、モンブラン杯で復帰し優勝。世界選手権では初めて一桁の成績を残した。アンナ・カッペリーニ フレッシュアイペディアより)

  • アリョーナ・レオノワ

    アリョーナ・レオノワから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2011-2012シーズンからは、安藤美姫等が師事するニコライ・モロゾフをコーチに迎えた。グランプリシリーズにおいてはスケートカナダ、NHK杯、ロステレコム杯の3大会に出場。NHK杯で3位、ロステレコム杯で2位となったことから2年ぶりのグランプリファイナルへの出場が決まった。またグランプリファイナルでは自己最高位の3位に入った。しかし欧州選手権ではジャンプミスが続き、SPとFSで共に6位、トータルで7位に終わった。2012年世界選手権では、SPでノーミスの演技を披露、パーソナルベストを更新して1位の好スタート。FSでは細かなミスが響いて4位だったが、総合2位に入り合計点でもISUパーソナルベストをマーク、自身世界選手権初の銀メダルを獲得した。アリョーナ・レオノワ フレッシュアイペディアより)

  • ワシリーサ・ダワンコワ

    ワシリーサ・ダワンコワから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2016年5月、18歳の誕生日を迎えてすぐに振付師であるニコライ・モロゾフと結婚、モロゾフは3回目の結婚である。ワシリーサ・ダワンコワ フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ポジェ

    アンドリュー・ポジェから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2016-2017シーズンからは、メインコーチをニコライ・モロゾフに変更した。アンドリュー・ポジェ フレッシュアイペディアより)

  • 12月17日

    12月17日から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    1975年 - ニコライ・モロゾフ、フィギュアスケートコーチ12月17日 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・イリニフ

    エレーナ・イリニフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010-2011シーズン、ロステレコム杯では銅メダルを獲得。ロシア選手権では3位に入り、ヨーロッパ選手権の代表に選出され、4位入賞を果たした。ロシアのカップルで2番目の成績を収めたため、世界選手権の代表にも選出された。SDは6位と上々の滑り出しだったが、FDでは地元ロシアの観客の大歓声で音楽のスタートが分からないまま演技をスタート。精彩を欠いた演技でSDより順位を1つ落とし7位入賞に留まった。シーズン終了後、アレクサンドル・ズーリンからニコライ・モロゾフへコーチを変更。変更の理由として、十分に練習環境を整えてもらえなかったことを挙げている。エレーナ・イリニフ フレッシュアイペディアより)

  • ニキータ・カツァラポフ

    ニキータ・カツァラポフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2010-2011シーズン、ロステレコム杯では銅メダルを獲得。ロシア選手権では3位に入り、ヨーロッパ選手権の代表に選出され、4位入賞を果たした。ロシアのカップルで2番目の成績を収めたため、世界選手権の代表にも選出された。SDは6位と上々の滑り出しだったが、FDでは地元ロシアの観客の大歓声で音楽のスタートが分からないまま演技をスタート。精彩を欠いた演技でSDより順位を1つ落とし7位入賞に留まった。シーズン終了後、アレクサンドル・ズーリンからニコライ・モロゾフへコーチを変更。変更の理由として、十分に練習環境を整えてもらえなかったことを挙げている。ニキータ・カツァラポフ フレッシュアイペディアより)

  • 織田信成 (フィギュアスケート選手)

    織田信成 (フィギュアスケート選手)から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2008年4月、ニコライ・モロゾフのコーチ就任を発表。アイスショーにも復帰した。2008-2009シーズンが始まると、ネーベルホルン杯、カールシェーファーメモリアルと立て続けに優勝。国内でも西日本選手権を制し、グランプリシリーズ復帰戦となるNHK杯でも優勝。全日本選手権でも優勝した。世界選手権では、SPでフェンスに激突し、FSでジャンプの回数規定違反を犯しながらも、初めて4回転トゥループ-3回転トゥループのコンビネーションジャンプを成功させ総合7位になった。同大会で6位だった小塚崇彦との順位合計が13となり、翌2010年バンクーバーオリンピックの出場枠「3」を辛うじて確保した。織田信成 (フィギュアスケート選手) フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード