42件中 31 - 40件表示
  • ニコライ

    ニコライから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    ニコライ・モロゾフ - ロシアのフィギュアスケート選手。ニコライ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団

    2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    コーチ:小林芳子(関西学院大学)、小林れい子(同志社大学)、長光歌子(関西大学)、ニコライ・モロゾフ、織田憲子(関西大学アイスアリーナ)、佐藤信夫(新横浜プリンスホテル)、タチアナ・タラソワ、シャネッタ・フォレ、長久保裕(邦和スポーツランド)、伊東秀仁(ジェノスグループ)2010年バンクーバーオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • ケイトリン・ウィーバー

    ケイトリン・ウィーバーから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2016-2017シーズンからは、メインコーチをニコライ・モロゾフに変更した。ケイトリン・ウィーバー フレッシュアイペディアより)

  • フローラン・アモディオ

    フローラン・アモディオから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2012-2013シーズン、GPSではスケートカナダでは4位。エリック・ボンパール杯では3位。ブライアン・ジュベールが欠場したフランス選手権で優勝。欧州選手権では銀メダル。期待を受け臨んだ世界選手権ではSPでジャンプのミスと最後のスピンで転倒し10位に。FSでは15位と後退し、トータル12位に終わった。6月にさまざまな行き違いの蓄積により、ニコライ・モロゾフとの師弟関係を解消した。フローラン・アモディオ フレッシュアイペディアより)

  • 村主章枝

    村主章枝から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2008年7月にコーチをニコライ・モロゾフに変更し、練習拠点も強化拠点のあるアメリカのニュージャージー州に移した。GPシリーズで2戦続けて表彰台に上る復調を見せ、全日本選手権では、SPでは5位と出遅れるもフリーで首位に入り、3シーズン振りの表彰台となる総合2位となった。四大陸選手権ではシーズン最高得点をマークして6位に入賞した。3年振り通算9回目の出場となった世界選手権では練習中に負傷、痛み止めを飲んで出場し、総合8位に入った。村主章枝 フレッシュアイペディアより)

  • アレクセイ・ヤグディン

    アレクセイ・ヤグディンから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    4回転トウループと全種類の3回転ジャンプを跳ぶことができ、特に3回転アクセルを得意としており、当時の実況には"世界一美しいトリプルアクセル"、"世界一の高さを誇るトリプルアクセル"等と言われていた。ソルトレイクシティオリンピックと2002年世界選手権のフリーでは4回転トウループ?3回転トウループ?2回転ループを跳んだ。2000-2001シーズンのフリースケーティングで演じたプログラム「グラディエーター」では、ニコライ・モロゾフの振り付けによる斬新なトウステップを披露した。そのステップは後に彼のファンから「ヤグディンステップ」と名づけられた。技のつなぎとしてニースライダーをプログラムに盛り込んでいた。アレクセイ・ヤグディン フレッシュアイペディアより)

  • 村上大介

    村上大介から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2009-2010年シーズンまでのコーチ・ニコライ・モロゾフにも指導を受けている。村上大介 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ボロノフ

    セルゲイ・ボロノフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2009-2010シーズン、SPから積極的に4回転と3回転のコンビネーションを組み込んできた。中国杯では3位。オリンピック代表選考がかかったロシア選手権ではトリノオリンピック金メダリストのエフゲニー・プルシェンコに次ぐ2位となり、バンクーバーオリンピック出場に王手をかける。しかし、派遣された欧州選手権で14位に沈んでしまったことを受け、オリンピック代表2枠目はロシア選手権3位のアルチョム・ボロドゥリンが内定した。シーズン終了後、コーチをニコライ・モロゾフに変更した。セルゲイ・ボロノフ フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンチン・メンショフ

    コンスタンチン・メンショフから見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    2012-2013シーズン、スケートアメリカとロステレコム杯ともに4位。ロシア選手権では3位だったものの欧州選手権の代表には選ばれなかった。理由の説明もなくこのことで、マキシム・トランコフをはじめ、ロシアのスケーターが抗議の署名を行った。またアレクセイ・ミーシンやヴィクトール・クドリャフツェフなどのコーチ達もこの決定に反対しニコライ・モロゾフはメンショフの変わりに選ばれた国内5位のマキシム・コフトゥンのコーチの1人のタチアナ・タラソワがこの決定の背後にいると指摘。またバンクーバー五輪では国内2位で4回転を持っていたセルゲイ・ヴォロノフではなく国内3位で4回転が無く当時タラソワの教え子でもあったアルチョム・ボロデュリンが選ばれた経緯の事も絡めてタラソワやロシアフィギュアスケート連盟を批判した。それにより、スポーツ・観光・青年政策大臣のヴィタリー・ムトコはロシアフィギュアスケート連盟に対して、再考を命じたが、決定が覆ることは無かった。その後、世界選手権の代表選考の対象となる、国内大会のカップオブロシア・ファイナルに出場し優勝したが、選ばれることは無かった。国別対抗戦に出場し、ショートプログラムでは初の80点台をマークした。フリースケーティングでは3回転アクセルの着氷で転倒し肩を強打、脱臼。演技を棄権した。コンスタンチン・メンショフ フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たニコライ・モロゾフニコライ・モロゾフ

    12月17日 - ニコライ・モロゾフ、フィギュアスケート選手・指導者1975年 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「ニコライ・モロゾフ」のニューストピックワード