ニコラ・サルコジ ニュース&Wiki etc.

ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(, 1955年1月28日 - )は、フランスの政治家。フランス第五共和政第6代大統領(2007年5月16日 - 2012年5月14日)及びアンドラ公国の共同大公。前国民運動連合党首。フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。ユダヤ人を母に持つ… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ニコラ・サルコジ」のつながり調べ

  • ド・ゴール主義

    ド・ゴール主義から見たニコラ・サルコジ

    しかし後年、シラクは親ヨーロッパ的(親EU)スタンスをとるようになった。それゆえ、右派の中には、シャルル・パスクワのように、シラクと彼の政党を「真のド・ゴール主義者」ではないと非難している者もいる。シラクの後任であるニコラ・サルコジ大統領は、フランスがNATOに完全に復帰するという決定を2009年に下した。この決定は野党だけでなく、与党の国民運動連合の内部においても、とくにアメリカとの関係におけるフランスの独自的立場を損ねるものとして「ゴーリスト」たちの反発を招いた。(ド・ゴール主義 フレッシュアイペディアより)

  • 美しいひと

    美しいひとから見たニコラ・サルコジ

    サルコジが2007年フランス大統領選挙で「『クレーヴの奥方』を学校で教えるのはばかげている」と演説したのに異を唱え、現代に時代を移して作られた。(美しいひと フレッシュアイペディアより)

「ニコラ・サルコジ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード