279件中 91 - 100件表示
  • 2008年のチベット騒乱

    2008年のチベット騒乱から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    中国本土では、抗議活動の中心にいると見られたフランスと、抗議活動を支持するかのような発言を繰り返したサルコジ大統領に対する反感が広まり、中国に展開するカルフールの支店が不買運動や営業妨害活動の標的となったため、中国との関係修復を急いだフランスのサルコジ大統領はポンスレ上院議長を特使として派遣して、中国への謝罪を行った。2008年のチベット騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • リビア連絡調整グループ

    リビア連絡調整グループから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    第6回目にして最後の会合はニコラ・サルコジが主導し、カダフィが政権を奪取してから42周年となる9月1日にフランスのパリで開催された。これまでの連絡調整グループの枠組みをさらに拡大させた会合リビア・フレンズ会合(the Friends of Libya)(新生リビア支援国際会議)である。この中でアメリカなどは更に多くの国々、国際機関によるリビア国民評議会の政府承認を求めたが、アフリカ諸国の動きが決して芳しくないなどが指摘された。9月20日にはアメリカのニューヨークで潘基文国際連合事務総長が主催するリビア・ハイレベル会合が行われた。リビア連絡調整グループ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・デュポン=エニャン

    ニコラ・デュポン=エニャンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年1月13日にニコラ・サルコジ党首(当時)の路線に対立して国民運動連合を離党する。ニコラ・デュポン=エニャン フレッシュアイペディアより)

  • イングリッド・ベタンクール

    イングリッド・ベタンクールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス国籍も有するベタンクールはフランス政府の特別機で7月4日にパリに到着、サルコジ大統領らの出迎えを受けた。サルコジは6月にベタンクールの解放を働きかけることを公言したばかりであり、救出作戦をフランスが支援した可能性も指摘されている。イングリッド・ベタンクール フレッシュアイペディアより)

  • ノジャン=ル=ロトルー

    ノジャン=ル=ロトルーから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    コミューンの投票者は、国政選挙において全般的に右派に投票する傾向がある。2002年フランス大統領選挙の第1回投票では、コミューンはフランス全体より圧倒的に議会右派と極右候補に投票した。ジャック・シラクが22.22%(全国平均19.88%)、ジャン=マリー・ル・ペンが19.42%(全国平均16.86%)であった。2007年フランス大統領選挙では、ニコラ・サルコジは第1回投票で社会党候補セゴレーヌ・ロワイヤルより11ポイント多く獲得し、第2回投票では14ポイント多く獲得した(フランス全体では、サルコジは第1回投票で5ポイント多く、第2回投票では6ポイント多かった)。2012年フランス大統領選挙では、フランソワ・オランドが48.62%を獲得したのに対し、サルコジが51.38%獲得と上回った。ノジャン=ル=ロトルー フレッシュアイペディアより)

  • リスボン条約

    リスボン条約から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    イギリスにおいてリスボン条約は議論を呼んでいる。与党労働党は欧州憲法条約の批准にあたって国民投票の実施を掲げていたが、同国首相トニー・ブレアは、新たな改革条約については国民投票の実施の必要はないと述べている。リスボン条約には憲法条約で提唱された欧州連合の基本的な枠組みへの変革策を多く含まれているため、メディアではイギリス世論において新たな改革条約についての国民投票が実施されるべきだと報じていた。これに応じて、ブレアとその後任となることが決まっていたゴードン・ブラウンは、新条約では、欧州連合としての外交政策やコモン・ロー(基本権憲章がイギリスに対して法的効力を持たない内容)、社会政策、税法について拒否権が残ることから「レッド・ライン」を越えていないとして、国民投票の実施は必要ないと述べている。ブレアが妥結に至ったと主張しているが、欧州連合には外交担当機関が数多く残っており、つまり欧州連合はイギリスの利益とは関係なく外交政策を運営することとなるため、ブレアの外交政策に関する適用除外の実際の有効性に疑問が投げかけられた。また欧州連合の目的から「自由で歪みのない」という言葉が除かれたことも関心を集めた。これはフランス大統領ニコラ・サルコジが求めたことで、サルコジはこの文言について思想的な目標ではなく目的達成のための手段として用いられていると考えていた。リスボン条約 フレッシュアイペディアより)

  • マダガスカル・クーデター

    マダガスカル・クーデターから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジフランス大統領は、「混乱を終わらせるのは早期の選挙だ」と述べ、大統領選挙を出来るだけ早く行う様、要求している。マダガスカル・クーデター フレッシュアイペディアより)

  • ぜんぶ、フィデルのせい

    ぜんぶ、フィデルのせいから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    製作意図として監督は、観客に考えさせるような「知的なエンターテインメント」を目指したが、同時にサルコジ大統領による移民排斥政策は反対であると自らの政治的立場を明言した。カメラはひたすらアンナの目線にあわせて捉え、両親が外で何をしているかについて説明しない。これについて監督は、歴史的知識がなくても、アンナが出会ったできごとを追体験することができると語る。また、「この作品はあなたの子ども時代の経験を描いたのか」というインタビューを受け、これを否定してみせた。ぜんぶ、フィデルのせい フレッシュアイペディアより)

  • イサーク・アルベニス

    イサーク・アルベニスから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1903年に即興演奏を3テイク録音に残している。この録音は、ミルトン・ローファーによって採譜され、ヘンレ社からCD付き楽譜として出版されている。ちなみに2003年から2011年までマドリード市長を務めたと、第6代フランス大統領ニコラ・サルコジの2度目の夫人であるセシリアはアルベニスの曾孫である。イサーク・アルベニス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    これに対し、労組と各国は反発。欧州金属労連 (EMF) は「どの工場であろうと閉鎖には反対する。解雇も受け入れられない」と述べるなど、強い反発とデモやストを行う。また欧州の労働法に抵触するとの指摘も出る。フランスでは次期大統領候補の社会党セゴレーヌ・ロワイヤルは当選したらリストラ計画を凍結する」と公約し、政治介入に否定的なUMPニコラ・サルコジも労組と会談し、同じく否定的なUDFフランソワ・バイルも「国家が支持すべきだ」と述べるなど、各候補が何らかの形で関わろうとしている。一方経済界からは政治介入に反発する意もあり、経営陣も「各政府がケーキの一番良い部分を取ろうとしている」「政府は企業の管理に干渉しないことが望ましい」と述べる。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

279件中 91 - 100件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード