215件中 91 - 100件表示
  • モラビト

    モラビトから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年 - 7月14日革命記念日の式典にフランス大統領ニコラ・サルコジ夫人カーラ・ブルーニがモラビトのクロコダイルバッグ・ヴァンドームのアンティークを持ち出席。 又、日仏交流150周年を記念し、フランスのアトリエの職人と日本の京友禅の職人のコラボレーションによるバッグ「KÖSHI(=格子)」を発表。京友禅とリザードのコンビネーションのバッグは、京都の町屋の格子戸に桜の花が舞いこむ図柄で製作。モラビト フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=マリー・ル・ペン

    ジャン=マリー・ル・ペンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2005年パリ郊外暴動事件を受けて更なる党勢拡大と2007年大統領選挙でも2002年大統領選挙の再現を狙った。大統領選挙で台風の目となることが予想されたが、保守・国民運動連合総裁のニコラ・サルコジが移民対策で強硬論を主張する中、ルペン等右翼支持層を浸食されていった。2006年1月には、2007年の大統領選に向け早々と選挙対策事務局を設置したが、出馬に必要な500筆の市町村国会議員の推薦署名集めの段階で苦戦しており、決選投票への進出以前の大統領選の出馬さえ危惧されていたが、サルコジが「極右にも出馬のチャンスを与えるのが民主主義だ」と自らの推薦人数人をルペンに回す「助け舟」もあってなんとか500人の署名を確保した。大統領選挙では、サルコジに対峙する形で左派・フランス社会党のセゴレーヌ・ロワイヤルの左右両候補による激戦が繰り広げられ、さらにサルコジ、ロワイヤルの両候補に飽き足りない中間層がフランス民主連合議長(党首)のフランソワ・バイルを支持したため、ルペンの得票は伸びず、383万4530票(10.44パーセント)で4位に留まった。ルペンは、5月1日の国民戦線の集会において「決選投票はボイコットせよ」と支持者に訴えた。ジャン=マリー・ル・ペン フレッシュアイペディアより)

  • フランス海軍

    フランス海軍から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジ大統領によって、2009年にフランス軍をNATOの軍事機構へ復帰させると発表した。また、数年かけてフランス軍を45,000名削減し、小規模でも装備の充実した機動性の高い軍隊に再編成する。海軍も削減の例外ではなく、核戦力は最優先で保持されるが、フリゲートは18隻程度に削減される。NATOの共同作戦を重視した戦略に切り替えるとともに、EU加盟国の海軍艦艇を持ち寄り空母を中心とする部隊を編成する事を提案している。フランス海軍 フレッシュアイペディアより)

  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年になるとバローゾは再任について、自らは欧州議会の政治会派次第であると述べたものの、ニコラ・サルコジやシルヴィオ・ベルルスコーニがバローゾ支持を表明するなど、着々と2期目に向けた支持を固めていった。2008年7月19日、バローゾからはじめて再任を模索する発言がなされ、欧州人民党もバローゾの再任を支持した。2009年の欧州議会議員選挙で欧州人民党グループは最大会派の地位を維持したが絶対多数には届かず、バローゾ再任にはほかの会派の支持を取り付けなければならなかった。しかしながら第2会派の欧州社会党系会派(選挙後に社会民主進歩同盟となる)や第3会派の欧州自由民主同盟はバローゾの対立候補を擁立することができなかった。それでもなお社会民主進歩同盟、欧州自由民主同盟、欧州緑グループ・欧州自由連盟による反バローゾの緩やかな「赤・黄・緑」連携が形成され、バローゾから譲歩を引き出そうとした。3会派はバローゾに対して、2期目における政策指針を明確に打ち出し、委員会における主要ポストを自分たちが所属する政党から指名するよう求めた。また3会派はバローゾの任命に関してより影響力を持つために、バローゾの再任についての採決をリスボン条約の発効後まで延期しようとした。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

  • マウントバーノン

    マウントバーノンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年11月7日、ジョージ・W・ブッシュ大統領はフランス大統領ニコラ・サルコジをマウントバーノンに招いた。これは、同じ日の早い時間にサルコジがアメリカ合衆国議会両院総会に出席して演説した後のことであり、マウントバーノンの邸宅前芝生に報道陣を集め、両首脳の会談の様子を簡単に報告した。マウントバーノン フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    このプレーは社会的にも大きな話題となり、フランスのニコラ・サルコジ大統領はアイルランドのブライアン・カウエン首相に謝罪の意を伝え、フランス教職員組合は疑念を表明した。国内メディアは「神の手(Main de Dieu)」に救われたフランス代表を酷評し、批判を浴びたアンリは代表引退も考えたと告白した。アイルランドサッカー協会はFIFAに再試合を要求し、のちには33チーム目の特別枠を申請したが、いずれも却下された。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • アリー・ゼイダーン

    アリー・ゼイダーンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1970年代より在インドのリビア大使であったのもとで外交官として活動。両人とも1980年に亡命し、 (National Front for the Salvation of Libya)の結成に動いた。2011年リビア内戦の際には反政府勢力リビア国民評議会(NTC)のヨーロッパに対する特命全権公使を務め、フランスのニコラ・サルコジ大統領に反カダフィ勢力を支援するよう説得するため重要な役割を演じたことが特記される。アリー・ゼイダーン フレッシュアイペディアより)

  • マリーヌ・ル・ペン

    マリーヌ・ル・ペンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2011年1月16日、国民戦線の党大会にてマリーヌ・ルペンは新党首に選出された。これにより、2012年の大統領選挙ではマリーヌ・ルペンが立候補する可能性が濃厚となると、国民戦線初の女性候補者ということからフランス国内で大きな話題を呼んだ。3月6日にフランス大衆紙ル・パリジャンが公表した世論調査において、2012年大統領選挙の第1回投票では現職のニコラ・サルコジやフランス社会党候補を抑え第1位になるとの予測も出された。その後選挙戦が本格化した後も一貫して3位につけ、特に若年層ではトップの支持率を得た。右派として競合する現職サルコジ大統領がルペンを意識して主張を右寄りに変遷させるなど、選挙戦にも大きなインパクトを与え、実際の選挙でも第1回投票で3位に食い込んだ。この時の得票率17.90%は、国民戦線の大統領候補者としては最高記録である。マリーヌ・ル・ペン フレッシュアイペディアより)

  • ブチェンタウロ

    ブチェンタウロから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年2月、1798年に破壊されたブチェンタウロを再建するとの計画が発表された。200人以上の造船職人、彫刻師、宝飾職人が集められ、同年3月15日から再建が開始された。これには2000万ユーロの予算が費やされ、2年の歳月がかかるとみられているが、ブチャンタウロ財団の理事長であるColonel Giorgio Paternoは「われわれはできる限り早くこれを完成させようとしているが、急いでいるわけではない」っと語っている。これはカラマツやモミといった当時使われていた素材を使って当時の技術のまま作成していることや、金の装飾品なども再び作り直していることが長期間に渡る建造の原因である。この財団はヴェネト州やロンバルディア州の商人に支えられているほか、フランスのサルコジ大統領もナポレオンによる「破壊」の補償として支援に前向きな動きを見せている。ブチェンタウロ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・リュック・ロメロ

    ジャン・リュック・ロメロから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年フランス大統領選挙では国民運動連合のニコラ・サルコジ候補ではなくフランス民主連合のフランソワ・バイル候補を支援した。ジャン・リュック・ロメロ フレッシュアイペディアより)

215件中 91 - 100件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード