279件中 101 - 110件表示
  • フランソワ・バロワン

    フランソワ・バロワンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス政界においては、長年にわたりジャック・シラクを支持してきた。2007年フランス大統領選挙の有力候補であるニコラ・サルコジが大統領選挙に傾注することを理由に内務大臣辞任を表明し、サルコジの後任として内相に就任した。フランソワ・バロワン フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・エストロジ

    クリスチャン・エストロジから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    現在、共和党所属の国民議会議員であり、2008年からニース市長も兼務した。2016年6月よりニース第一副市長となっている。ニコラ・サルコジの支持者である。クリスチャン・エストロジ フレッシュアイペディアより)

  • 第1次ジャン=マルク・エロー内閣

    第1次ジャン=マルク・エロー内閣から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2012年5月6日、大統領選挙の第2回投票が実施され、社会党所属のフランソワ・オランドが国民運動連合所属で現職のニコラ・サルコジを下して当選した。第1次ジャン=マルク・エロー内閣 フレッシュアイペディアより)

  • クリアストリーム事件

    クリアストリーム事件から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    結局2004年にクリアストリームはルクセンブルクの捜査機関により不起訴処分とされたが、同じ年にこの一件はフランス政界を騒がせる一大スキャンダルに発展する。この年クリアストリームの隠し口座に関する匿名の告発状が軍艦売却事件を担当する予審判事に提出され、その中にはクリアストリームに隠し口座を持つフランスの政治家のリストが含まれていた。さらにそのリストの中には国民運動連合(UMP)の次期大統領有力候補で当時財政・経済相を務めていたニコラ・サルコジの名前もあった。7月には検察がこの疑惑に関する捜査を始めるが、10月に捜査当局は捜査の結果隠し口座は発見されず、リストは虚偽のものであると結論付けた報告書を提出し疑惑は収束するものと思われた。クリアストリーム事件 フレッシュアイペディアより)

  • 冥婚

    冥婚から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランスでは、民法において死後の婚姻が定められている。すなわち、将来の夫婦の一方が死亡し、死亡した者の承諾に疑いがない場合、大統領は、重大な理由があれば、婚姻を認めることができるものとされている(民法171条1項)。婚姻の効力は死亡した配偶者が死亡した前日に遡って生じる(同条2項)。もっとも、財産の相続権は生じないし、婚姻関係があったとみなされるわけでもない(同条3項)。この規定によって婚姻をした女性は、死亡した男性の姓を名乗ることができ、また、女性の子供は男性の子供として認知される。2009年には、アフガニスタン駐留中に戦死した兵士の婚約者の女性が、ニコラ・サルコジ大統領に死後の婚姻を認めるよう直訴して認められるという出来事もあった。冥婚 フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2006年12月には、もしニコラ・サルコジが大統領に選出された場合、国家連合内閣に参加する意思があることを、社会党への忠誠を前提とした上で明らかにしている。.ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • インゴ

    インゴから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス大統領ニコラ・サルコジに身長と顔が似ていることから、河崎実の映画『ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発』でフランス大統領ソルコジ役に抜擢された。同映画の公式サイトでは、監督日記に「今回の映画の飛び道具、彼の仕草のセンスは往年の有島一郎を彷彿させる」と記され、試写会ではビートたけしに演技を絶賛された。インゴ フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール=アンリ・レヴィ

    ベルナール=アンリ・レヴィから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2011年のリビア騒乱の際には、反カダフィ派への支援を惜しまず、旧知の仲であったフランス大統領ニコラ・サルコジにカダフィ政権打倒を目指す国民評議会議長ムスタファ・モハメド・アブドルジャリルとの会談を進言した。サルコジはこの進言を受け入れ、アブドルジャリルと会談を行った上で国民評議会をリビアの合法政権として政府承認した。ベルナール=アンリ・レヴィ フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・バイル

    フランソワ・バイルから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    続く2007年大統領選挙では、保守のニコラ・サルコジ国民運動連合総裁とフランス社会党のセゴレーヌ・ロワイヤルの2人が有力であったが、バイルは穏健で安定した語り口が有権者に安心感を与え、この2人に肉迫するようになった。同年3月8日付『パリジャン』紙ではバイルを含む3人が三つ巴の様相を呈していると報道、サルコジとロワイヤルに飽き足りない中間層から支持され、前回から大幅に得票を伸ばし682万119票(18.57%)を獲得し、3位につけた。中道志向を強めたバイルは、4月25日の決選投票ではサルコジ、ロワイヤルの両候補のいずれも支持をしないことを表明したが、国民運動連合との選挙協力によって当選したUDFの議員から反発され、多くの議員が国民運動連合に流れることとなった。バイルは、自身を支持する5名の議員とともに新党「民主運動」結成を発表、党首に就任した。フランソワ・バイル フレッシュアイペディアより)

  • 地中海

    地中海から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1995年、バルセロナで開かれた欧州・地中海会議において、欧州と非欧州の地中海沿岸諸国(マシュリクとマグリブ)との政治・経済・文化面での交流を深めるべく、欧州・地中海パートナーシップ(バルセロナ・プロセス)が発足した。この取り組みは一定の成果を上げ、この取り組みを下敷きとして2007年、フランス大統領のニコラ・サルコジが地中海連合を提唱し、2008年に欧州連合および地中海沿岸諸国の共同体として発足した。地中海 フレッシュアイペディアより)

279件中 101 - 110件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード