279件中 111 - 120件表示
  • 英仏関係

    英仏関係から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    両国の長い歴史上の差異や近年では元フランス大統領ジャック・シラクと元イギリス首相トニー・ブレア両首脳間の意見の不一致に起因する警戒心の鋭さを以て、最近の2国間関係は衷心から協力的なものとなっている。フランス人作家のJosé-Alain Fralonはこの関係について、イギリスを "our most dear enemies" (我々の最も親愛なる敵) と記述して特徴づけている。フランスのメディアからはトニー・ブレアはfrancophile (「フランスかぶれ」の意味) として扱われており、元フランス大統領ニコラ・サルコジも "Entente Cordiale" を "Entente amicale" へ (より友好的な、親密な関係へ) と転換する意志を表明している。英仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • エメ・セゼール

    エメ・セゼールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フォール・ド・フランス市長を引退後もマルティニーク島に多大な影響力を保ち、島を訪れる重要人物には政治色に拘わらず全員と面会するのを習慣としていた。ところが、2006年にはニコラ・サルコジ内相(当時)の面会要請を拒絶。このためサルコジは、マルティニーク島訪問中止を余儀なくされた。面会拒絶の理由は政権与党である国民運動連合 (UMP) が植民地主義を肯定する内容の教育カリキュラムを促進していることと、サルコジ自身がフランス暴動において若者を「社会のくず」呼ばわりしたことにある。2007年フランス大統領選挙では社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル候補と面会している。エメ・セゼール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    22日 - フランス大統領選挙が行われ、有効投票数の過半数を獲得した候補者は不在だったため、1位の野党・社会党のフランソワ・オランド前第一書記と2位で現職のニコラ・サルコジ大統領が5月6日に行われる決選投票に進出。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回20か国・地域首脳会合

    第3回20か国・地域首脳会合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    協議された議題の中には国際通貨基金(IMF)の抜本改革に関する提言があった。さらにフランスのニコラ・サルコジ大統領は、実施済みの対策に関する評価を行うことを提案した。第3回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • サラ・ペイリン

    サラ・ペイリンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    大統領選挙の直前には、サルコジ大統領になり済ました、カナダのコメディアンと電話でニセ「会談」した模様がすべて放送されてしまった。サラ・ペイリン フレッシュアイペディアより)

  • ジャスミン革命

    ジャスミン革命から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ベン=アリー大統領は、旧宗主国のフランスへの亡命を希望しパリに向かったが、ニコラ・サルコジ大統領がベン・アリー大統領の入国を拒否した。そこでサウジアラビアへ向かい、そこへ亡命した。脱出の際、ベン=アリー大統領の妻が中央銀行から1.5トンもの金塊を持ち出したと報じられた。一部の親族は乗り込んだ飛行機の機長に離陸を拒否され、拘束された。暫定政権は早い段階でベン=アリー前政権の関係者の身柄拘束に乗り出し、16日ごろにはすでにカシム前内務大臣など政権幹部の多くが拘束されたとの情報も流れた。ジャスミン革命 フレッシュアイペディアより)

  • フランス次期空母

    フランス次期空母から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年の大統領選挙では、一方の有力候補者であったフィリップ・ド・ヴィリエ(Philippe de Villiers)が2隻目にシャルル・ド・ゴール級の建造を支持していたが、CVF計画を支持していたニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)が選挙戦を勝ち抜いた。フランス次期空母 フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    このプレーは社会的にも大きな話題となり、フランスのニコラ・サルコジ大統領はアイルランドのブライアン・カウエン首相に謝罪の意を伝え、フランス教職員組合は疑念を表明した。国内メディアは「神の手(Main de Dieu)」に救われたフランス代表を酷評し、批判を浴びたアンリは代表引退も考えたと告白した。アイルランドサッカー協会はFIFAに再試合を要求し、のちには33チーム目の特別枠を申請したが、いずれも却下された。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ナイジェル・ファラージ

    ナイジェル・ファラージから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年、当時のフランス大統領ニコラ・サルコジに対してナイジェル・ファラージ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年ニーストラックテロ事件

    2016年ニーストラックテロ事件から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2016年7月14日、フランスのフランソワ・オランド大統領は2015年11月に発生したパリ同時多発テロ事件を受けて発令した非常事態宣言について、この2016年7月26日付けで解除する方針を明らかにしていた。オランド大統領は2015年11月のパリと今回のニースでのテロを防ぐことができなかったことで批判されている中、2016年7月17日にフランスの結束を呼びかけた。だがフランス共和党のニコラ・サルコジ党首は、過去18か月にわたってフランス政府がやるべき事をやっていないとしオランド大統領を非難した。その翌日にはフランスのマニュエル・ヴァルス首相がテロの犠牲者へ黙祷をする前後に群集からブーイングを浴びた。2016年ニーストラックテロ事件 フレッシュアイペディアより)

279件中 111 - 120件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード