279件中 121 - 130件表示
  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    メドヴェージェフは、「5日間戦争」(8月戦争)終結後の2008年8月31日、この戦争はロシアの勢力圏と現地に住むロシア人を守るために必要だったと訴えた。そして、ヨーロッパ連合(EU)の仲介によってようやく停戦合意にいたり、ロシアが南オセチアおよびアブハジアの主権を一方的に承認したうえで、9月に入ってから軍を撤退させたのであった。このとき、フランスのニコラ・サルコジ大統領はEU議長国の元首としてモスクワとトビリシのあいだを何度も往復し、停戦にむけての合意案を模索した。そのときのサルコジ大統領は熱中症で倒れてしまうのではないかと心配されるほど、政治的情熱を傾けて停戦合意形成のため奮闘した。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • エクス=アン=プロヴァンス政治学院

    エクス=アン=プロヴァンス政治学院から見たサルコジニコラ・サルコジ

    (高級公務員・サルコジ元大統領付文化担当アドバイザー)エクス=アン=プロヴァンス政治学院 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンパラシュート

    ゴールデンパラシュートから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年、ニコラ・サルコジがゴールデンパラシュートを規制する「loi de moralisation de la vie économique」(経済活動モラル法)の法律化を公約に掲げ、最終的に「労働・雇用・購買力法(TEPA 法)」が制定された。ゴールデンパラシュート フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・フィヨン

    フランソワ・フィヨンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年フランス大統領選挙では、ニコラ・サルコジの選挙参謀を務め、サルコジの下、首相就任へと至った。サルコジ政権下での唯一の首相であり、2012年、サルコジの大統領任期切れとともにフィヨンも首相を退任した。フランソワ・フィヨン フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ボヴェ

    ジョゼ・ボヴェから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ボヴェは、2002年フランス大統領選挙の際には「もしボヴェが立候補したら」というあるアンケートで「当選確実」というデータが出たという。2007年の大統領選で、その「国民的人気」と知名度からボヴェは左派の有力候補の一人として選挙戦を展開するものと思われたが、出馬表明の遅れと支持母体の基盤(反グローバリゼーション運動活動家の一部、緑の党内「オルタナティヴ派」、LCR反主流派の一部グループなど)の弱さからか483,008票(1.32%の得票率)に留まり、12人の候補者中10位という「惨敗」といえる結果となった(フランス中南部内陸部のいくつかの県では6位となっている)。前回大統領選における極右政党国民戦線のジャン=マリー・ル・ペン候補が決選投票に進出した衝撃から「左の左」支持層が「勝てる候補」に投票するという傾向を示し、また社会党セゴレーヌ・ロワイヤル候補の「(右派に勝てる)有効な投票を」という呼びかけが功を奏した結果、全体として「左の左」の各党候補が陥没した状況で、ボヴェもまた「逆風」を突破することは出来なかった。ボヴェは第一次投票の結果が出た直後に、ロワイヤル候補と右派のニコラ・サルコジの対決となった決選投票において、「反右派」の立場からロワイヤルへの投票を呼びかけた。ジョゼ・ボヴェ フレッシュアイペディアより)

  • エルヴェ・モラン

    エルヴェ・モランから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    これに対して、モランはUDF党内がニコラ・サルコジの国民運動連合よりであることを理由に、バイルとたもとを分かち、UDFの中道右派(のちの新党、新中道 Nouveau Centre)はサルコジ支持に回った。エルヴェ・モラン フレッシュアイペディアより)

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ゴリの町で戦闘が行われていた8月12日、ロシアの大統領メドヴェージェフは、グルジアでの軍事行動を終結するよう命令を出したとの談話を発表した。メドヴェージェフは「作戦は成功裏に終結し、平和維持軍と民間人の立場も回復した。侵略者は多大の損害を受けて消えうせた」と語っている。同じ8月12日の遅く、メドヴェージェフは欧州連合の理事会議長、フランス大統領のサルコジと面談し、サルコジの提案した6項目からなる和平案に同意した。その日の夜遅く、グルジア大統領のサアカシュヴィリも同意した。サルコジの最初の計画では、和平案は4項目だったが、ロシアが残り2項目を追加した。グルジアは追加の2項を付帯事項にするよう要望したが、ロシアが拒絶したため、サルコジがグルジアを説得して同意に漕ぎ着けた。8月14日、南オセチアの大統領エドゥアルド・ココイトゥイとアブハジアの大統領セルゲイ・バガプシュも和平案にサインした。南オセチア紛争 (2008年) フレッシュアイペディアより)

  • エリゼ宮殿

    エリゼ宮殿から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    画像:PR-2012-05-15 IMG 1630.jpg|玄関。2012年の権限移譲式で握手を交わすフランソワ・オランド(右)とニコラ・サルコジエリゼ宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • サヴィニー=シュル=オルジュ

    サヴィニー=シュル=オルジュから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    かつてパリ郊外のサンテュール・ルージュ(fr、共産党市長のいるコミューンの総称)に属したサヴィニーは、世論調査によれば現在は相対的に右派傾向である。2002年フランス大統領選挙では、ジャック・シラクが投票数約84%を獲得し、2007年フランス大統領選挙ではニコラ・サルコジが約53%、セゴレーヌ・ロワイヤルが約46%であった。サヴィニー=シュル=オルジュ フレッシュアイペディアより)

  • ポワシー

    ポワシーから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    かつてのポワシーは、長期にわたりフランス共産党を含む左派の牙城とされるコミューンであったが、現在は中道左派に移行している。2007年フランス大統領選挙の第一回投票では、ニコラ・サルコジが投票数の34.15%を獲得して首位となった。ポワシー フレッシュアイペディアより)

279件中 121 - 130件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード