279件中 11 - 20件表示
  • 17区 (パリ)

    17区 (パリ)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    セシリア・アティヤス(ニコラ・サルコジ前大統領の前妻) - 著名な写真家のJean-Daniel Lorieuxと56番地に80年代前半に居住。17区 (パリ) フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・オランド

    フランソワ・オランドから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2012年4月22日に施行された2012年フランス大統領選挙第1回投票で得票率28%を獲得し、現職のニコラ・サルコジを抑えて第1位となったが、過半数を獲得できなかったため、規定により5月6日の決選投票に持ち込まれた。5月6日の決選投票で過半数を獲得し、サルコジを下して初当選を果たした。フランソワ・オランド フレッシュアイペディアより)

  • 共和党 (フランス 2015-)

    共和党 (フランス 2015-)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    12月6日/13日 - フランスの13地域圏の地方選挙にて、共和党を中心とする中道右派勢力は41%の最大得票を得た(社会党を中心とする中道左派勢力が29%、極右勢力国民戦線(FN)は27%)。この選挙の二回目の投票では、与党・社会党がいくつかの選挙区で候補者を取り下げる戦術をとった。より正確に言えば、FNを敗北させるために社会党は共和党と共闘を呼びかけたが、共和党総裁のニコラ・サルコジ前大統領はその案に否定的であった。これをうけ社会党はさらに妥協し、社会党の候補者はいくつかの選挙区で棄権する事態になったのである。そのため社会党の票はそれらの選挙区では共和党に流れることなり、FNに不利な状況であった。マリーヌ・ル・ペンは社会党の戦術的棄権を「有権者から地域の代表を奪うような集団的自殺であり、社会党の終わりのはじまり」だと述べた。共和党 (フランス 2015-) フレッシュアイペディアより)

  • ドミニク・ド・ビルパン

    ドミニク・ド・ビルパンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    また2006年には、就業率を上げるために2006年3月に26歳以下の若者を2年以内の雇用なら理由なく解雇できるという青年雇用対策「初期雇用契約」(CPE)を首相・内閣先導で強行制定したが、この法案が逆に若者を怒らせる結果となり、フランス国内の大学での抗議活動が激化、若者が暴徒化し警官隊と衝突した。各企業・自治体・交通機関でもこのCPE法廃止を求めストライキへ突入。3月28日にはフランス国内のほとんどの交通機関でストライキの影響によって交通マヒを起こす事態となった。次期大統領候補としてのライバルでもある与党国民運動連合党首ニコラ・サルコジが融和姿勢を示す中、妥協案を頑なに拒否していたが、4月10日、シラクがCPEの事実上の撤回を決断したことで、政治的に大きなダメージを受けた。追い討ちをかけるように、外相時代にサルコジのスキャンダル(のちに事実無根と判明)を情報機関に探らせていたのではないかとの疑惑(クリアストリーム事件)が持ち上がり、窮地に陥った。ドミニク・ド・ビルパン フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年 - シラクが大統領を退任。後任のニコラ・サルコジは相撲批判などで知られる。シラクが日本の東京相和銀行(現在の東京スター銀行)に約50億円の口座を持つという不正蓄財疑惑などが指摘されるが、本人が否定。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • ヌイイ=シュル=セーヌ

    ヌイイ=シュル=セーヌから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    母リリアンヌが年下愛人に1470億円あまりを貢ぎ、母娘間で相続財産を巡る法廷闘争に突入。それに留まらず当時のニコラ・サルコジ大統領らの政界疑獄へ発展した。「6区 (パリ)」も参照ヌイイ=シュル=セーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    また、トルコのEU加盟に関してクルド人問題、キプロス問題と共に焦点となっているのはアルメニア人虐殺問題である。トルコ政府はアルメニア人虐殺を正式に認めておらず、国内に50万人規模のアルメニア系住民を抱えているフランス等のEU加盟国が、トルコ政府の責任を追及している。2011年、フランス与党の国民運動連合は、旧オスマン帝国によるアルメニア人虐殺を公の場で否定すれば禁錮・罰金刑を科すという趣旨の法案を下院に提出。これにトルコ政府が反発し法案の取り下げを迫ったものの、12月に法案が可決され、トルコ・フランス両国間での経済・軍事・政治的な協議が打ち切られた。同年11月、イギリスを公式訪問したアブドゥラー・ギュル大統領は、トルコのEU加盟交渉に進展がないことに対し「このままではEU加盟に関する国民の支持が得られなくなる可能性がある。」と語った。2012年2月28日、フランス憲法会議は、表現の自由などに抵触するものとし、この法案を「違憲」と判断した。これによりトルコ・フランス両国の関係は改善に向かったが、ニコラ・サルコジ仏大統領はこの決議に反発し、政府に同趣旨の法案を作成する指示を出した。しかし、この一連のサルコジ大統領の対応は、4月の大統領選に向け、アルメニア系住人票を目当てとした選挙対策であるという批判もあがっている。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • 16区 (パリ)

    16区 (パリ)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジ(元大統領) - ブッフレ伯爵夫人 (fr) やモンモランシー公の所有邸宅跡にあるヴィラないしゲーテッド・コミュニティの"ヴィラ・モンモランシー (Villa Montmorency) " に大統領退任後を通じて居住16区 (パリ) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年

    2007年から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    4月22日 - ジャック・シラクの任期満了に伴うフランス大統領選挙。過半数を獲得した候補がいなかったため、1位のニコラ・サルコジ前内相と2位のセゴレーヌ・ロワイヤル元環境相による決選投票選挙を5月6日に行う。2007年 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・アスリノ

    フランソワ・アスリノから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2000年7月27日は、オー・ド・セーヌ県会副会長になり、経済と国際情勢を担当。2001年3月、シャルル・パスクワとジャン・チベリの合意のもと、第19区の比例代表の名簿においてトップに指名され、社会党と共和国連合・フランス民主連合と戦い、パリ市議会議員に当選する。2001年5月23日からニコラ・サルコジがシャルル・パスクワに引き継ぐ2004年3月30日まで、オー・ド・セーヌ県会にてシャルル・パスクワの官房長をつとめる。フランソワ・アスリノ フレッシュアイペディアより)

279件中 11 - 20件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード