215件中 21 - 30件表示
  • サルコジ

    サルコジから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • アキテーヌ (駆逐艦)

    アキテーヌ (駆逐艦)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    「アキテーヌ」は、DCNSロリアン工廠で建造され、2007年3月16日に起工、2010年4月30日に進水、2010年5月4日にニコラ・サルコジ大統領や国防相および海軍幹部他が臨席のもとで正式に進水・命名され、2012年頃に就役する予定。アキテーヌ (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイタリア

    2009年のイタリアから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2月24日 - ベルルスコーニ首相、ローマでサルコジ仏大統領と会談。会談後の共同記者会見の際、同首相が「あなたの彼女は、私があげた」と仏大統領に対して話しかけていたことが判明。仏大統領夫人のカーラ・ブルーニがイタリア生まれであることを踏まえた発言と見られている。この発言は物議をかもし、野党民主党の女性議員らは、女性の尊厳を傷つけるものとして欧州人権裁判所に提訴した 。2009年のイタリア フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のイギリス

    2009年のイギリスから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ノルマンディー上陸作戦65周年記念式典、フランス・ノルマンディーのコルビル=シュル=メールにある米軍基地で挙行。ブラウン首相のほか、オバマ米大統領、サルコジ仏大統領、ハーパー加首相らが参列した。式典に先立ち、エリザベス女王が招待されていないことが判明し、これをイギリスのメディアが「侮辱」と受け止めて、騒ぎとなる一幕があった 。2009年のイギリス フレッシュアイペディアより)

  • 第1回20か国・地域首脳会合

    第1回20か国・地域首脳会合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    このサミットは、フランス大統領ニコラ・サルコジとイギリスの首相ゴードン・ブラウンの働きがけによって開催されることになったものである。第1回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • クリスチャン・エストロジ

    クリスチャン・エストロジから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    クリスチャン・エストロジ ( Christian Estrosi, 1955年7月1日 - ) は、フランスの政治家。ニース出身のイタリア系フランス人。現在国民議会議員であり、2008年からニース市長も兼務している。ニコラ・サルコジの支持者である。クリスチャン・エストロジ フレッシュアイペディアより)

  • 戦略空軍 (フランス軍)

    戦略空軍 (フランス軍)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年には現役の戦略空軍用基地はサン=ディジエ=ロバンソン空軍基地、イストル=ル・テュベ空軍基地、アヴォール空軍基地、リュクスイユ=サンソヴェール空軍基地およびモン=ド=マルサン空軍基地の計5ヶ所となっている。2008年3月にニコラ・サルコジ共和国大統領の発表により戦略空軍は保有機40機態勢に縮小された上でリュクスイユ基地とモン=ド=マルサン基地の2ヶ所が閉鎖される予定。戦略空軍 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • パリ=サン=ラザール - ル・アーブル線

    パリ=サン=ラザール - ル・アーブル線から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ノルマンディー=ヴァル・ド・セーヌ高速連絡(liaison rapide Normandie-Val de Seine)計画はパリ - ル・アーブル線の改良、最終的にはノルマンディーとシャルル・ド・ゴール国際空港を直結する事を目的としている。RER E線を西側に延長して、利用し、また、CDGエクスプレス用の線路を走行する。この計画は2001年のLGVノルマンディー計画破棄の後に作成された。2009年6月のフランス共和国大統領ニコラ・サルコジによる発表以来、LGVノルマンディー計画は再び活発になり、環境グルネル(:fr:Grenelle Environnement)のプロジェクトに組み込まれたが、ノルマンディー=ヴァル・ド・セーヌ高速連絡計画は現在も修正されつつ存続している。パリ=サン=ラザール - ル・アーブル線 フレッシュアイペディアより)

  • クリアストリーム事件

    クリアストリーム事件から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    結局2004年にクリアストリームはルクセンブルクの捜査機関により不起訴処分とされたが、同じ年にこの一件はフランス政界を騒がせる一大スキャンダルに発展する。この年クリアストリームの隠し口座に関する匿名の告発状が軍艦売却事件を担当する予審判事に提出され、その中にはクリアストリームに隠し口座を持つフランスの政治家のリストが含まれていた。さらにそのリストの中には国民運動連合(UMP)の次期大統領有力候補で当時財政・経済相を務めていたニコラ・サルコジの名前もあった。7月には検察がこの疑惑に関する捜査を始めるが、10月に捜査当局は捜査の結果隠し口座は発見されず、リストは虚偽のものであると結論付けた報告書を提出し疑惑は収束するものと思われた。クリアストリーム事件 フレッシュアイペディアより)

  • GDFスエズ

    GDFスエズから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス政府はGDFの発行済株式数を80%以上保有していたため、2社の合併のためには法律を改正する必要があった。サルコジ大統領はド・ヴィルパンの2社合併案に最初は反対していたものの、イタリアの電力会社エネルの買収から逃れるために、最終的にド・ヴィルパン案を受け入れた。GDFとスエズの合併案は合併案提示以前の3年間、電力料金引き上げを抑えていたため、合併されると電力料金を引き上げかねないと理由で極左政党から、また、左翼ド・ゴール主義者や 労働組合からは合併の経緯が不透明だと非難された。GDFスエズ フレッシュアイペディアより)

215件中 21 - 30件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード