215件中 31 - 40件表示
  • ヴァイマール三角連合

    ヴァイマール三角連合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    近年はその役割が再度重要視されつつあり、特にドイツとポーランドの総合的な政治的協力関係が深化している。ヴァイマール三国は欧州連合の集団安全保障に関する問題にも共同で取り組んでおり、2010年12月には欧州委員会あてに共同書簡を提出、欧州連合の加盟国の軍事的統合を強く訴えている。2011年2月のヴァイマール三国首脳(ニコラ・サルコジ、アンゲラ・メルケル、ブロニスワフ・コモロフスキ)会談ではこの方針が首脳同士で確認された。ヴァイマール三角連合 フレッシュアイペディアより)

  • 第3回20か国・地域首脳会合

    第3回20か国・地域首脳会合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    協議された議題の中には国際通貨基金(IMF)の抜本改革に関する提言があった。さらにフランスのニコラ・サルコジ大統領は、実施済みの対策に関する評価を行うことを提案した。第3回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • G14 (サミット)

    G14 (サミット)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ドイツの首相アンゲラ・メルケルはG8国と5つの新興国との永久的な対話の完全な制度化が実行される「ハイリゲンダムの過程」の設立を発表した。2007年にニコラ・サルコジは、「ブラジル、中国、インド、メキシコ、および南アフリカがG8のメンバーになるべきである」と提案した。2008年10月に、フランスは、G8の拡張提案にエジプトを加えることを提案し、G14と命名された。しかし中華人民共和国のような一党独裁国や、エジプトのような終身元首制度を持つ国の加盟に対する拒否的意見もある。G14 (サミット) フレッシュアイペディアより)

  • コマンダン・デュキン (通報艦)

    コマンダン・デュキン (通報艦)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年11月から2008年に2月にかけて世界食糧計画によるソマリア難民向け援助食糧を輸送する船団を護衛する任務に就く。ソマリア沖ではソマリア沖の海賊による被害が増加傾向にあり、9月25日の第62回国連総会にてニコラ・サルコジ大統領は船団護衛のため約2ヶ月間にわたり護衛部隊を派遣することを提案した。これを受けて海軍は本艦は「F792 プルミエ=メートル・レール」と共に10月15日にトゥーロンを出港し11月16日にケニア・モンバサを出港し第1回目の護衛を開始する。翌2008年2月2日にデンマーク海軍に任務を引き継ぐ。コマンダン・デュキン (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のアメリカ合衆国

    2009年のアメリカ合衆国から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    6月5日 - ノルマンディー上陸作戦65周年記念式典、フランス・ノルマンディーのコルビル=シュル=メールにある米軍基地で挙行。オバマ大統領のほか、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相、ハーパー加首相らが参列した 。2009年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のカナダ

    2009年のカナダから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    6月5日 - ノルマンディー上陸作戦65周年記念式典、フランス・ノルマンディーのコルビル=シュル=メールにある米軍基地で挙行。ハーパー首相のほか、オバマ米大統領、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相らが参列した 。2009年のカナダ フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアール・バラデュール

    エドゥアール・バラデュールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1993年の総選挙で、社会党は一連のスキャンダル事件のため大敗北を喫し、第2次コアビタシオンが成立する。しかし、シラクはミッテランの下で首相に就任することを拒否したため、バラデュールに首相の地位が回ってきた。ここにバラデュール内閣が成立する。首相になったバラデュールは、穏健な政治姿勢と着実な政治手腕によって国民的支持を集め、次第に共和国連合総裁であるシラクから離反するようになる。さらに、党内の実力者で内相として入閣していたシャルル・パスクワの支持を得て、次期大統領選挙に立候補を決定する。こうして1995年の大統領選挙では、右派・保守陣営はシラク派とバラデュール派に分裂する。当初、バラデュールは支持率において候補者中の1位であったが、次第にシラクと社会党第一書記のリオネル・ジョスパンの間に埋没し、第1回投票における得票率は18.5%、第3位に留まり、大統領選挙から脱落した。結局、この大統領選挙ではシラクが勝利した。選挙後、シラクは当然のごとく、バラデュール及びバラデュールの支持者を冷遇した。この中には、後の大統領ニコラ・サルコジがいる。エドゥアール・バラデュール フレッシュアイペディアより)

  • Rue89

    Rue89から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    当時のサルコジ候補(現大統領)のセシリア夫人が(仏大統領選・決選投票を棄権したことを真っ先に報じたことで、一躍有名になった。Rue89 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・バイル

    フランソワ・バイルから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年大統領選挙では、保守のニコラ・サルコジ国民運動連合総裁とフランス社会党のセゴレーヌ・ロワイヤルが有力であったが、バイルは穏健で安定した語り口が有権者に安心感を与えてこの二人に肉迫するようになった。3月8日付けパリジャン紙ではバイルを含む三人が三つ巴の様相を呈していると報道、サルコジとロワイヤルに飽き足りない中間層から支持され、682万119票(18.57パーセント)を獲得し、3位につけた。中道志向を強めたバイルは、4月25日決選投票ではサルコジ、ロワイヤルの両候補、いずれも支持をしないことを表明したが、国民運動連合との選挙協力によって当選した、フランス民主連合の議員から反発され、多くの議員が国民運動連合に流れることとなった。バイルは、自分を支持する5名の議員とともに新党、「民主運動」結成を発表した。フランソワ・バイル フレッシュアイペディアより)

  • リスボン条約

    リスボン条約から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    イギリスにおいてリスボン条約は議論を呼んでいる。与党労働党は欧州憲法条約の批准にあたって国民投票の実施を掲げていたが、同国首相トニー・ブレアは、新たな改革条約については国民投票の実施の必要はないと述べている。リスボン条約には憲法条約で提唱された欧州連合の基本的な枠組みへの変革策を多く含まれているため、メディアではイギリス世論において新たな改革条約についての国民投票が実施されるべきだと報じていた。これに応じて、ブレアとその後任となることが決まっていたゴードン・ブラウンは、新条約では、欧州連合としての外交政策やコモン・ロー(基本権憲章がイギリスに対して法的効力を持たない内容)、社会政策、税法について拒否権が残ることから「レッド・ライン」を越えていないとして、国民投票の実施は必要ないと述べている。ブレアが妥結に至ったと主張しているが、欧州連合には外交担当機関が数多く残っており、つまり欧州連合はイギリスの利益とは関係なく外交政策を運営することとなるため、ブレアの外交政策に関する適用除外の実際の有効性に疑問が投げかけられた。また欧州連合の目的から「自由で歪みのない」という言葉が除かれたことも関心を集めた。これはフランス大統領ニコラ・サルコジが求めたことで、サルコジはこの文言について思想的な目標ではなく目的達成のための手段として用いられていると考えていた。リスボン条約 フレッシュアイペディアより)

215件中 31 - 40件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード