215件中 41 - 50件表示
  • 反資本主義新党

    反資本主義新党から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    当面の方針として、ニコラ・サルコジ政権による公共サービスの破壊に反対し、労働者の雇用の防衛、またアフガニスタンからのフランス軍派遣部隊の撤退、イスラエルによるパレスチナ軍事占領反対などを掲げている。反資本主義新党 フレッシュアイペディアより)

  • トリカスタン原子力地区

    トリカスタン原子力地区から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年7月にニコラ・サルコジ大統領はフランス国内第2弾となる欧州加圧水型炉の建設方針を打ち出し、5つの候補地を発表した(他にはフランマンヴィル、パンリー、ショーおよびマルクールが挙がった)。しかし、最終的に建設地はパンリー原子力発電所に決定される。2010年2月、GDFスエズ社は地区内に原子炉を建造する予定であるが、これはアトメア社(:fr:ATMEA)製欧州加圧水型原子炉が選ばれている。トリカスタン原子力地区 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年パリ爆弾脅迫事件

    2008年パリ爆弾脅迫事件から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    この事態を受け、ミシェル・アリヨ=マリー内務大臣とベルトラン・ドラノエパリ市長が現場に急行した。アリヨ=マリー内相は記者達を前に「発見したダイナマイトは爆発を意図したものではなかった」と説明した。ストラスブールにいたニコラ・サルコジ大統領は現地から「保安担当者が爆弾の内容を分析している」と伝えた。ジェラール・ガシェ内務広報官は事件発生の前の週から警戒を強化するため警察官1,500名を増員展開していたことを伝えた。2008年パリ爆弾脅迫事件 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・デュポン=エニャン

    ニコラ・デュポン=エニャンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年1月13日にニコラ・サルコジ党首(当時)の路線に対立して国民運動連合を離党する。ニコラ・デュポン=エニャン フレッシュアイペディアより)

  • 欧州理事会議長

    欧州理事会議長から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    リスボン条約では欧州理事会議長の選任手続きが定められておらず、公の場での発言や憶測などが飛び交う中で様々な人物が候補に挙がった。2007年11月19日にフランスの大統領ニコラ・サルコジは常任議長の候補としてトニー・ブレア、フェリペ・ゴンサレス、ジャン=クロード・ユンケルの名を私見として挙げ、特にブレアについては長らく最有力候補と目されてきた。ところがブレアに対してはイラク戦争を開戦したことや、出身国イギリスがユーロ圏やシェンゲン圏に入っていないということもあって、常任議長にはふさわしくないとする強い反発が起こった。欧州理事会議長 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ・フランス合同旅団

    ドイツ・フランス合同旅団から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    従来、フランスの部隊がドイツに駐留する一方、ドイツの部隊がフランスに駐留していなかったが、2009年2月にニコラ・サルコジフランス大統領とアンゲラ・メルケルドイツ首相とが合意した内容に基づき、2010年12月10日、ドイツの歩兵大隊335人がフランスのストラスブール郊外の駐屯地で駐留を開始した。既に一部は、4月から現地に入っていた。2012年に全体が揃うと600人規模になる予定。ドイツの戦闘部隊がフランスに駐留するのは、第二次世界大戦におけるナチス・ドイツによるフランス占領の後、初めてであり、両国の歴史的な和解・友好・協力を象徴する。ドイツ・フランス合同旅団 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの大量破壊兵器

    フランスの大量破壊兵器から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年3月21日に、ニコラ・サルコジ大統領はフランスの核兵器保有量を3分の1に削減するとした。これによりフランスの核弾頭保有量は300発以下となる見通し。フランスの大量破壊兵器 フレッシュアイペディアより)

  • サンドリーヌ・ベリエ

    サンドリーヌ・ベリエから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    パリ第十一大学とストラスブール第三大学を在学して、環境法律修士と人権専攻公法学の修士を合格した。1997年から環境保護非利益団体で活動するという。2008年フランス・自然・環境協会長に一任された。サルコジ元フランス大統領によって望まれた環境グルネ-ルという持続可能な開発について考えるワークショップに出席した。しかしながら、ベリエにとって不十分な決議があったため、早めに退職して、ヨーロッパ・エコロジー運動を入会した。サンドリーヌ・ベリエ フレッシュアイペディアより)

  • 南オセチア紛争

    南オセチア紛争から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年8月13日 EU議長国フランス、ニコラ・サルコジ大統領の紛争調停により、ロシアとグルジアが和平案に合意。南オセチア紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 冬の子供たち

    冬の子供たちから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    「アウンサンスーチー」は、ミャンマーの人権活動家アウンサンスーチーを支援すべきと訴えたプロテストソングで、アムネスティ報告書からの引用の朗読も含む内容。2007年の反政府デモを背景に作られた曲で、バーキンは、世界中の人に歌詞を理解してもらうために英語詞で歌ったという趣旨のコメントをしている。バーキンは、フランスの石油企業トタルによる資本投下を批判し、ニコラ・サルコジ大統領に同社をミャンマーから撤退させるように呼びかけようとしたが、結果は出なかったため、自分達に何ができるかを人々に伝えようと思ったという。冬の子供たち フレッシュアイペディアより)

215件中 41 - 50件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード