215件中 61 - 70件表示
  • フランソワ・バロワン

    フランソワ・バロワンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス政界においては、長年にわたりジャック・シラクを支持してきた。2007年フランス大統領選挙の有力候補であるニコラ・サルコジが大統領選挙に傾注することを理由に内務大臣辞任を表明し、サルコジの後任として内相に就任した。フランソワ・バロワン フレッシュアイペディアより)

  • ル・テリブル (原子力潜水艦・2代)

    ル・テリブル (原子力潜水艦・2代)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年3月21日にDCNCシェルブール造船所で挙行された進水式では、ニコラ・サルコジ大統領の手により進水した。M51SLBMの発射試験などを行った後、初のM51搭載艦として2010年9月に就役した。ル・テリブル (原子力潜水艦・2代) フレッシュアイペディアより)

  • エメ・セゼール

    エメ・セゼールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フォール・ド・フランス市長を引退後もマルティニーク島に多大な影響力を保ち、島を訪れる重要人物には政治色に拘わらず全員と面会するのを習慣としていた。ところが、2006年にはニコラ・サルコジ内相(当時)の面会要請を拒絶。このためサルコジは、マルティニーク島訪問中止を余儀なくされた。面会拒絶の理由は政権与党である国民運動連合 (UMP) が植民地主義を肯定する内容の教育カリキュラムを促進していることと、サルコジ自身がフランス暴動において若者を「社会のくず」呼ばわりしたことにある。2007年フランス大統領選挙では社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル候補と面会している。エメ・セゼール フレッシュアイペディアより)

  • オリヴィエ・ブザンスノ

    オリヴィエ・ブザンスノから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    現在、2009年2月に始動した反資本主義新党の指導部である全国政治評議会のメンバーで、メインスポークスパーソンとして活動する。しかし、2011年3月末に行われたフランスの県議会議員選挙後の4月4日にメイン・スポークスパーソン職をミリアム・マルタンとクリスティン・プーパンの二人に引き継いだ。また、2012年実施予定の大統領選で現職大統領ニコラ・サルコジの有力対抗馬になり得る存在と目されていたが、5月初頭に2012年の大統領選には立候補しないことを明らかにした。オリヴィエ・ブザンスノ フレッシュアイペディアより)

  • フランス民主連合

    フランス民主連合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1998年には、かつての共和党の流れを汲む議員の一部が自由民主党を結成して離党。さらに、ド・ゴール派と非ド・ゴール派の垣根を越えた中道右派勢力の結集を目指して、2002年に国民運動連合(UMP)が結成されると、創設者であるジスカール・デスタンを含む多数の政治家がUMPに移籍した。その結果、UDFはフランソワ・バイルの下に中道色を強め、社会自由主義政党として位置づけられるようになった。さらに、2007年大統領選挙での健闘を受け、バイルは、中道勢力の結集を図るべく民主運動を結成し、UDFの発展的解消を表明した。これに反発したUDF所属議員の多数は、大統領ニコラ・サルコジへの支持を打ち出して新中道を結成。UDFは分裂し、事実上消滅した。フランス民主連合 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=クロード・ゴーダン

    ジャン=クロード・ゴーダンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    国民議会]]議員。マルセイユのマザルグ区(Mazargues)出身。1995年からマルセイユ市長。2002年から国民運動連合副党首となり、ニコラ・サルコジの下で総裁代行を勤める。ジャン=クロード・ゴーダン フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・パスクワ

    シャルル・パスクワから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年大統領選挙の有力候補者で、内相、国民運動連合総裁のニコラ・サルコジとは、1975年にサルコジがオー・ド・セーヌ県議会議員に当選して以来の強い結びつきを持つ。サルコジ自身、パスクワについて「誰でも、私が彼(パスクワ)の分身であるということを知っている」と話している。シャルル・パスクワ フレッシュアイペディアより)

  • ド・ゴール主義

    ド・ゴール主義から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    しかし後年、シラクは親ヨーロッパ的(親EU)スタンスをとるようになった。それゆえ、右派の中には、シャルル・パスクワのように、シラクと彼の政党を「真のド・ゴール主義者」ではないと非難している者もいる。シラクの後任であるニコラ・サルコジ大統領は、フランスがNATOに完全に復帰するという決定を2009年に下した。この決定は野党だけでなく、与党の国民運動連合の内部においても、とくにアメリカとの関係におけるフランスの独自的立場を損ねるものとして「ゴーリスト」たちの反発を招いた。ド・ゴール主義 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年フランス議会総選挙

    2012年フランス議会総選挙から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    国民運動連合は大統領選挙でのニコラ・サルコジの敗北に続き大きく議席を減らし、クロード・ゲアン前内相やミシェル・アリヨマリ元外相などの大物議員が落選した。2002年の結党以来、国民運動連合としては初の過半数割れとなった。2012年フランス議会総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • エルヴェ・モラン

    エルヴェ・モランから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    これに対して、モランはUDF党内がニコラ・サルコジの国民運動連合よりであることを理由に、バイルとたもとを分かち、UDFの中道右派(のちの新党、新中道 Nouveau Centre)はサルコジ支持に回った。エルヴェ・モラン フレッシュアイペディアより)

215件中 61 - 70件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード