279件中 71 - 80件表示
  • 丙寅洋擾

    丙寅洋擾から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    朝鮮ではフランスへの戦勝で孤立主義を唱えた大院君の威信が高まり、その後のジェネラル・シャーマン号事件と辛未洋擾、更には日本との対峙へと繋がっていった。他にフランスの掠奪によって外奎章閣(王室の文書館・奎章閣の別館で、1781年以降江華島に設けられていた)に保管されていた王室関係記録「外奎章閣図書」が持ち出され、フランス国立博物館の朝鮮美術における重要所蔵物として保管されている。後に韓国政府は掠奪美術品の返還を求め、2010年になってフランス政府が交渉に応じる事が報道された。2011年6月、ニコラ・サルコジ大統領の決定により全ての外奎章閣図書が返還され、現在は韓国国立美術館に保管されている。丙寅洋擾 フレッシュアイペディアより)

  • ル・テリブル (原子力潜水艦・2代)

    ル・テリブル (原子力潜水艦・2代)から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2008年3月21日にDCNCシェルブール造船所で挙行された進水式では、ニコラ・サルコジ大統領の手により進水した。M51SLBMの発射試験などを行った後、初のM51搭載艦として2010年9月に就役した。ル・テリブル (原子力潜水艦・2代) フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電所反対デモ

    原子力発電所反対デモから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    。しかし、フランス社会党は2012年、福島第一原発事故発生後の世論の高まりを受け数十年来の原発推進政策を転換し、今後20から30年で原発を廃棄する方針へと転じ、2012年フランス大統領選挙では、フランス社会党の支持を受け、「減原発」を訴えるフランソワ・オランドが現職のニコラ・サルコジ大統領を破り、大統領に当選した。原子力発電所反対デモ フレッシュアイペディアより)

  • アンドルゼ

    アンドルゼから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2014年、サントル・モージュ自治体間連合に属するコミューン全てが合併してコミューン・ヌーヴェル(fr、サルコジ政権時代に成立したフランス国家領土改革法にのっとり、合併して誕生したコミューンの名称)となる計画が持ち上がった。2015年7月2日、自治体間連合内の全てのコミューンは、2015年12月15日にコミューン・ヌーヴェル、ボープレオ=アン=モージュ(Beaupréau-en-Mauges)となることを可決した。アンドルゼ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合競争法

    欧州連合競争法から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    また経済発展における競争法の有効性や公共事業の実施の障害となる規定について懐疑的である論調もある。フランス大統領ニコラ・サルコジは欧州連合条約の前文にある「自由で歪みのない競争」の目標を削除することを提唱した。これを受けて競争法自体は変更がなされなかったものの、「完全雇用」や「社会発展」などの前文で掲げられていた目標は、「自由競争」が単に手段とされた一方で、これらは特異なものとして役割を終えたとされた。欧州連合競争法 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ルイ・ドブレ

    ジャン・ルイ・ドブレから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2002年下院議長に選出される。2007年2月23日ジャック・シラク大統領によって憲法評議会議長に指名された。シラク直系であり、2007年大統領選挙の国民運動連合候補だったニコラ・サルコジに対してはシラク同様、批判的である。ジャン・ルイ・ドブレ フレッシュアイペディアより)

  • ナタリー・コシュースコ=モリゼ

    ナタリー・コシュースコ=モリゼから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    南京市を訪問中であったが、訪日するニコラ・サルコジ大統領に同道する。4月2日、仙台市役所を訪問し奥山恵美子市長と会談、復興支援を申し出た。コシュースコ=モリゼは奥山市長に対して「必要であれば、優れた技術者を早期に多くの地区に派遣できるようにしたい。」と話した。更に仙台市東部に津波によって海水が浸入したことに対しては「フランス南部にも塩害の問題があり、長年研究されている。早急に対応すべき問題だ。」と指摘した。ナタリー・コシュースコ=モリゼ フレッシュアイペディアより)

  • 第1回20か国・地域首脳会合

    第1回20か国・地域首脳会合から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    このサミットは、フランス大統領ニコラ・サルコジとイギリスの首相ゴードン・ブラウンの働きがけによって開催されることになったものである。第1回20か国・地域首脳会合 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たサルコジ大統領ニコラ・サルコジ

    この反日感情には、靖国神社問題が背景にあったと思われる。靖国神社参拝を行わなかった福田康夫首相と胡錦涛主席との会談で、胡錦涛は日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに柔軟姿勢を示した。また対日穏健派の金大中前大統領も、常任理事国入りを支持していた。また同じく鳩山由紀夫首相の際に、サルコジ大統領は「世界第二の経済大国である日本が二次大戦の敗戦国であるという理由だけで常任理事国になっていないことはおかしい」と発言したが、デモは起きずネットユーザだけの批判だった。2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • ダチアン・チョロシュ

    ダチアン・チョロシュから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    11月末、バローゾはチョロシュを農業担当委員に指名した。バローゾはチョロシュについて、提案された候補者のなかで「最も有能な」人物であると述べ、チョロシュの農業・農村開発に関する「近代的なビジョン」を称賛した。イギリスの雑誌「ファーマーズ・ウィークリー」は、ルーマニアがEUの資金を不適切な形で管理していたことを挙げて、この指名を「物議をかもす選択」としたが、チョロシュの「広範な農業における経験」は認めた。イングランド・ウェールズ全国農業組合とスコットランド全国農業組合も、この指名を歓迎した。イタリアのルカ・ツァイア農務相とフランスのニコラ・サルコジ大統領も同様に、チョロシュに祝辞を述べた。ドイツ通信社とイギリスの新聞「インデペンデント」はともに、資金の不適切処理問題との関連でこの指名を批判したが、フランスの日刊紙「ウェスト=フランス」は、イギリスが憤慨しているのは、チョロシュとフランスとの強い結びつきを考慮すると、彼は2人目のフランスの欧州委員も同然であると認識しているからだと主張した。ダチアン・チョロシュ フレッシュアイペディアより)

279件中 71 - 80件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード