215件中 71 - 80件表示
  • リリアンヌ・ベタンクール

    リリアンヌ・ベタンクールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    かねて合法的に政党や政治家への献金を行ってきたが、2010年になってニコラ・サルコジの大統領選挙キャンペーンを非合法的に支援していた疑いが報道された(ベタンクール事件)。リリアンヌ・ベタンクール フレッシュアイペディアより)

  • セシリア・アティヤス

    セシリア・アティヤスから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    セシリア・マリア・サラ・イザベル・シガネール=アルベニス(Cécilia María Sara Isabel Ciganer-Albéniz、1957年11月12日 - )はフランス大統領ニコラ・サルコジの前妻。セシリア・アティヤス フレッシュアイペディアより)

  • 急進党

    急進党から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    現在も中道より少し右の政治的立場をとっている。上述の通りフランス民主連合に所属する議員が多かったが、その後は国民運動連合に加わり、2002年フランス大統領選挙第1回投票ではジャック・シラク候補を支持した。2007年の国民議会(下院)選挙で国民運動連合から17人の下院議員を当選させたが、2012年の選挙では前年にニコラ・サルコジ大統領を批判して中道寄り路線(中道右派)を強め、国民運動連合を離脱した影響もあり6議席に後退した。また元老院(上院)では5人が会派「民主社会欧州連合」に、2人が国民運動連合会派に分かれて所属している。急進党 フレッシュアイペディアより)

  • フランス共産党

    フランス共産党から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ビュフェは大統領選第一次投票で、707,327票の得票(得票率1.94%)の12人の候補者中7位に留まり、前回の3.37%からさらに後退した。「トロツキスト候補」であるLCRのオリヴィエ・ブザンスノー候補にも大きく水を開けられ(ブザンスノーは4.11%を獲得)、この間の共産党の退潮傾向にさらに拍車をかける結果となった。フランス共産党は、フランス社会党のセゴレーヌ・ロワイヤル候補と右派のニコラ・サルコジ候補の対決となった決選投票において、ロワイヤルへの投票を呼びかけた。フランス共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人労働者

    外国人労働者から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2006年に、ニコラ・サルコジ内相が主導となって進めていた、新移民法が可決される。この法案の骨子は"Immigration choisie"(選別される移民)とよばれ、移民の滞在資格選抜の厳格化にある。この法律には、仏人の配偶者などの滞在資格審査の厳格化、高い技術と才能を持つ外国人の滞在資格の新設、移民のフランス語教育及びフランスの市民教育の義務化などが盛り込まれている。外国人労働者 フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・ジョスパン

    リオネル・ジョスパンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2005年ごろから著書を発表するなど活動を活発化させ、2007年フランス大統領選挙にむけて社会党が候補者に決め手を欠く中、様々な憶測を呼んできた。また、世論調査でも常に2007年の大統領選挙の候補として一定の支持を得てきた。しかし、左派の大統領候補としてセゴレーヌ・ロワイヤルが台頭すると、2006年6月にジョスパンはTF1の放送に出演して「状況が整えば出馬する準備はある」と語り、続く8月の社会党夏季セミナーでは引退後初の公式演説をし、出馬宣言を期待されたが、ロワイヤル候補の批判と自らの首相時代の実績をアピールするにとどめた。左派系の候補としては最後までロワイヤル候補に次ぐ支持を得てきたが、保守系の候補としてニコラ・サルコジが有力化する中、結局ロワイヤル候補で一本化する流れが左派の大勢となり、ジョスパンは出馬を断念、9月29日に立候補しないことを表明した。リオネル・ジョスパン フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦フランス軍敷地

    アラブ首長国連邦フランス軍敷地から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1970年代からフランスとアラブ首長国連邦は強力な関係を構築しており、1995年1月に両国は防衛協定を締結した。アラブ首長国連邦は2007年7月に次の段階を進め、フランスは恒久的な軍事プレゼンスの展開を確約した。2008年1月に本構想が発表され、湾岸地域の外遊中であったニコラ・サルコジ共和国大統領のもとで2009年5月26日に正式開設される。アラブ首長国連邦フランス軍敷地 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ルイ・ドブレ

    ジャン・ルイ・ドブレから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2002年下院議長に選出される。2007年2月23日ジャック・シラク大統領によって憲法評議会議長に指名された。シラク直系であり、2007年大統領選挙の国民運動連合候補だったニコラ・サルコジに対してはシラク同様、批判的である。ジャン・ルイ・ドブレ フレッシュアイペディアより)

  • 2018年冬季オリンピックの開催地選考

    2018年冬季オリンピックの開催地選考から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2009年3月18日にフランスオリンピック委員会から立候補都市として選出された。IOC評価委員会による現地視察では、ニコラ・サルコジ大統領がフランス政府の全面的支援を確約し、8割を超える国内及び市内の支持をアピールした。しかし、フランスオリンピック委員会にとっては2024年の夏季オリンピックにパリを立候補させることが第1目標としており、2018年冬季オリンピックには本腰ではなかった。また、当初から平昌やミュンヘンに大きな遅れをとっており、評価報告書でも会場計画の不備などを指摘された。これらの状況を受け、サルコジ大統領は開催地を決める第123次IOC総会への出席を拒絶し、投票ではわずか7票しか獲得できずに敗北した。アヌシーの招致ロゴは、アルプスの山々とアヌシーの頭文字であるAをイメージしたものである。2018年冬季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・フィヨン

    フランソワ・フィヨンから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2007年フランス大統領選挙では、ニコラ・サルコジの選挙参謀を務め、サルコジの下、首相就任へと至った。フランソワ・フィヨン フレッシュアイペディアより)

215件中 71 - 80件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード