215件中 81 - 90件表示
  • 2009年の労働界

    2009年の労働界から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    1月28日-29日 - フランス全土でゼネスト実施。世界的な景気後退を背景にした人員削減、賃金カットなどに抗議するもので、参加者は警察の推計で108万人に達し、サルコジ政権発足以来、最大規模のストライキとなった 。2009年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国における死刑

    中華人民共和国における死刑から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    北京オリンピックを前にして、国際世論、特に死刑制度を廃止している欧州諸国からの批判をかわすため、2007年以降は公開処刑は行わないことを発表した。またフランスのサルコジ大統領が2007年11月に中国訪問した際に胡錦濤国家主席に対し「完全な廃止は求めないが、執行停止に向けた動きを強めてほしい」とに注文したことに対し、「死刑適用のケースを減らしたい」と回答したが、具体的な数字についてはふれていない。中華人民共和国における死刑 フレッシュアイペディアより)

  • ナタリー・コシュースコ=モリゼ

    ナタリー・コシュースコ=モリゼから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    中国南京を訪問中であったが、訪日するニコラ・サルコジ大統領に同道する。4月2日、仙台市役所を訪問し奥山恵美子市長と会談し復興支援を申し出た。コシウスコ=モリゼは奥山市長に対して「必要であれば、優れた技術者を早期に多くの地区に派遣できるようにしたい。」と話した。更に仙台市東部に津波によって海水が浸入したことに対しては「フランス南部にも塩害の問題があり、長年研究されている。早急に対応すべき問題だ。」と指摘した。ナタリー・コシュースコ=モリゼ フレッシュアイペディアより)

  • ぜんぶ、フィデルのせい

    ぜんぶ、フィデルのせいから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    製作意図として監督は、観客に考えさせるような「知的なエンターテインメント」を目指したが、同時にサルコジ大統領による移民排斥政策は反対であると自らの政治的立場を明言した。カメラはひたすらアンナの目線にあわせて捉え、両親が外で何をしているかについて説明しない。これについて監督は、歴史的知識がなくても、アンナが出会ったできごとを追体験することができると語る。また、「この作品はあなたの子ども時代の経験を描いたのか」というインタビューを受け、これを否定してみせた。ぜんぶ、フィデルのせい フレッシュアイペディアより)

  • ラシダ・ダティ

    ラシダ・ダティから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    2002年内相であったニコラ・サルコジの顧問に就任する。ダティはサルコジの諮問により、軽犯罪防止のための法律プロジェクトに参加している。2006年国民運動連合に入党。2007年フランス大統領選挙ではサルコジ陣営のスポークスマンを務めた。ラシダ・ダティ フレッシュアイペディアより)

  • イングリッド・ベタンクール

    イングリッド・ベタンクールから見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    フランス国籍も有するベタンクールはフランス政府の特別機で7月4日にパリに到着、サルコジ大統領らの出迎えを受けた。サルコジは6月にベタンクールの解放を働きかけることを公言したばかりであり、救出作戦をフランスが支援した可能性も指摘されている。イングリッド・ベタンクール フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の外交

    欧州連合の外交から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    地中海沿岸諸国は、長らく欧州連合の外交政策の関心事項となっている。このため欧州連合では東ヨーロッパの非加盟国やパレスチナ自治政府、ヨルダンを含めた地中海沿岸諸国を対象とする欧州近隣政策を策定し、友好の輪を築こうとしている。ヨーロッパと地中海沿岸諸国の関係発展を試みるものとして、1995年11月に欧州連合加盟国(当時15か国)と地中海沿岸諸国との間で策定され、地域の安定や政治・経済の発展などについての内容が盛り込まれたバルセロナ・プロセスや、欧州・地中海自由貿易協定 (Euro-Mediterranean FTA) などがある。またフランス大統領ニコラ・サルコジは地中海連合構想を提唱し、2008年7月13日に設立を決めた。欧州連合の外交 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応

    東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応から見たニコラ・サルコジニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジ大統領は「フランスは、日本からのいかなる要請にも応える用意がある」と表明。100人以上で編成された救援隊がチャーター機で羽田空港に向かい、3月14日に到着。同月17日には原子力大手のアレヴァとフランス電力公社がホウ酸100トン、放射能の防護服1万着、手袋2万組、防護マスク3000個を日本に送ったと発表。4月10日にも原子力関連物資の提供が行われた。東日本大震災に対するヨーロッパ諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 上海国際博覧会

    上海国際博覧会から見たサルコジニコラ・サルコジ

    外国国家元首や政府首脳約20人が出席した。万博初参加の北朝鮮からは金永南最高人民会議常任委員長が出席した。中国におけるアフリカ重視の外交政策を反映して、アフリカ諸国からの要人の参加が目立ち、主要国のG8からは日本の仙谷由人国家戦略担当相、フランスのサルコジ大統領のみの参加であった。上海国際博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・エコロジー

    ヨーロッパ・エコロジーから見たサルコジニコラ・サルコジ

    多い記者は有名な方のサポートは大切な影響といった。また、社会党と民主運動の弱い結果は二つの政党の有権者が今回の選挙のためヨーロッパ・エコロジーに投票したと思わせる。それは社会党がサルコジ大統領の政策に反対のキャンペーンだけしそうなのだった。選挙後の週でよく見つけた別の説明ある。選挙の日は日曜日だったが、金曜日は公立チャネールに有名な映画家のホームという環境主義的な映画の放送の日だった。数多い左翼の政治家は、結果の後、ホーム映画は有権者の態度に影響を与えたとよくコメントした。ヨーロッパ・エコロジー フレッシュアイペディアより)

215件中 81 - 90件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード