171件中 111 - 120件表示
  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た兵士

    パリ出身。子供時代をパリ17区、次いでヌイイ=シュル=セーヌで過ごす。父方はハンガリー・アラッチャーン(Alattyán)の下級貴族の家系。父ナジボーチャイ・シャールケジ・パール(、1928年5月5日 - )は、ソ連軍に占領された祖国を逃れ、仏軍占領下のドイツに渡り、そこでフランス外人部隊の兵士となる。新兵教育を受けるも不適格とされ、1948年にマルセイユで除隊。名前をフランス風に、ポール・サルコジ・ド・ナジ=ボクサと改名した。広告業者となった父ポールは1949年、パリ17区の医師の娘で、法学部の学生だったアンドレ・マラー(1925年10月12日 - )と出会い結婚した。母方は、テッサロニキ出身のギリシア系ユダヤ人で、祖父の代にカトリックへ改宗している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た2012年フランス大統領選挙

    2012年フランス大統領選挙に出馬したが、決選投票にて社会党のフランソワ・オランドの前に敗北を喫し、2012年5月15日を以て第23代大統領を退任した。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た英語

    親英米と言われるが英語があまり堪能でなく、上述のように学校時代は英語のために2度落第した。この点でシラク前大統領が英語に堪能でありながら人前で話すのを避けていたのと対照的といわれる。なお、2008年10月にサルコジになりすましてサラ・ペイリンと「会談」したカナダのコメディアンは「フランス語訛り」の英語を話していたという。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たコルシカ島

    3度結婚しており、元妻マリーとの間に息子2人、前妻セシリア(1957年 - )との間に息子1人、現妻カーラ(1967年12月23日 - )との間に娘1人、合わせて4人の子供がいる。元妻マリーは、コルシカ島の寒村の薬局の娘で、1982年に結婚し、ピエールとジャンの2男をもうけた。前妻セシリアは、作曲家イサーク・アルベニスのひ孫にあたり、モデルや元老院議員秘書を経て、テレビ司会者と結婚し、2女をもうけていた)。セシリアとは、双方ともに配偶者のいる中、不倫愛をつらぬき、1996年に結婚。1998年には息子ルイが生まれる。サルコジは、内務省に席を設けるなどしてセシリアを厚遇した。しかし、セシリアは2005年、支持者の実業家とニューヨークへ駆け落ち。ド・ビルパン首相(当時)からは、「妻を魅了できないで有権者を魅了できるのか」と皮肉られた。夫妻は2006年に復縁したが、セシリアはファーストレディとなることを拒絶。結局、夫妻は2007年10月に離婚した。その後、2008年1月に元スーパーモデルで歌手のカーラ・ブルーニと3度目の結婚を果たした。2011年10月19日に女児が誕生。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たインド

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たシリア

    大統領当選直後は「人権外交」を掲げて、圧政国家には物申す姿勢を明らかにしていたが、その後、独裁者として知られるリビアのカダフィ大佐のフランス訪問を認めて国民や野党から非難を浴びた。サルコジ自身は、会談で人権問題に触れたと弁明した。アラブの春ではリビア内戦へのNATOの軍事介入を主導し、リビア・フレンズ会合で議長を務めた(また、同じく独裁者のバッシャール・アル=アサドともシリアで会談したが、シリア内戦でシリアの友人たちの結成を主導した)。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た恐怖政治

    哲学者のアラン・バディウは「サルコジ」なるものを新たな恐怖政治の症候としてとらえ、「このチビ・ナポレオンによる恐怖のために、完全に現実的なものになった内からの脅威に直面して、国家は、ジュネが演劇『バルコニー』のなかですでに与えていた国家の一方向的な形態、つまり警視総監──ちなみにかれの夢のコスチュームは、ゴム製の巨大なペニスだ──という形態をとってしまった」と批判している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たブレトンウッズ体制

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た不倫

    3度結婚しており、元妻マリーとの間に息子2人、前妻セシリア(1957年 - )との間に息子1人、現妻カーラ(1967年12月23日 - )との間に娘1人、合わせて4人の子供がいる。元妻マリーは、コルシカ島の寒村の薬局の娘で、1982年に結婚し、ピエールとジャンの2男をもうけた。前妻セシリアは、作曲家イサーク・アルベニスのひ孫にあたり、モデルや元老院議員秘書を経て、テレビ司会者と結婚し、2女をもうけていた)。セシリアとは、双方ともに配偶者のいる中、不倫愛をつらぬき、1996年に結婚。1998年には息子ルイが生まれる。サルコジは、内務省に席を設けるなどしてセシリアを厚遇した。しかし、セシリアは2005年、支持者の実業家とニューヨークへ駆け落ち。ド・ビルパン首相(当時)からは、「妻を魅了できないで有権者を魅了できるのか」と皮肉られた。夫妻は2006年に復縁したが、セシリアはファーストレディとなることを拒絶。結局、夫妻は2007年10月に離婚した。その後、2008年1月に元スーパーモデルで歌手のカーラ・ブルーニと3度目の結婚を果たした。2011年10月19日に女児が誕生。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たヨット

    大統領に当選直後、地中海に自家用ジェット機とマルタの豪華ヨット(全長60メートル、推定賃料週20万ユーロ=約3240万円)でクルージングし、野党からはあまりに豪華すぎると批判された。これに対し彼は「何が問題か。私は逃げも隠れも謝りもしない」と反論した。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

171件中 111 - 120件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード