171件中 21 - 30件表示
  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たエドゥアール・バラデュール

    1988年、国民議会(下院)議員に初当選。ヌイイ市長と兼職する。1993年、バラデュール内閣の予算相として初入閣。同年、ヌイイ市内で発生した幼稚園立てこもり事件が起こる。この事件では、市長として犯人と直接交渉に臨み、人質の解放に貢献して全国的に有名となる。1995年フランス大統領選挙ではジャック・シラクから離反し、シャルル・パスクワに付いて対立候補のエドゥアール・バラデュールを支持する。しかし決選投票の結果、シラクが大統領に当選したため、第1次シラク政権では冷遇された。1997年に与党共和国連合(RPR)ナンバー2に返り咲き、1999年欧州議会選で事実上の党首として陣頭指揮を取るが惨敗を喫し、一時は政治生命の危機も囁かれ、党の役職を全て辞して弁護士としての活動に戻った。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たアラン・バディウ

    哲学者のアラン・バディウは「サルコジ」なるものを新たな恐怖政治の症候としてとらえ、「このチビ・ナポレオンによる恐怖のために、完全に現実的なものになった内からの脅威に直面して、国家は、ジュネが演劇『バルコニー』のなかですでに与えていた国家の一方向的な形態、つまり警視総監──ちなみにかれの夢のコスチュームは、ゴム製の巨大なペニスだ──という形態をとってしまった」と批判している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たアラン・ジュペ

    2009年、サルコジは、フランス国民の定義とフランスの価値観を移民に共有させる方法について問題提起し、この2点を議論するよう国民に呼びかけた。そのうえで、移民省に命じてフランス全土450ヶ所で討論会を開催するなど、議論への積極的な参加を国民に要請している。この議論について、サルコジは「フランスとは何かを知る崇高な運動」と位置づけているが、ドミニク・ド・ビルパンが「こんな重大なテーマを経済危機で団結すべき時に持ち出すべきではない」と指摘するなど、サルコジを支える与党勢力からも懐疑的な意見が出された。同じく与党のアラン・ジュペは、この論議は「国内の対立、特にイスラム教徒への反感をあおった」と指摘している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たバッシャール・アル=アサド

    大統領当選直後は「人権外交」を掲げて、圧政国家には物申す姿勢を明らかにしていたが、その後、独裁者として知られるリビアのカダフィ大佐のフランス訪問を認めて国民や野党から非難を浴びた。サルコジ自身は、会談で人権問題に触れたと弁明した。アラブの春ではリビア内戦へのNATOの軍事介入を主導し、リビア・フレンズ会合で議長を務めた(また、同じく独裁者のバッシャール・アル=アサドともシリアで会談したが、シリア内戦でシリアの友人たちの結成を主導した)。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たゲアハルト・シュレーダー

    欧州主要国の政治家の中ではドイツのゲアハルト・シュレーダー元首相、イタリアのベルルスコーニ元首相に続いて、親露的な姿勢をとっており、ウラジーミル・プーチン大統領とは信頼関係が厚い。2015年7月にはロシアによるクリミア併合後に、西側主要国の主要政党としては初めて、自身が党首を務める共和党の議員団のクリミア訪問を実現させた。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たドミニク・ド・ビルパン

    2009年、サルコジは、フランス国民の定義とフランスの価値観を移民に共有させる方法について問題提起し、この2点を議論するよう国民に呼びかけた。そのうえで、移民省に命じてフランス全土450ヶ所で討論会を開催するなど、議論への積極的な参加を国民に要請している。この議論について、サルコジは「フランスとは何かを知る崇高な運動」と位置づけているが、ドミニク・ド・ビルパンが「こんな重大なテーマを経済危機で団結すべき時に持ち出すべきではない」と指摘するなど、サルコジを支える与党勢力からも懐疑的な意見が出された。同じく与党のアラン・ジュペは、この論議は「国内の対立、特にイスラム教徒への反感をあおった」と指摘している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たカダフィ

    シラク政権のイラク戦争反対により冷え込んだ対米関係の改善やフランスの北大西洋条約機構(NATO)復帰、フランス伝統のド・ゴール主義を捨て英米型の新自由主義を行った。モットーは「もっと働き、もっと稼ごう」。一方でサルコジの政策は、かつてのカダフィ支配下のリビアやロシアとの関係を重視するなどイデオロギーにとらわれない全方位外交的な面は引き継いでいる。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たフランソワ・オランド

    2012年フランス大統領選挙に出馬したが、決選投票にて社会党のフランソワ・オランドの前に敗北を喫し、2012年5月15日を以て第23代大統領を退任した。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たジャン=ピエール・ラファラン

    2002年5月、ラファラン内閣の内務・治安・地方自由相として入閣、久々の表舞台となったが、サルコジ自身は首相職を望んでいたため、ますますシラクとの関係が微妙なものとなった。2003年3月19日に治安回復を目指し、軽犯罪の厳罰化と街娼の取り締まりなどを目的としたサルコジ法を施行させる。サルコジ内務相の強硬な治安政策によって、国内の犯罪発生件数は激減し、実績を買われたサルコジは一躍、優秀な政治家になる。2004年、経済・財務・産業相に異動。同年11月29日、RPRの流れを組む国民運動連合 (UMP) の党首選挙において、85%の得票率で党首に選出される。シラクはサルコジの権力増大を恐れ、サルコジは財務相を辞任する。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

171件中 21 - 30件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード