153件中 31 - 40件表示
  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た主要国首脳会議

    サブプライムローン問題に端を発する金融危機が本格化し、世界経済に深刻な損害を与えるようになると、サルコジはEU議長国の大統領として積極的に金融危機への対応のイニシアティヴを取った。2008年10月18日には、アメリカ合衆国大統領のジョージ・W・ブッシュ、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾと会談を行い、主要国に新興国(中華人民共和国やインドなど)を含めた国による首脳会談(金融サミット)の開催を漕ぎつけた。金融サミット直前の11月13日には「ドルはもはや基軸通貨ではない」と発言し、ブレトンウッズ体制を構築する必要性をも説いた。そして第1回金融サミットがワシントンD.C.で開催された際、当時首相の麻生太郎の発言に対しに「ドルは基本通貨に成り得ない。20世紀確立された金融システムを21世紀にも踏襲することは不可能だ」と反論するも、麻生より「その場合、さらなるドル暴落が避けられなくなるが、新興諸国の損害を担保する覚悟があるのか?」と聞かれ、「我々にそんな計画はない。」と持論を論破された。11月14日から11月15日(現地時間)まで行われ、サルコジが求めた金融機関への規制強化も共同宣言に盛り込まれたものの、日本が提示した15項目のうち、実に12項目もが宣言文の中に明記され、麻生案をベースに世界が一致して行動することが決まった。一方、フランス国内への対応としては、高速鉄道の建設などの公共投資や自動車産業への支援策を盛り込んだ260億ユーロ規模の景気対策を行うと12月4日に発表した。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たファーストレディ

    3度結婚しており、元妻マリーとの間に息子2人、前妻セシリア(1957年 - )との間に息子1人、現妻カーラ(1967年12月23日 - )との間に娘1人、合わせて4人の子供がいる。元妻マリーは、コルシカ島の寒村の薬局の娘で、1982年に結婚し、ピエールとジャンの2男をもうけた。前妻セシリアは、作曲家イサーク・アルベニスのひ孫にあたり、モデルや元老院議員秘書を経て、テレビ司会者と結婚し、2女をもうけていた)。セシリアとは、双方ともに配偶者のいる中、不倫愛をつらぬき、1996年に結婚。1998年には息子ルイが生まれる。サルコジは、内務省に席を設けるなどしてセシリアを厚遇した。しかし、セシリアは2005年、支持者の実業家とニューヨークへ駆け落ち。ド・ビルパン首相(当時)からは、「妻を魅了できないで有権者を魅了できるのか」と皮肉られた。夫妻は2006年に復縁したが、セシリアはファーストレディとなることを拒絶。結局、夫妻は2007年10月に離婚した。その後、2008年1月に元トップモデルで歌手のカーラ・ブルーニと3度目の結婚を果たした。2011年10月19日に女児が誕生。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た官僚

    パリ大学卒で弁護士で移民2世という出自でもあり、高級官僚を養成するENA出身(エナルク)の官僚的な政治家が支配的なフランス政界の中で、庶民派というイメージを強く打ち出している。演説や語りも、庶民にもわかりやすい単純で率直な言い回しを好み、国民に直接訴えかけるスタイルである。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たワイン

    「ナポレオンより背が低い」と言われるほど、平均的なフランス人(男性の平均身長175.6cm)に比べて身長が低い(163cm程度といわれ、いつも上げ底の靴を履いている)。そのため、フランスの有料チャンネルテレビ局Canal+の政治風刺人形劇『Les Guignols de l'info』の中では、シラク大統領(当時)人形がサルコジ人形を「スマーフ ()」と呼んでいたこともあった。大のタバコ嫌いでワインを含め酒も飲まない。好物はチョコレート。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たナポレオン・ボナパルト

    ナポレオンより背が低い」と言われるほど、平均的なフランス人(男性の平均身長175.6cm)に比べて身長が低い(163cm程度といわれ、いつも上げ底の靴を履いている)。そのため、フランスの有料チャンネルテレビ局Canal+の政治風刺人形劇『Les Guignols de l'info』の中では、シラク大統領(当時)人形がサルコジ人形を「スマーフ ()」と呼んでいたこともあった。大のタバコ嫌いでワインを含め酒も飲まない。好物はチョコレート。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た常任理事国

    もっともサルコジ自身は大統領就任以前ほとんど日本との縁がなく、こうした発言は多分にシラクの親日派ぶりに対抗したもののようである。一方で外交政策の面では、日本の国際連合の常任理事国入りを幾度となく支持するなど、多くの面で伝統的な日仏関係を踏襲したものとなっている。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たチョコレート

    「ナポレオンより背が低い」と言われるほど、平均的なフランス人(男性の平均身長175.6cm)に比べて身長が低い(163cm程度といわれ、いつも上げ底の靴を履いている)。そのため、フランスの有料チャンネルテレビ局Canal+の政治風刺人形劇『Les Guignols de l'info』の中では、シラク大統領(当時)人形がサルコジ人形を「スマーフ ()」と呼んでいたこともあった。大のタバコ嫌いでワインを含め酒も飲まない。好物はチョコレートニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見た政治家

    ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(, 1955年1月28日 - )は、フランスの政治家。フランス第五共和政第6代大統領(2007年5月16日 - 2012年5月14日)及びアンドラ公国の共同大公。前国民運動連合党首。フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。ユダヤ人を母に持つハンガリー移民2世で、ともにアメリカですら例のない移民2世、ユダヤ系の大統領の誕生はフランスの多民族国家化を強く印象づけた。本人はカトリック信者である。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たイラク戦争

    シラク政権のイラク戦争反対により冷え込んだ対米関係の改善と、フランス伝統の平等主義を捨て自由競争を重視する英米型の新自由主義経済政策路線を提唱している。モットーは「もっと働き、もっと稼ごう」。サルコジの政策は、米国と距離を置きフランス独自の外交政策を目指し国内経済に積極的に介入する保守派主流思想のド・ゴール主義とは一線を画している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・サルコジ

    ニコラ・サルコジから見たパリ

    パリ出身。子供時代をパリ17区、次いでヌイイ=シュル=セーヌで過ごす。父方はハンガリー・アラッチャーン(Alattyán)の下級貴族の家系。父ナジボーチャイ・シャールケジ・パール(、1928年5月5日 - )は、ソ連軍に占領された祖国を逃れ、仏軍占領下のドイツに渡り、そこでフランス外人部隊の兵士となる。新兵教育を受けるも不適格とされ、1948年にマルセイユで除隊。名前をフランス風に、ポール・サルコジ・ド・ナジ=ボクサと改名した。広告業者となった父ポールは1949年、パリ17区の医師の娘で、法学部の学生だったアンドレ・マラー(1925年10月12日 - )と出会い結婚した。母方は、テッサロニキ出身のギリシア系ユダヤ人で、祖父の代にカトリックへ改宗している。ニコラ・サルコジ フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「ニコラ・サルコジ」のニューストピックワード