ニジマス ニュース&Wiki etc.

ニジマス (虹鱒、学名:Oncorhynchus mykiss、英名:Rainbow trout)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。食用魚であり、釣りの対象にもなる。 (出典:Wikipedia)

「ニジマス」最新ニュース

「ニジマス」Q&A

  • Q&A

    フライフィッシングのことで質問お願いいたします。 北海道の本流で大型のニジマス狙いで…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月29日 16:09

  • Q&A

    鮎・ヤマメ・ニジマス・イワナ この川魚4種を、姿無しの 焼き身 だけで 食べ当てら…

    [続きを読む]

    回答数:10質問日時 - 2016年11月27日 11:33

  • Q&A

    イワナ、ヤマメ、ニジマス、の中で一番大きくなりのはどれですか?

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月22日 21:39

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ニジマス」のつながり調べ

  • カワマス

    カワマスから見たニジマス

    カワマスの個体数は、冷涼で澄んでいて高酸素濃度の水に依存する。早くも19世紀後半には土地開発、森林伐採と工業化が確立したので、北アメリカの天然のカワマスは多くの水路から根絶された。汚染されたか、堰き止められたか、沈泥で水深が浅くなった流れ込みと小川は、天然のカワマスが生息するにはあまりに暖かくなって、コクチバス、パーチ、または他のサケ科(例えばブラウントラウトやニジマス)が移植された。元々北アメリカ原産でないブラウントラウトは、カワマスの生息水域の多くで、カワマスに取って代わった。過剰な採取、または温度によって圧力を加えられるなら、カワマスの個体数は外来種の導入によるダメージの影響をとても受けやすい。カワマスの多くの湖の個体数は他の種(特にペルカ科、時に棘鰭類の魚)の導入によって根絶された。化学薬品および肥料を含んでいる雨水によって引き起こされる化学汚染および藻の成長に加えて、大気汚染はカワマスの消滅に関する特筆すべき要因である。アメリカ合衆国では大気汚染によって引き起こされる酸性雨は、アパラチア山脈のいくつかの小川と流れ込みの最も標高の高い源流部以外では、カワマスの個体数を維持するにはあまりにも低いpHレベル(=酸性)だった。(カワマス フレッシュアイペディアより)

  • 沖浦ダム

    沖浦ダムから見たニジマス

    虹の湖はダム建設時に水源地域対策特別措置法により周辺整備が行われ、現在虹の湖周辺には道の駅「虹の湖」や虹の湖ふれあい広場、キャンプ場や釣り場などが整備されている。東北自動車道・黒石インターチェンジより国道102号を南下し約15分で到着するため弘前市や黒石市から近く、かつダム直下流には黒石温泉郷があり、十和田湖への中継地点でもあることから多くの観光客が訪れる。虹の湖ではコイ・フナ・ウグイの他アメマス・ニジマス・ワカサギも釣れることから釣り客も多い。一方湖やその周辺は鳥類も多く生息しオオハクチョウやカモ類が越冬する他、オオタカ・クマタカ・オジロワシ・ハヤブサ・ミサゴといった猛禽類、コノハズク・カワセミなども生息していることが確認されており、北方系の鳥類も生息・飛来することからバードウォッチングにも最適である。(沖浦ダム フレッシュアイペディアより)

「ニジマス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ニジマス」のニューストピックワード