前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • サケ類

    サケ類から見たニジマスニジマス

    ニジマス '''' (Walbaum, 1792) (rainbow trout, steelhead, ocean trout, )サケ類 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川

    多摩川から見たニジマスニジマス

    一部地域では漁業が営まれており、鮎、ヤマメ、鯉、ニジマス、フナ、ウグイ、イワナなどが水揚げされているため、これらの魚種が相応に生息しているものと考えられている。また近年になると堰に魚道が設けられるといった施策がされ、それに伴って激減していた鮎の遡上数が急増し、下流域には天然遡上の鮎が増えている。多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • マス

    マスから見たニジマスニジマス

    マス(鱒、鮅)は、サケ目サケ科に属し日本語名に「マス」がつく魚、または日本で一般にサケ類(シロザケ(いわゆる鮭)、ベニザケ、キングサーモンなど)と呼ばれる魚以外のサケ科の魚をまとめた総称。マス、トラウト共にサケ類の陸封型の魚、及び降海する前の型の魚を指すことが多い。主に、イワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、ブラウントラウトなどがマス類、トラウト類など呼ばれる。マス フレッシュアイペディアより)

  • 粘液胞子虫

    粘液胞子虫から見たニジマスニジマス

    1980年代までは粘液胞子虫が魚類から魚類へ直接伝播すると考えられていたが、感染実験は成功せず、粘液胞子虫の胞子は感染能を獲得するまでに水中で数ヶ月を要するのだと説明されていた。しかしWolfとMarkiwはニジマスの旋回病の病原体 を研究するうちに、ニジマスへの感染には 属のイトミミズ類が関与していることを示した。 の胞子はイトミミズの消化管上皮細胞のなかで、放線胞子虫 に変態し、この放線胞子虫をニジマスに与えると旋回病を発症して、体内に の胞子が産生された (Wolf & Markiw, 1984) 。したがって、この粘液胞子虫と放線胞子虫は同じ生物の異なる発育段階であり、生活環を完結させるためにはニジマスとイトミミズという2つの宿主が必要ということがわかった。この様式の生活環は他の粘液胞子虫についても実証されていき、1990年代以降広く受け入れられるようになった。粘液胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 川のぬし釣り 秘境を求めて

    川のぬし釣り 秘境を求めてから見たニジマスニジマス

    キャラクターごとに、ニジマス、ヒメマス、ブラックバスを釣るイベントが発生し、クリアしなければ清流には進めない。川のぬし釣り 秘境を求めて フレッシュアイペディアより)

  • 釣り堀

    釣り堀から見たニジマスニジマス

    ニジマスを中心としたサケマス魚類を対象とした管理釣り場、ヘラブナやコイなどを中心とした管理釣り場がある。施設によっては、飲食店・バーベキュー場・キャンプ場などの設備を併設している場所もある。釣り堀 フレッシュアイペディアより)

  • ツメナシカワウソ

    ツメナシカワウソから見たニジマスニジマス

    Anguilla bengalensis(ウナギ目)・Enteromius anoplus・Labeobarbus natalensis(コイ目)・Amphilius uranoscopus(ナマズ目)・ブラウントラウト・ブルーギル・オオクチバス・コクチバス・Micropterus punctulatus・Tilapia sparrmaniiなどの魚類、ツメガエル属Xenopusなどのカエル、Potamonautes属などのカニ類、昆虫などを食べる。主にカニ類を食べるが地域変異があり、地域によっては他の食物が主でカニ類が2番目であったり食性の割合が小さいこともある。例として旧ケープ州の海岸域では魚類が捕えた獲物の50 %を占め、カニ類は28 %、エビ類の1種Jasus lalandiiが11 %、アワビ類の1種Haliotis midaeが6 %という報告例がある。ジンバブエでは移入されたニジマスは食性の1 %未満とする報告例があるが、一方でクワズール・ナタール州では食性の88 %を移入された全長20センチメートル未満のマス類が占めるという報告例もある。冬季にオオバン類・ハクチョウ類などの大型のカモ類・アヒルなどを襲う可能性もあるが、捕食するのはまれとされる。獲物は前肢で探したり掴んでから、捕食する。ツメナシカワウソ フレッシュアイペディアより)

  • 山の水族館

    山の水族館から見たニジマスニジマス

    リニューアルで設置された「北の大地の四季の水槽」のことである。北海道の激流に生息する魚類を展示したもので、留辺蘂(るべしべ)町の無加(むか)川をイメージしているという。水槽の川には、オショロコマやヤマメ、ニジマス、ブラウントラウト、アメマス、ミヤベイワナ(2013年7月より飼育展示)など6種以上の淡水魚が展示され、氷の下をゆっくり泳いだり、川底でじっとしていたりする姿が観察できる。1月の平均気温が-9.6度で、厳冬期には最低気温が-20℃以下になる屋外に設置されている。普段は流れている川が厚く全面結氷する様子が観察でき、水族館はこれを「世界初・世界唯一の展示」としている。thumb|left|150px|水槽のニジマス山の水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たニジマスニジマス

    ニジマス、カワマス、シナノユキマス、ブラウントラウトなどサケ・マス類は、有用な水産資源として積極的に日本の各地の河川や湖に導入されている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野

    安曇野から見たニジマスニジマス

    安曇野は、北アルプスの山々から湧き出た清流(梓川・黒沢川・烏川・中房川)によってできた複合扇状地である。そのため地表にある水は浸透してしまうため、堰(せぎ)と呼ばれる用水路によって灌漑(かんがい)し、農業を行っている。主に、稲作やりんご栽培であり、水田地帯が多い。扇状地の扇端部では、安曇野わさび田湧水群があり、水が綺麗でないとできないワサビ栽培やニジマス・信州サーモンの養殖を行っている。安曇野 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「ニジマス」のニューストピックワード