前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • 多摩川

    多摩川から見たニジマスニジマス

    一部地域では漁業が営まれており、アユ、ヤマメ、コイ、ニジマス、フナ、ウグイ、イワナなどが水揚げされているため、相応に生息しているものと考えられている。また近年になると堰に魚道が設けられるといった施策がされ、それに伴ってアユの遡上数が急増し、下流域には天然遡上のアユが増えている。多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • サケ類

    サケ類から見たニジマスニジマス

    一般的にサケは川で産まれ海に下る。海で数年かけて大きくなり、また産まれた川に戻り(母川回帰)産卵した後死亡する。魚種によって回帰性には差があり、マスノスケ、ベニザケは回帰性が強いとされ支流まで突き止め遡上するが、シロザケやカラフトマスは回帰性が比較的弱く川を間違え遡上し「迷子ザケ」となる。回帰性が有るため、同じ魚種でも母川あるいは海域で遺伝的特性が異なる。多くの種は一度の産卵活動で息絶えるが、ニジマス、イワナ、イトウなどでは数年に渡り複数回の産卵活動に参加する。シロザケなどでは孵化・浮上後直ちに降海するが、サクラマス、ベニザケ、マスノスケ、ギンザケなどでは一定期間を淡水で過ごし、ある程度成長した個体がスモルト化すると降海し海洋生活を送る。降海の目的は海洋の豊富な餌を捕食することで、より大きな体となり淡水で成熟した個体より多くの卵を産卵することにある。つまり、海洋での生活は必須ではなく淡水でも成熟し繁殖活動を行う。従って、通常は降海する魚種でも何らかの原因で陸封(河川残留)された場合は、淡水中でも成熟し産卵を行う。サケ類 フレッシュアイペディアより)

  • 釣り

    釣りから見たニジマスニジマス

    渓流の釣り(ヤマメ、イワナ、アマゴ、ニジマス釣り フレッシュアイペディアより)

  • 川のぬし釣り 秘境を求めて

    川のぬし釣り 秘境を求めてから見たニジマスニジマス

    キャラクターごとに、ニジマス、ヒメマス、ブラックバスを釣るイベントが発生し、クリアしなければ清流には進めない。川のぬし釣り 秘境を求めて フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野

    安曇野から見たニジマスニジマス

    安曇野は、北アルプスの山々から湧き出た清流(梓川・黒沢川・烏川・中房川)によってできた複合扇状地である。そのため地表にある水は浸透してしまうため、堰(せぎ)と呼ばれる用水路によって灌漑(かんがい)し、農業を行っている。主に、稲作やりんご栽培である。扇状地の扇端部では、安曇野わさび田湧水群があり、水が綺麗でないとできないワサビ栽培やニジマス・信州サーモンの養殖を行っている。安曇野 フレッシュアイペディアより)

  • 粘液胞子虫

    粘液胞子虫から見たニジマスニジマス

    1980年代までは粘液胞子虫が魚類から魚類へ直接伝播すると考えられていたが、感染実験は成功せず、粘液胞子虫の胞子は感染能を獲得するまでに水中で数ヶ月を要するのだと説明されていた。しかしWolfとMarkiwはニジマスの旋回病の病原体 を研究するうちに、ニジマスへの感染には 属のイトミミズ類が関与していることを示した。 の胞子はイトミミズの消化管上皮細胞のなかで、放線胞子虫 に変態し、この放線胞子虫をニジマスに与えると旋回病を発症して、体内に の胞子が産生された (Wolf & Markiw, 1984) 。したがって、この粘液胞子虫と放線胞子虫は同じ生物の異なる発育段階であり、生活環を完結させるためにはニジマスとイトミミズという2つの宿主が必要ということがわかった。この様式の生活環は他の粘液胞子虫についても実証されていき、1990年代以降広く受け入れられるようになった。粘液胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たニジマスニジマス

    ニジマス、カワマス、シナノユキマス、ブラウントラウトなどサケ・マス類は、有用な水産資源として積極的に日本の各地の河川や湖に導入されている。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見たニジマスニジマス

    2004年(平成16年) - 県の水産試験場がニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交雑させニジマスの染色体を2組、ブラウントラウトの染色体を1組もった三倍体の「信州サーモン」を開発。1長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 森と湖のフェスタ

    森と湖のフェスタから見たニジマスニジマス

    5万本のバラの庭園、木工・手作りの遊具、ニジマスやイトウの泳ぐ小川など。ワークショップやコンサートなどを開催。森と湖のフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • イクチオホヌス症

    イクチオホヌス症から見たニジマスニジマス

    イクチオホヌス症(イクチオホヌスしょう、英:ichtyophonosis)とはIchtyophonus hoferiの感染を原因とする魚類の感染症。淡水魚、海水魚双方に発生するが無胃魚には発生しない。ニジマスでは腹水貯留、腹部膨満、心臓、脾臓、肝臓、腎臓、腸管に結節が認められる。貧血、ストレスが加わると死亡する。ブリでもニジマスと同様の所見が認められるが比較的軽度である。イクチオホヌス症 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「ニジマス」のニューストピックワード