137件中 91 - 100件表示
  • 奥只見ダム

    奥只見ダムから見たニジマスニジマス

    これに対し、1975年に開高は「奥只見の魚を育てる会」を結成。地元住民や漁獲減少を憂う釣り師に対しアドバイスを行い、禁漁区の設置など密漁防止の為の対策を講じた。こうした活動が実を結び1981年、湖に注ぐ北の又川が日本で初となる通年禁漁区に当局から指定された。北の又川はイワナやヤマメの産卵域であり、漁業資源保護の為の対策である。こうして奥只見湖にはイワナ・ヤマメの他ニジマス・サクラマス等が泳ぐ天然魚の宝庫となり、運がよければ60cmを超える大イワナが釣れるという。開高死後も会の活動は続けられている。奥只見ダム フレッシュアイペディアより)

  • マイレックス

    マイレックスから見たニジマスニジマス

    半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で600mg/kg(コーン油添加)。ラットへの経皮投与の場合は2000mg/kg以上。国際がん研究機関(IARC)は発癌性についてグループ2B(人に対し発癌性があるかもしれない)としている。ニジマスの96時間半数致死濃度(LC50)は0.023mg/Lと強い魚毒性を持ち、分解されにくいため長期間環境に影響する。分解生成物としてクロルデコンを生じる。マイレックス フレッシュアイペディアより)

  • 糠平ダム

    糠平ダムから見たニジマスニジマス

    総貯水容量:193,900,000 m³、湖面標高:520.0m、周囲:30.0km、利用水深:30.0mの自然湖の赴きを呈した人造湖である。ヤマベやワカサギが放流され冬はワカサギ釣りで賑わう。その他に、ニジマス、コイ、フナ、ヒメマス、ハナカジカ、オショロコマも生息している。糠平ダム フレッシュアイペディアより)

  • ベガスヒョウガエル

    ベガスヒョウガエルから見たニジマスニジマス

    1891年にA・K・フィッシャーによって新種として発表された。その頃はまだラスベガスという街はなく、ただ砂漠の中に水が湧いているだけであったから、それまで発見されずにいたのである。しかし、ラスベガスが出来ると、街で必要とする水を調達するために周辺の湧水は干上がっていった。わずかに残った川や池には、大型のウシガエルやスポーツフィッシング用のニジマスが放流され、ベガスヒョウガエルをおびやかしていった。ベガスヒョウガエル フレッシュアイペディアより)

  • 砂嚢

    砂嚢から見たニジマスニジマス

    世界各地の河口域で見られるボラ科の魚類や、アメリカやメキシコの淡水湖や清流に住むアロサには砂嚢がある。アイルランドの淡水湖やスコットランドのファーマナ州 (en) のメルヴィン湖 (lough Melvin) のギラルー (学名: Salmo stomachius、英: gillaroo、ニジマスの一種) の砂嚢は、主なエサである巻き貝の殻を砕くことができる。砂嚢 フレッシュアイペディアより)

  • アルビノ

    アルビノから見たニジマスニジマス

    金鱒 - アルビノのニジマスの中国名。サケ科のアルビノは優性遺伝のため養殖は容易。中国ではとても珍重され、祝いの料理に出される。養殖に於いては、成長度合いを簡単に判断するための標識魚として利用される。アルビノ フレッシュアイペディアより)

  • カインチュア

    カインチュアから見たニジマスニジマス

    Canh chua cá h?i - マス(主に養殖ニジマス)カインチュア フレッシュアイペディアより)

  • 原棘鰭上目

    原棘鰭上目から見たニジマスニジマス

    サケ科 Salmonidae (サケ、ニジマス、ヤマメなど)原棘鰭上目 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランドミナミアユ

    ニュージーランドミナミアユから見たニジマスニジマス

    ニュージーランドミナミアユ Prototroctes oxyrhynchus は、キュウリウオ目ミナミキュウリウオ科に属し、ニュージーランドの川と近くの海を回遊していた魚の一種である。体長は35センチメートルほどで、外見は北半球のマスやアユに似ていた。1860年代にはニュージーランド各地に豊富に生息していたが、1870年代にはすでに減少の懸念が持たれ、1900年には「まばらになった」と報告されるに至った。1904年にホテルに展示されていたという記録がある。1927年に絶滅したとされる。絶滅の原因は、スポーツフィッシング用に移入されたニジマスなどによる圧迫、森林伐採による川の日照・苔の生育などの変化などがあげられる。ニュージーランドミナミアユ フレッシュアイペディアより)

  • スモルト

    スモルトから見たニジマスニジマス

    「無斑」と呼ばれる模様の欠如した個体が発生する現象がある。これは突然変異により外見の変化を起こしている物で、メラニン色素の欠如したアルビノと似た現象である。ニジマスに於いては、無斑個体を選抜養殖し固定系統のホウライマスとして商品化している。スモルト フレッシュアイペディアより)

137件中 91 - 100件表示

「ニジマス」のニューストピックワード