137件中 11 - 20件表示
  • オクロコニス症

    オクロコニス症から見たニジマスニジマス

    オクロコニス症(オクロコニスしょう、英:ochroconis infection)とはOchroconis thawytschaeおよびO. humicola感染を原因とする魚類の感染症。マスノスケ、ギンザケ、ニジマス、シマアジ、マダイ、カサゴが感受性を有する。体表に潰瘍、腹水貯留、腹部膨満、腎臓の腫大が認められる。オクロコニス症 フレッシュアイペディアより)

  • レイクトローリング

    レイクトローリングから見たニジマスニジマス

    ニジマス、ブラウントラウト、レイクトラウト、サクラマス、イワナ、ヒメマスなどサケ科の魚を主に狙う。レイクトローリング フレッシュアイペディアより)

  • 森沢正昭

    森沢正昭から見たニジマスニジマス

    ニジマス精子の運動は、サイクリックAMPによって開始される」, 『動物学雑誌』, 日本動物学会, 90(4), 1981森沢正昭 フレッシュアイペディアより)

  • フレンキシェ・シュヴァイツ

    フレンキシェ・シュヴァイツから見たニジマスニジマス

    フレンキシェ・シュヴァイツは、マイン川、レグニッツ川、およびペグニッツ川に取り囲まれた地域で、ヴィーゼント川とその支流(アウフゼス川、カイナハ川、ランライター川、ピュトラハ川、トルバッハ川)で構成される水系によって水が運ばれる。これらの川には、もっぱらブラウントラウト、ニジマス、カワヒメマスといった魚ばかりが棲息している。これは水の酸素含有量、水温、食物供給などにその理由がある。フレンキシェ・シュヴァイツの河川の生態系は、自然のままで、魚たちも自然繁殖しているものたちなのである。耕地整理の際に多くの川が直線化されてしまった。ヴィーゼント川は、カヌー愛好者達にそのルートを提供している。フレンキシェ・シュヴァイツ フレッシュアイペディアより)

  • 水ヶ瀞ダム

    水ヶ瀞ダムから見たニジマスニジマス

    国道112号・道の駅にしかわから寒河江川を上流に向かって進むと、水ヶ瀞ダムを過ぎて寒河江ダムへと至る。水ヶ瀞ダムから寒河江ダムまでの間には、漁業権を持つ最上第二漁業協同組合によって寒河江川本道寺特別釣り場「本道寺釣り道場」が運営されている。ここでは入漁料と引き替えにヤマメやニジマス、イワナなどを釣ることができる。ただ、6月から11月までの間は、寒河江ダムからのフラッシュ放流が週一回実施される。放流量は小規模ながらも急激に増水するので、サイレンが鳴った時は速やかに退避しなければならない。このほか基本的なことになるが台風や集中豪雨の際は増水しているおそれが大きいので、川には近寄らないことである。水ヶ瀞ダム フレッシュアイペディアより)

  • ニンフフィッシング

    ニンフフィッシングから見たニジマスニジマス

    ニンフフィッシングとは、水棲昆虫のニンフ(蛹)を模したフライを用いて、水面下に沈めて、対象魚(ニジマス、ブラウントラウト、イワナ、ヤマメ等の鮭鱒類)を狙うフライ・フィッシングの釣法のひとつ。ニンフフィッシング フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィッシングパーク

    神奈川フィッシングパークから見たニジマスニジマス

    ニジマスなどの釣り堀として市民、県民に親しまれたが、「河川水が少なくなったことによる水質低下」などが影響し、1998年3月で閉鎖された。神奈川フィッシングパーク フレッシュアイペディアより)

  • 信州サーモン丼

    信州サーモン丼から見たニジマスニジマス

    「信州サーモン」とはニジマスのメスとブラウントラウトのオスを交配させた鱒類の養殖品種で、この「信州サーモン」を使った丼料理。信州サーモン丼 フレッシュアイペディアより)

  • 筋子

    筋子から見たニジマスニジマス

    樺太鱒(ピンクサーモン)の筋子。またはピンクサーモンのみならず、サクラマス、ニジマス、ブラウントラウト、イワナ等の各種マスの筋子を総称することもある。筋子 フレッシュアイペディアより)

  • 富士養鱒場

    富士養鱒場から見たニジマスニジマス

    1936年(昭和11年)に竣工。ニジマスを中心とした種苗の生産と供給を行ない、マス類の増養殖等に関する試験研究も行なっている。敷地面積は45,553m2である。入場料金(大人300円、中学生以下の子供100円)を払えば観覧も可能である。富士山周辺の隠れた観光スポットともなっている。富士養鱒場 フレッシュアイペディアより)

137件中 11 - 20件表示

「ニジマス」のニューストピックワード