168件中 21 - 30件表示
  • 漁川

    漁川から見たニジマスニジマス

    その名にたがわず、河川の上流部にはエゾウグイ、ウグイ、アメマス、オショロコマ、ニジマスなどが棲む。在来種のオショロコマは環境省のレットデータブックにも指定されており千歳川水系では漁川とラルマナイ川の一部でしか生息は確認されていない。漁川 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川フィッシングパーク

    神奈川フィッシングパークから見たニジマスニジマス

    ニジマスなどの釣り堀として市民、県民に親しまれたが、「河川水が少なくなったことによる水質低下」などが影響し、1998年3月で閉鎖された。神奈川フィッシングパーク フレッシュアイペディアより)

  • 順化協会

    順化協会から見たニジマスニジマス

    順化協会が積極的に移入に関わったのは主に趣味として行う狩猟や釣りに必要とされる哺乳類(ウサギ、シカなど)、やキジ科鳥類、淡水魚(ニジマスやブラウントラウトなどのサケ科やコイ)であり、第一次産業振興の観点からは、キツネやタヌキ、ミンク、オコジョ、テン、イタチ、ヌートリアなどの毛皮動物が注目され移入された。また小麦のようなヨーロッパ起源の農作物にはびこる害虫駆除のためイエスズメやホシムクドリ、木材を穿孔する害虫駆除用としてキツツキが移入された。順化協会 フレッシュアイペディアより)

  • 大雪ダム

    大雪ダムから見たニジマスニジマス

    ダムは旭川市中心部から約70km上流に位置し、大雪山国立公園内にある。左岸部に大雪山が聳える事から、ダム湖の名前も「大雪湖」である。因みに大雪山国立公園にある湖は然別湖を除き人造湖である。下流には名勝・層雲峡があり、大函・小函や銀河の滝・流星の滝等を始め奇岩・絶景が連続し、層雲峡温泉と併せて観光客が多い。大雪湖はアメマスやオショロコマ、ニジマス釣りのメッカとして多くの釣り客が釣り糸を垂らす。ただし、ヒグマには要注意である。大雪ダム フレッシュアイペディアより)

  • 水ヶ瀞ダム

    水ヶ瀞ダムから見たニジマスニジマス

    国道112号・道の駅にしかわから寒河江川を上流に向かって進むと、水ヶ瀞ダムを過ぎて寒河江ダムへと至る。水ヶ瀞ダムから寒河江ダムまでの間には、漁業権を持つ最上第二漁業協同組合によって寒河江川本道寺特別釣り場「本道寺釣り道場」が運営されている。ここでは入漁料と引き替えにヤマメやニジマス、イワナなどを釣ることができる。ただ、6月から11月までの間は、寒河江ダムからのフラッシュ放流が週一回実施される。放流量は小規模ながらも急激に増水するので、サイレンが鳴った時は速やかに退避しなければならない。このほか基本的なことになるが台風や集中豪雨の際は増水しているおそれが大きいので、川には近寄らないことである。水ヶ瀞ダム フレッシュアイペディアより)

  • クロロベンジレート

    クロロベンジレートから見たニジマスニジマス

    半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で700mg/kg、ラットへの経皮投与で5,000mg/kg以上。摂取すると中枢神経に影響し、運動失調や軽度の興奮・錯乱などの症状が生じる。引火点は不明だが可燃性であり、強酸・塩基や酸化剤と反応し発火する。燃焼や加熱により分解し、腐食性のある有毒ガスが生じる。ニジマスの96時間の半数致死濃度(LC50)は0.6mg/Lと強い魚毒性があり、生物蓄積性を持つ。クロロベンジレート フレッシュアイペディアより)

  • ベガスヒョウガエル

    ベガスヒョウガエルから見たニジマスニジマス

    1891年にA・K・フィッシャーによって新種として発表された。その頃はまだラスベガスという街はなく、ただ砂漠の中に水が湧いているだけであったから、それまで発見されずにいたのである。しかし、ラスベガスが出来ると、街で必要とする水を調達するために周辺の湧水は干上がっていった。わずかに残った川や池には、大型のウシガエルやスポーツフィッシング用のニジマスが放流され、ベガスヒョウガエルをおびやかしていった。ベガスヒョウガエル フレッシュアイペディアより)

  • 奥野ダム

    奥野ダムから見たニジマスニジマス

    また、松川湖は伊豆半島における数少ない湖釣りのスポットでもある。主に釣れるのはニジマスやアマゴであるが、ルアーフィッシングも可能であることから多くの釣り客も訪れる。漁業権は伊東市松川漁業協同組合が所有しており、一日券は1,000円、年間券は8,000円(中学生1,000円)となっている。なおワームを使った釣りは禁止されている他、サクラの開花時期は危険回避の観点から一部の場所が立入制限されるので、注意が必要である。奥野ダム フレッシュアイペディアより)

  • ワインカントリー (カリフォルニア州)

    ワインカントリー (カリフォルニア州)から見たニジマスニジマス

    多様な水生動物と陸生動物がワインカントリーとその水辺域に生息している。冬のマスノスケ (Oncorhynchus tsawytscha)、デルタスメルト (Hypomesus transpacificus)、およびニジマス (Onchorhynchus mykiss) が最も著名な魚類である。ソノマ・クリーク、ナパ川さらにはサンタローザ湖での魚類の回遊が、主流だけでなく多くの支流においても広範に調査されてきた。これらの調査により、主に堆積物のために、またその結果19世紀以来水辺の植生がなくなってきたことのために、これらの種にとって産卵や生息の価値が減少していることが明らかになってきた。ワインカントリー (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • 大丹波川

    大丹波川から見たニジマスニジマス

    設立のきっかけは、横田基地の米軍が釣りを楽しむ場所として、奥多摩町長のアイデアだった。全長1キロの管理釣り場の中に、ルアーコーナーも併設。付近の管理釣り場の中でも規模は大きい方で、休日は多くの家族で賑わい、年間3万人ほどが訪れる。釣れる魚はニジマス、イワナ、ヤマメである。大丹波川 フレッシュアイペディアより)

168件中 21 - 30件表示

「ニジマス」のニューストピックワード