137件中 31 - 40件表示
  • 天の真名井

    天の真名井から見たニジマスニジマス

    「天の真名井」は水温は14℃、日量2,500tリットル、「本宮の泉」は日量30,000tリットル、これらが二級河川宇田川の源流となる。1990年(平成2年)に周辺整備がなされ、清流の水は上水道の水源、灌漑用水やニジマスの養殖等に活用されている。河川や水源には水車小屋、東屋、遊歩道、駐車場が整備されている。天の真名井 フレッシュアイペディアより)

  • 富士宮プロレス

    富士宮プロレスから見たニジマスニジマス

    富士宮の特産品である「ニジマス」のキャラクターである。富士宮プロレス フレッシュアイペディアより)

  • シャヴォンヌ湖の白い龍

    シャヴォンヌ湖の白い龍から見たニジマスニジマス

    シャヴォンヌ湖の白い竜は「湖の主」としての物語であり、竜殺しの民話が多いフランス語圏では珍しい伝承である。ただし、フランス語圏といってもヴォー州エーグル郡とは東側にベルン州と接し、ヴァレー州が南側に接し、レマン湖が西側に位置するという場所である。したがってフランス語圏としては東のはずれに位置することになる。オルモン=ドゥスー(Ormont-Dessous)はヴォー州エーグル郡の最も東側にある山間部に位置し、そこにシャヴォンヌ湖(Lac des Chavonnes)がある。シャヴォンヌ湖の東の山を越えるとそこはもうベルン州であり、ドイツ語圏である。シャヴォンヌ湖とは5ヘクタール(50,000平方メートル)の大きさで野球場約2?3個分に相当する大きさであるが湖としてはそれほど大きくない大きさといえよう。なお、シャヴォンヌ湖はニジマスやヨーロピアンパーチの産地である。シャヴォンヌ湖の白い龍 フレッシュアイペディアより)

  • 層雲峡温泉

    層雲峡温泉から見たニジマスニジマス

    温泉街の中に環境省の層雲峡ビジターセンターがある。近くには大雪山黒岳スキー場や、層雲峡・黒岳ロープウェイ、キャンプ場があり、大雪山系への登山基地ともなっている。大雪高原牛(アンガス種と呼ばれるカナダ原産の肉牛)やニジマス、山菜などを使った料理が名物となっている飲食店もある。層雲峡温泉 フレッシュアイペディアより)

  • MILU

    MILUから見たニジマスニジマス

    特殊魚:釣竿のレベルに関わらず釣れる魚であり、属性の影響を受けることがない。?のついた魚は精密検査によってアイテムを入手出来ることがある。一般魚と同様に、イベント用の特殊餌を除き、全ての餌で釣る事が可能である。また、「長い一日」などのイベントにこの魚がしばし用いられる事がある。ニジマス、ニシキゴイ、ホシザメ、トラフグなどがこの種類の魚に該当する(先述の魚で一般魚として書かれている物もあるが、実質的な特性は特殊魚である)。MILU フレッシュアイペディアより)

  • 泉ヶ岳

    泉ヶ岳から見たニジマスニジマス

    「芳の平」の林道にできる水たまりには、かつてモリアオガエルの産卵地があったが、2006年にマウンテンバイクコースとして林道を大規模に整備した際にこの水たまりを埋め立てたため、この場所から完全に姿を消した。なお、このモリアオガエルについては、泉ケ岳北側に位置する「桑沼」(大和町、)もかつては一大産卵地であったが、周辺環境の変化、特に人為的に放流されたニジマスやブラックバスなどが繁殖した影響から、今では見かけることは無く、かつて泉ヶ岳のどの水場でも当たり前に観察できたこのめずらしいカエルも、今、泉ケ岳から姿を消そうとしている。泉ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • フォルペット

    フォルペットから見たニジマスニジマス

    一日許容摂取量は、0.1mg/kg/day、ラットに経口投与した場合の半数致死量は10g/kg以上。特定の条件下では可燃性で、加熱や燃焼により、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素などの有毒ガスを生じる。動物実験では発癌性および催奇性がみられている。ニジマスの96時間半数致死濃度(LC50)は0.015 mg/Lと、水生動物に強い毒性がある。フォルペット フレッシュアイペディアより)

  • 軟胞子虫

    軟胞子虫から見たニジマスニジマス

    淡水産コケムシ類の体腔中を浮遊し内部に胞子を蓄える袋状の生物であり、ヨーロッパおよび北アメリカに分布している。蠕虫形の形態を取る時期もあると想像されているが、これまでのところ発見されていない。元々はサケ科魚類に感染して増殖性腎臓病 (PKD) を引き起こす病原体PKXとして知られており、粘液胞子虫との類縁性が言われてはいたものの、成熟した胞子を作らないことから保留されていた。さらに魚類から魚類への直接伝播が起こらないことを考え併せ、魚類は固有宿主ではなく偶然宿主なのだろうとも考えられていた。1999年になって、コケムシ類から見付かる胞子がサケ科魚類に感染することが感染実験と遺伝子配列比較によって証明され、 と命名された。その後 属は 属のシノニムとして無効になったため、改めて設立された 属に移されて現在の学名に至る。なお固有宿主は明らかになったものの、この生物にとって魚類への感染がどういう意味を持つのかは未解明のままである。生物地理学的な研究からは、この生物の分布拡大は人間の活動(ニジマスの養殖やサケの放流)とは関係ないことが示唆されており、したがって魚類への感染は意味を持っていないはずだと考えられる。軟胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • ヒドラメチルノン

    ヒドラメチルノンから見たニジマスニジマス

    経口投与試験での半数致死量は、ラットで1,100-1,300mg/kg、イヌで28,000mg/kg以上とほ乳類に対する毒性は低い。魚毒性があり、96時間の半数致死濃度はニジマスで0.16mg/l、ナマズで0.10mg/l、ブルーギルで1.70mg/lである。ヒドラメチルノン フレッシュアイペディアより)

  • 草野川

    草野川から見たニジマスニジマス

    清流として知られ、草野川漁業協同組合がニジマスを放流しており、入漁料を支払うことで釣りを楽しめる。草野川 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示

「ニジマス」のニューストピックワード