168件中 41 - 50件表示
  • ナウエル・ウアピ湖

    ナウエル・ウアピ湖から見たニジマスニジマス

    7本の腕状の湾を持ち、それぞれの「腕」はブレスト(36km2)、ウエムル(21.5km2)、デ・ラ・トリステーサ(18.5km2)、カンパナリオ(7.9km2)、マチェーテ、デル・リンコン、ウルティマ・エスペランサと呼ばれている。グティエレス湖やモレーノ湖、エスペーホ湖、コレントーソ湖などの小規模な湖とつながっている。深い青色の湖面には、ビクトリア島(31km2)などいくつかの島がある。ウエムル島では、ウエムル・プロジェクトという核融合に関するアルゼンチンの秘密研究プロジェクトが進行している。湖の名称はマプチェ語によるビクトリア島の名称に由来しているが、「ナウエル」という単語には「魔術によってジャガーに変えられてしまった人」という意味もある。息を飲むような美しさの湖はニジマス、ブラウントラウト、カワマスなどの棲み家となっており、世界中の漁師を魅了している。太平洋や大西洋から遠く離れた高所にあるにもかかわらず、主に海洋部に生息するミナミオオセグロカモメやウ(彼らは厳密には海鳥ではない)の棲み家であるという奇妙な事実がある。湖の透き通った水は気候の変化に非常に敏感であり、摂氏7度(華氏45度)の平均表面温度は美しさと危険性の両方を生み出しており、湖水浴客は低体温症に注意する必要がある。ナウエル・ウアピ湖や隣接する湖ではカヤックが人気のスポーツである。湖からはリマイ川が流出しており、やがてネウケン川と合流してネグロ川となる。アルゼンチンとチリの国境付近にはトロナドル山があり、チリのオソルノ山からも近い。ナウエル・ウアピ湖 フレッシュアイペディアより)

  • ニンフフィッシング

    ニンフフィッシングから見たニジマスニジマス

    ニンフフィッシングとは、水棲昆虫のニンフ(蛹)を模したフライを用いて、水面下に沈めて、対象魚(ニジマス、ブラウントラウト、イワナ、ヤマメ等の鮭鱒類)を狙うフライ・フィッシングの釣法のひとつ。ニンフフィッシング フレッシュアイペディアより)

  • スカシバガ科

    スカシバガ科から見たニジマスニジマス

    ブドウスカシバ - 幼虫は、ブドウ虫としてヤマメ・イワナ・ニジマスなどの渓流釣りの釣り餌として使われている。スカシバガ科 フレッシュアイペディアより)

  • シャヴォンヌ湖の白い龍

    シャヴォンヌ湖の白い龍から見たニジマスニジマス

    はヴォー州の最も東側にある山間部に位置し、そこにシャヴォンヌ湖がある。シャヴォンヌ湖の東の山を越えるとそこはもうベルン州であり、ドイツ語圏である。シャヴォンヌ湖とは5ヘクタール(50,000平方メートル)の大きさで野球場約2?3個分に相当する大きさである。シャヴォンヌ湖はニジマスやヨーロピアンパーチの産地である。シャヴォンヌ湖の白い龍 フレッシュアイペディアより)

  • 富士養鱒場

    富士養鱒場から見たニジマスニジマス

    1936年(昭和11年)に竣工。ニジマスを中心とした種苗の生産と供給を行ない、マス類の増養殖等に関する試験研究も行なっている。敷地面積は45,553m2である。入場料金(大人300円、中学生以下の子供100円)を払えば観覧も可能である。富士山周辺の隠れた観光スポットともなっている。富士養鱒場 フレッシュアイペディアより)

  • 神田川 (富士宮市)

    神田川 (富士宮市)から見たニジマスニジマス

    毎年3月第1日曜日には潤井川と併せてマス釣り大会が催され、ニジマス養殖日本一の町に相応しい50年以上に渡る歴史的行事となっている。神田川 (富士宮市) フレッシュアイペディアより)

  • 川のぬし釣り2

    川のぬし釣り2から見たニジマスニジマス

    渓流で釣れる主な魚 - ヤマメ、イワナ、アマゴ、アカザ、ニジマス、カワマス川のぬし釣り2 フレッシュアイペディアより)

  • 天の真名井

    天の真名井から見たニジマスニジマス

    「天の真名井」は水温は14℃、日量2,500tリットル、「本宮の泉」は日量30,000tリットル、これらが二級河川宇田川の源流となる。1990年(平成2年)に周辺整備がなされ、清流の水は上水道の水源、灌漑用水やニジマスの養殖等に活用されている。河川や水源には水車小屋、東屋、遊歩道、駐車場が整備されている。天の真名井 フレッシュアイペディアより)

  • 途別川

    途別川から見たニジマスニジマス

    途別川では、サケの遡上を観察することができる。これは地元の「幕別町ふるさと館」が毎年稚魚を孵化させて放流しているためである。ウグイやニジマス、キタノトミヨなどの魚も釣れるが、河川改修工事が進むにつれ数は減ってきている。昔は海からウグイが大群で遡上することもあったという。途別川 フレッシュアイペディアより)

  • カワマス

    カワマスから見たニジマスニジマス

    カワマスの個体数は、冷涼で澄んでいて高酸素濃度の水に依存する。早くも19世紀後半には土地開発、森林伐採と工業化が確立したので、北アメリカの天然のカワマスは多くの水路から根絶された。汚染されたか、堰き止められたか、沈泥で水深が浅くなった流れ込みと小川は、天然のカワマスが生息するにはあまりに暖かくなって、コクチバス、パーチ、または他のサケ科(例えばブラウントラウトやニジマス)が移植された。元々北アメリカ原産でないブラウントラウトは、カワマスの生息水域の多くで、カワマスに取って代わった。過剰な採取、または温度によって圧力を加えられるなら、カワマスの個体数は外来種の導入によるダメージの影響をとても受けやすい。カワマスの多くの湖の個体数は他の種(特にペルカ科、時に棘鰭類の魚)の導入によって根絶された。化学薬品および肥料を含んでいる雨水によって引き起こされる化学汚染および藻の成長に加えて、大気汚染はカワマスの消滅に関する特筆すべき要因である。アメリカ合衆国では大気汚染によって引き起こされる酸性雨は、アパラチア山脈のいくつかの小川と流れ込みの最も標高の高い源流部以外では、カワマスの個体数を維持するにはあまりにも低いpHレベル(=酸性)だった。東部カナダの大部分のカワマスの個体数も同様に減少した。オーロラマスとして知られる亜種は、酸性雨の影響で天然のものは絶滅した。カワマス フレッシュアイペディアより)

168件中 41 - 50件表示

「ニジマス」のニューストピックワード