137件中 41 - 50件表示
  • トローリング

    トローリングから見たニジマスニジマス

    ニジマス、ブラウントラウト、レイクトラウト、サクラマス、イワナ、ヒメマスなどサケ科の魚を主に狙う。トローリング フレッシュアイペディアより)

  • クレーターレイク国立公園

    クレーターレイク国立公園から見たニジマスニジマス

    ヒメマス (Oncorhynchus nerka) と ニジマス (Oncorhynchus mykiss) が、自然に繁殖している。クレーターレイク国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ちゃんちゃん焼き

    ちゃんちゃん焼きから見たニジマスニジマス

    一般的には、鮭をメインの食材にすることがほとんどだが、ニジマスなど他の魚を使うこともある。その他の具材としては、玉葱や長葱、キャベツ、モヤシ、ピーマン、人参などの野菜を用いる。ちゃんちゃん焼き フレッシュアイペディアより)

  • 奥野ダム

    奥野ダムから見たニジマスニジマス

    また、松川湖は伊豆半島における数少ない湖釣りのスポットでもある。主に釣れるのはニジマスやアマゴであるが、ルアーフィッシングも可能であることから多くの釣り客も訪れる。漁業権は伊東市松川漁業協同組合が所有しており、一日券は1,000円、年間券は8,000円(中学生1,000円)となっている。なおワームを使った釣りは禁止されている他、サクラの開花時期は危険回避の観点から一部の場所が立入制限されるので、注意が必要である。奥野ダム フレッシュアイペディアより)

  • 祐延ダム

    祐延ダムから見たニジマスニジマス

    また、祐延貯水池、ならびに、小口川では、過去に放流されたニジマスが自然繁殖を繰り返していることが確認されている。祐延ダム フレッシュアイペディアより)

  • 冷水病

    冷水病から見たニジマスニジマス

    低水温期に発生する北米のサケ・マスの病気として知られていた。1984年にフランスのニジマスで発生が確認された。冷水病 フレッシュアイペディアより)

  • コネチカット川

    コネチカット川から見たニジマスニジマス

    この川自体にはカワマス、ニジマス、大型のブラウントラウト、シャッド、コクチバス、シマバス、コイ、ナマズ、アメリカウナギなど釣り用の魚類が棲息している。陸封ザケは餌となる魚の春の産卵期とまたサケの秋の産卵期に川に入ってくる。川の5マイル (8 km) にわたって毛鉤の釣りのみに規制されている。フランシス湖から南の川の大半はルアー釣りや餌釣りにも解放されている。2つのテイルウォーターダムが下流に冷たい水を供給し、夏の釣りを優れたものにしている。コネチカット川 フレッシュアイペディアより)

  • 漁川

    漁川から見たニジマスニジマス

    その名にたがわず、河川の上流部にはエゾウグイ、ウグイ、アメマス、オショロコマ、ニジマスなどが棲む。在来種のオショロコマは環境省のレットデータブックにも指定されており千歳川水系では漁川とラルマナイ川の一部でしか生息は確認されていない。漁川 フレッシュアイペディアより)

  • 野反ダム

    野反ダムから見たニジマスニジマス

    草津温泉方面から国道405号を北上し野反峠を越えると、周囲を原生林で囲まれた野反湖の青い水が視界に現れる。その眺めは通常のダム湖とは違い、一見すると天然湖に見える。夏は高原の冷涼な空気に包まれ、湖周にはノゾリキスゲ(ニッコウキスゲの当地名)やレンゲツツジなど高山植物が咲く。湖にはニジマスやイワナが放流され、入漁券を購入すれば釣りをすることもできる。水温は低く、遊泳には適さない。野反湖とその周辺は上信越高原国立公園内に存在し、2005年(平成17年)には六合村の推薦により財団法人ダム水源地環境整備センターは野反湖をダム湖百選に選定。また、周囲の遊歩道は遊歩百選に選ばれており、白砂山ほか上信越国境の山々への登山口でもある。野反ダム フレッシュアイペディアより)

  • 加茂川 (愛媛県)

    加茂川 (愛媛県)から見たニジマスニジマス

    上流ではアユ、アマゴ、ニジマスと清流を好む魚が群れをなし、その上をカワセミが飛び交い、中流では夏の川遊び、いもたき、伊曽乃神社の秋の祭り(西条祭りの代表的な祭礼)の川入りなど人々に親しまれている。下流では大きな干潟を形成し、渡り鳥が羽を休めている。加茂川 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「ニジマス」のニューストピックワード