168件中 51 - 60件表示
  • 金沢清水

    金沢清水から見たニジマスニジマス

    岩手山、八幡平の間に流れる松川沿いに日量3.4万tの清水が湧出する。中でも最大の水量(毎分40t)を誇る、座頭清水の水は岩手県内水面水産技術センターによりニジマス、ヤマメ、アユ、ヒメマス等の養殖および研究に使用している。金沢清水 フレッシュアイペディアより)

  • 大泉村 (山梨県)

    大泉村 (山梨県)から見たニジマスニジマス

    大きな河川は無いが八ヶ岳を水源とする諸河川が南流する湧水地帯であり、農業用水として利用され北部の寒冷地を除いて稲作のほか高原野菜や園芸農業が行われている。山麓地域では林業のほか酪農が行われている。また、ニジマスの養殖、観光産業も盛ん。大泉村 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • サンタアナ川

    サンタアナ川から見たニジマスニジマス

    高山帯と亜高山帯は、高度が9,500フィート (2,900 m) と高く、年間35インチ (890 mm) とそこそこの雨量があるにも拘わらず、植生が少ない。風に吹き曝される地形では小さな藪と雑草が主であり、小さく節くれ立った松とビャクシンが大半の樹木は亜高山帯の峡谷や影のある窪地に生えている。内陸の高度5,000フィート (1,500 m) 以上の地域ではより深い森がある。ジェフリーマツ、ポンデローサマツ、ブラックオーク、ロッジポールマツおよびヤナギが森林を構成している。山岳部にはカリフォルニア州の山岳に特有な多くの生物であるリス、シマリス、アメリカグマ、ミュールジカや多くの種の渡り鳥が生息している。サンバーナーディーノの渓谷では淡水のニジマスが豊富であり、岸には、ハンノキ、ヤナギおよびコットンウッドが生えている。サンタアナ川とその上流の大きな支流が山岳部峡谷から流れ出てインランド・エンパイアの盆地に入るところでは、沖積低木に囲まれ、砂漠と水辺植生の混合である。本流に沿ってセブンオークス・ダムの下からこれが始まり、ライトル・クリークの合流点で終わっている。サンタアナ川 フレッシュアイペディアより)

  • 幌満川第3発電所ダム

    幌満川第3発電所ダムから見たニジマスニジマス

    総貯水容量:15,379,000m³ 、常時満水位標高:EL 132.0m、最大水深31.0mの人造湖である。ダム湖とその流入河川ではニジマス、イワナ、ヤマメが釣れるが、内水面区画漁業権が設定されているため事前に新日本電工で遊漁許可証(500円/日)を購入する必要がある。幌満川第3発電所ダム フレッシュアイペディアより)

  • フィルス川

    フィルス川から見たニジマスニジマス

    ニジマス、ブラウントラウト、ブルックトラウト、バーベル(バルブス属)、ガジョン(ヨーロッパブナ属)、ミノウ(アブラハヤ属)、Döbel(レウキスクス属)、イトヨ、ヨーロッパカジカ(カジカ属)、(まれに、グレイリング、バーチ、コイ)フィルス川 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウントラウト

    ブラウントラウトから見たニジマスニジマス

    ブラウントラウトの産卵はタイセイヨウサケと良く似ている。平均、メスの体重1kgあたり2000個の卵を産む。北海道長野県梓川上流、知床半島、秋田県では天然イワナとの交雑が確認されている。更に、水産試験場の耐病性を高めた種の作出を狙った人為的な交雑例でもニジマス、イワナとの交雑種も可能である。ブラウントラウト フレッシュアイペディアより)

  • ボンネビル・ダム

    ボンネビル・ダムから見たニジマスニジマス

    この魚類遡上問題を切り抜けるべく、ボンネビル・ダムは魚道を設置し、天然のサケやニジマスがダムを通過して産卵のために上流へと遡上できるような仕組みを作った。産卵期に大量の魚が上流へと向かう光景は、ダムへ訪れる観光客の楽しみの一つとなっている。カリフォルニアアシカもまたこの魚の大群に惹きつけられ、産卵期になるとダムの堤敷あたりでしばしば見られる。2006年までに、頭数が増えたアシカなどがサーモンの個体数に影響を与えるようになり、陸軍工兵司令部や環境活動家の頭を悩ますこととなった。ジョージ・シンプソンらが記録しているように、歴史的にアシカを始めとする鰭脚類は、コロンビア川の河口から320 kmも離れたザダルズやセリロ滝まで移動して魚を獲っていた。ボンネビル・ダム フレッシュアイペディアより)

  • スモルト

    スモルトから見たニジマスニジマス

    「無斑」と呼ばれる模様の欠如した個体が発生する現象がある。これは突然変異により外見の変化を起こしている物で、メラニン色素の欠如したアルビノと似た現象である。ニジマスに於いては、無斑個体を選抜養殖し固定系統のホウライマスとして商品化している。スモルト フレッシュアイペディアより)

  • タスマニア原生地域

    タスマニア原生地域から見たニジマスニジマス

    入園料は210円、ダフ湖やクレイター湖など3000の湖が存在し、免許取得によりニジマスやブラウントラウトを釣る事が可能となる。水中にはマウンテン・シュリンプ、クライミング・ギャラクシーが生息する。タスマニア原生地域 フレッシュアイペディアより)

  • タイセイヨウサケ

    タイセイヨウサケから見たニジマスニジマス

    成魚の頭部は比較的小さく、体高は低い。頭部から背部にかけて黒点が散在する。スモルト(降海する幼魚)の体側は銀色で、背部は暗い青緑色。サケ類の中では比較的大型で、成魚の全長は平均90から110cm(大きな個体では全長150cm、体重40kg以上に達する)。大半はシロザケのように1回の産卵で死滅するが、同属のブラウントラウト(', 茶色マス)やニジマス(', テツ)のように遡上・産卵・降海を複数回繰り返す個体も存在し、中には10年以上生きる例もごく稀にある。タイセイヨウサケ フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「ニジマス」のニューストピックワード