137件中 61 - 70件表示
  • ブラウントラウト

    ブラウントラウトから見たニジマスニジマス

    ブラウントラウトの産卵はタイセイヨウサケと良く似ている。平均、メスの体重1kgあたり2000個の卵を産む。とされているが、北海道知床半島、秋田県では天然イワナとの交雑が確認されている。更に、水産試験場の耐病性を高めた種の作出を狙った人為的な交雑例でもニジマス、イワナとの交雑種も可能である。ブラウントラウト フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江ダム

    寒河江ダムから見たニジマスニジマス

    月山湖はアユ・ニジマス・イワナ・ヤマメ・ハヤなどが釣れる魚の宝庫であり、多くの釣り客で賑わう。但し漁業権は最上第二漁業協同組合が管轄しており事前に問い合わせをした方が無難である。ダム湖へのボートなどの持ち込み利用は最上川ダム統合管理事務所の事前申し込みが必要であり、噴水付近からダムサイトまでは進入禁止区間である。月山湖は山形市を始め流域12市町村、約550,000人の水源でもある為禁止事項に反する行為を行うと河川法違反で処罰されるのでルールを守った利用が肝要である。寒河江ダム フレッシュアイペディアより)

  • ワインカントリー (カリフォルニア州)

    ワインカントリー (カリフォルニア州)から見たニジマスニジマス

    多様な水生動物と陸生動物がワインカントリーとその水辺域に生息している。冬のマスノスケ (Oncorhynchus tsawytscha)、デルタスメルト (Hypomesus transpacificus)、およびニジマス (Onchorhynchus mykiss) が最も著名な魚類である。ソノマ・クリーク、ナパ川さらにはサンタローザ湖での魚類の回遊が、主流だけでなく多くの支流においても広範に調査されてきた。これらの調査により、主に堆積物のために、またその結果19世紀以来水辺の植生がなくなってきたことのために、これらの種にとって産卵や生息の価値が減少していることが明らかになってきた。ワインカントリー (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ヤマメ

    ヤマメから見たニジマスニジマス

    管理釣り場での釣りは、ニジマスがメインである。難易度はそれほど高くない。ヤマメ フレッシュアイペディアより)

  • スペイキャスト

    スペイキャストから見たニジマスニジマス

    アメリカでは、ワシントン州スカジット川周辺でニジマスの降海型であるスティールヘッドを効率的に釣るために、と呼ばれる方法が地元スティールヘッダー達によって生み出された。非常に水の押しが強く水深もあるこの川では、魚の目前にフライを届けるため速く沈むシンキングラインと重たいフライが必要不可欠となるが、そのような組み合わせは通常のラインシステムやキャスティング方法では扱いづらい事この上なかった。これを改善するため、ラインを先端のみ素早く沈むシンクティップ仕様とし、ボディと呼ばれるラインの本体部は、オーバーヘッドで投げるには明らかに重すぎるような極太かつ短いフローティングラインとする。スカジットキャストの開拓に携わったメンバーのうち、主要人物であるワード(2012)は、このティップとボディを合わせた全長は使用するロッドの2.75?3倍の長さに設定し、なおかつティップ部は約10フィートにすると最も扱いやすいとしている。このシステムで流れや風を考慮して様々な場所にアンカーを打ったのちライン全てを一旦水に付ける。そして水面からラインを引き剥がす抵抗で竿を曲げると同時に後方へループを作り、前方へ打ち出す。安全に重たいフライを投げられる事に加え他のスタイルに比べて習得しやすく、非常に合理的なキャスト方法である。スペイキャスト フレッシュアイペディアより)

  • カワマス

    カワマスから見たニジマスニジマス

    カワマスの個体数は、冷涼で澄んでいて高酸素濃度の水に依存する。早くも19世紀後半には土地開発、森林伐採と工業化が確立したので、北アメリカの天然のカワマスは多くの水路から根絶された。汚染されたか、堰き止められたか、沈泥で水深が浅くなった流れ込みと小川は、天然のカワマスが生息するにはあまりに暖かくなって、コクチバス、パーチ、または他のサケ科(例えばブラウントラウトやニジマス)が移植された。元々北アメリカ原産でないブラウントラウトは、カワマスの生息水域の多くで、カワマスに取って代わった。過剰な採取、または温度によって圧力を加えられるなら、カワマスの個体数は外来種の導入によるダメージの影響をとても受けやすい。カワマスの多くの湖の個体数は他の種(特にペルカ科、時に棘鰭類の魚)の導入によって根絶された。化学薬品および肥料を含んでいる雨水によって引き起こされる化学汚染および藻の成長に加えて、大気汚染はカワマスの消滅に関する特筆すべき要因である。アメリカ合衆国では大気汚染によって引き起こされる酸性雨は、アパラチア山脈のいくつかの小川と流れ込みの最も標高の高い源流部以外では、カワマスの個体数を維持するにはあまりにも低いpHレベル(=酸性)だった。カワマス フレッシュアイペディアより)

  • ウチダザリガニ

    ウチダザリガニから見たニジマスニジマス

    日本への移入は、1926年に食用とするべく養殖のため北海道の湖沼に放流されたものである。その後、1930年にかけて農林省水産局(当時)が優良水族導入の名目でオレゴン州より1都1道1府21県へ導入した。北海道の摩周湖では、1930年にニジマスの餌として475尾が放流されている。現在は、北海道の一部、滋賀県、福島県の冷涼な河川、湖沼に帰化・定着が確認され、生息地は増加の傾向にあり、2010年4月には千葉県内の利根川水系で関東地方で初めての生息が確認された。福島県産のものは、寄生虫の種別から北海道産のものが人為的に移入されたものと考えられている。ウチダザリガニ フレッシュアイペディアより)

  • サンタアナ川

    サンタアナ川から見たニジマスニジマス

    高山帯と亜高山帯は、高度が9,500フィート (2,900 m) と高く、年間35インチ (890 mm) とそこそこの雨量があるにも拘わらず、植生が少ない。風に吹き曝される地形では小さな藪と雑草が主であり、小さく節くれ立った松とビャクシンが大半の樹木は亜高山帯の峡谷や影のある窪地に生えている。内陸の高度5,000フィート (1,500 m) 以上の地域ではより深い森がある。ジェフリーマツ、ポンデローサマツ、ブラックオーク、ロッジポールマツおよびヤナギが森林を構成している。山岳部にはカリフォルニア州の山岳に特有な多くの生物であるリス、シマリス、アメリカグマ、ミュールジカや多くの種の渡り鳥が生息している。サンバーナーディーノの渓谷では淡水のニジマスが豊富であり、岸には、ハンノキ、ヤナギおよびコットンウッドが生えている。サンタアナ川とその上流の大きな支流が山岳部峡谷から流れ出てインランド・エンパイアの盆地に入るところでは、沖積低木に囲まれ、砂漠と水辺植生の混合である。本流に沿ってセブンオークス・ダムの下からこれが始まり、ライトル・クリークの合流点で終わっている。サンタアナ川 フレッシュアイペディアより)

  • レイクトラウト

    レイクトラウトから見たニジマスニジマス

    種小名namaycushはアメリカ先住民族の内、恐らくアルゴンキン語族に属する言語の名前に由来する。(参照:オジブウェー語:namegos = レイクトラウト; namegoshens = ニジマスレイクトラウト フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たニジマスニジマス

    ブラウントラウト、カワマス、ニジマス、タイセイヨウサケ、マスノスケ、ヨーロピアンパーチ、コイとカダヤシを含むいくつかの外来種の淡水の魚種がオーストラリアの水域に移入された。カダヤシは他の魚のひれをかみ切ることで知られる攻撃的な種である。カダヤシは数種の固有の小型魚種の生息数の低下や、局所的な絶滅に関連がある。移入されたマス類は、Spotted Tree Frog(en)(アマガエル科の一種)のような他の高地の動物相や、トラウトコッド、マッコリーパーチ、マウンテンガラクシアスを含むいくつかの高地の固有の魚種への重大な悪影響を与えた。コイは、オーストラリア南東部のマレー・ダーリング流域で、水草の劇的な減少、小型固有魚種の減少と、汚濁の安定した高いレベルに強く関係している。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「ニジマス」のニューストピックワード