168件中 61 - 70件表示
  • 糠平ダム

    糠平ダムから見たニジマスニジマス

    総貯水容量:193,900,000 m³、湖面標高:520.0m、周囲:33.0km、最大水深:60.0mで天然湖の赴きを呈した人造湖である。ヤマメやワカサギが放流され冬はワカサギ釣りで賑わう。その他に、ニジマス、アメマス、コイ、ウグイ、ブラウントラウト、ハナカジカ、オショロコマ も生息している。糠平ダム フレッシュアイペディアより)

  • 岩尾内ダム

    岩尾内ダムから見たニジマスニジマス

    岩尾内ダム建設によって誕生した岩尾内湖は、北海道でも屈指の規模を有する。総貯水容量1億770万立方メートルは道内では9番目の大人造湖である。周囲はミズナラ、トドマツやシラカンバなど自然豊かであり、環境省や北海道のレッドデータブックにも掲載される動植物が少なからず生息・繁茂する。また湖には5種11科の魚類の生息が確認されており、ワカサギ、ヤマメ、アメマス、ニジマス、ブラウントラウトなどのほか、エゾウグイやハナカジカといった希少種も生息する。このため釣りも盛んではあるが、入漁する際には湖畔にある岩尾内湖白樺キャンプ場で200円を払う。またボートによる釣りも可能だが湖に入るゲートは土曜日・日曜日にしか開放されない。釣りのほか、カヌーやキャンプなどでも多く利用されている。2009年(平成21年)に国土交通省が実施したダム湖利用実態調査では、岩尾内ダム・岩尾内湖の年間利用者数は延べ2万4,448名であり、野外活動、散策、釣りの順で利用者が多い。岩尾内ダム フレッシュアイペディアより)

  • フレンキシェ・シュヴァイツ

    フレンキシェ・シュヴァイツから見たニジマスニジマス

    フレンキシェ・シュヴァイツは、マイン川、レグニッツ川、およびペグニッツ川に取り囲まれた地域で、ヴィーゼント川とその支流(アウフゼス川、カイナハ川、ランライター川、ピュトラハ川、トルバッハ川)で構成される水系によって水が運ばれる。これらの川には、もっぱらブラウントラウト、ニジマス、カワヒメマス ( Grayling ) といった魚ばかりが棲息している。これは水の酸素含有量、水温、食物供給などにその理由がある。フレンキシェ・シュヴァイツの河川の生態系は、自然のままで、魚たちも自然繁殖しているものたちなのである。耕地整理の際に多くの川が直線化されてしまった。ヴィーゼント川は、カヌー愛好者達にそのルートを提供している。フレンキシェ・シュヴァイツ フレッシュアイペディアより)

  • 池原ダム

    池原ダムから見たニジマスニジマス

    ブラックバスについては河川・湖沼の生態系を著しく破壊するという意見から忌み嫌われる傾向にあるが、この地域はブラックバスを経済資源として肯定的に捉えている。地元下北山村による稚魚の定期放流が行われており、1988年(昭和63年)には1万匹のフロリダバス(真のフロリダバスだったかどうかは未確認)が放流されている。釣り大会のトーナメントも定期的に開催されており、こういった背景から、池原ダム湖は日本中のバス釣り愛好家のメッカともなっている。その一方でバスの持ち帰りによる弊害も報告されている。このため2005年(平成17年)の外来生物法施行後、池原ダム湖においても他のダム湖同様他地域から持ち込んだバスの放流や、池原貯水池に棲息するバスの持ち帰りを厳禁している。ただしキャッチ・アンド・リリースは規制の対象ではない。近年では貯水池の漁業権を保有する上北山漁業協同組合と下北山漁業協同組合が共同で、ニジマスの放流を開始してバス一辺倒の状況を修正しつつある。また池原ダム湖を含め北山川は吉野熊野国立公園の区域内であるため、釣り関連のゴミ放棄や自然の損壊は厳しく禁止されている。池原ダム フレッシュアイペディアより)

  • 軟胞子虫

    軟胞子虫から見たニジマスニジマス

    淡水産コケムシ類の体腔中を浮遊し内部に胞子を蓄える袋状の生物であり、ヨーロッパおよび北アメリカに分布している。蠕虫形の形態を取る時期もあると想像されているが、これまでのところ発見されていない。元々はサケ科魚類に感染して増殖性腎臓病 (PKD) を引き起こす病原体PKXとして知られており、粘液胞子虫との類縁性が言われてはいたものの、成熟した胞子を作らないことから保留されていた。さらに魚類から魚類への直接伝播が起こらないことを考え併せ、魚類は固有宿主ではなく偶然宿主なのだろうとも考えられていた。1999年になって、コケムシ類から見付かる胞子がサケ科魚類に感染することが感染実験と遺伝子配列比較によって証明され、 と命名された。その後 属は 属のシノニムとして無効になったため、改めて設立された 属に移されて現在の学名に至る。なお固有宿主は明らかになったものの、この生物にとって魚類への感染がどういう意味を持つのかは未解明のままである。生物地理学的な研究からは、この生物の分布拡大は人間の活動(ニジマスの養殖やサケの放流)とは関係ないことが示唆されており、したがって魚類への感染は意味を持っていないはずだと考えられる。軟胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • 真鍋庭園

    真鍋庭園から見たニジマスニジマス

    風景式庭園 - はまなすの丘、リスの教会など。池には野生のニジマスや鴨が生息する。真鍋庭園 フレッシュアイペディアより)

  • 森と湖のフェスタ

    森と湖のフェスタから見たニジマスニジマス

    5万本のバラの庭園、木工・手作りの遊具、ニジマスやイトウの泳ぐ小川など。ワークショップやコンサートなどを開催。森と湖のフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • カムチャツカの火山群

    カムチャツカの火山群から見たニジマスニジマス

    ニジマス(Salmo mykiss)カムチャツカの火山群 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路川

    釧路川から見たニジマスニジマス

    1970年代の魚類調査では、スナヤツメ、カワヤツメ、サケ、カラフトマス、サクラマス、ヤマメ、マスノスケ、イトウ、アメマス、エゾイワナ、シシャモ、ワカサギ、チカ、キュウリウオ、ウグイ、エゾウグイ、コイ、フナ、フクドジョウ、イバラトミヨ、イトヨ、ウキゴリ、ジュズカケハゼ、ハナカジカ、ヌマガレイが本流に、支流には他にニジマスとエゾトミヨも見られた。釧路川 フレッシュアイペディアより)

  • ワカサギ

    ワカサギから見たニジマスニジマス

    食性は肉食性で、ケンミジンコやヨコエビなどの動物プランクトンや魚卵や稚魚などを捕食する。一方、魚食性の大型魚類(オオクチバス、コクチバス、ニジマス、ヒメマスなど)や水辺を生息域とするサギなど鳥類に捕食されている。ワカサギ フレッシュアイペディアより)

168件中 61 - 70件表示

「ニジマス」のニューストピックワード