137件中 71 - 80件表示
  • クロロベンジレート

    クロロベンジレートから見たニジマスニジマス

    半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で700mg/kg、ラットへの経皮投与で5,000mg/kg以上。摂取すると中枢神経に影響し、運動失調や軽度の興奮・錯乱などの症状が生じる。引火点は不明だが可燃性であり、強酸・塩基や酸化剤と反応し発火する。燃焼や加熱により分解し、腐食性のある有毒ガスが生じる。ニジマスの96時間の半数致死濃度(LC50)は0.6mg/Lと強い魚毒性があり、生物蓄積性を持つ。クロロベンジレート フレッシュアイペディアより)

  • モンモランシー郡 (ミシガン州)

    モンモランシー郡 (ミシガン州)から見たニジマスニジマス

    ニジマス、カワマス、スチールヘッド、ペルカ属、バスなどの魚が豊富に生息している。世界クラスの水流や川でのフライ・フィッシングなどが盛んに行われている。モンモランシー郡 (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • アイラ島

    アイラ島から見たニジマスニジマス

    アイラ島は、ヨーロッパで最も優れたブラウントラウト釣りの名所の一つである。輸入されたニジマスがこの島では放流されたことはないため、この「ブラウニー」は今でもこの島の淡水の生態系における優占種である。2003年、ヨーロッパ釣り大会がこの島の5つの湖で催された。川や湖に面したほとんどの土地で釣りが行われ、堤は釣りに利用される。海釣りも、特に海岸の破船のあるところで人気である。アイラ島では釣りは地元のスポーツとして定着しており、毎年釣り大会が催されている。アイラ島 フレッシュアイペディアより)

  • オショロコマ

    オショロコマから見たニジマスニジマス

    日本国内で直ちに種の絶滅が危惧される状況ではないが、2007年版の環境省レッドリストでは、従来の準絶滅危惧から絶滅危惧II類にカテゴリが上げられた。知床半島などの生息地では外来魚(ニジマスやブラウントラウト)との競合、アメマスの生息域拡大による源流域まで追いやられる、一部の釣り人による乱獲や源流部の林道工事、河畔林伐採、堰堤の設置等にともなう生息環境破壊により、個体群が絶滅の危機にあるとみられる。特に、本種はもともとアメマスと同じ川で生息する際、本種がアメマスより上流に、その下流にアメマスが生息するといった棲み分けがあったが、ここ最近アメマスの勢力が広がりつつある。また、本種とアメマスとの交雑種が見つかっている。本種の分布域の北側には、ホッキョクイワナが生息するが、両者の異同には論議がある。まず、言えることは?産卵場所の違いである。本種は河川、ホッキョクイワナは湖沼。?生態や、鰓杷数が本種より亜種のミヤベイワナに近いこと。など明確な違いは限られており、本種との区切りは難しい。しかし、もともと日本国内で生息する本種を含め、イワナ属の魚は明確な河川ごとに特徴があったと言われる。イワナ属はそもそも本種とミヤベイワナの2亜種からなるグループと、アメマス、ニッコウ、ヤマト、ゴギの4型からなるイワナのグループ、その他外来種2種が日本国内で生息していると考えられているが諸説ある。本種を含めホッキョクイワナのグループはイワナのグループに比べ、生息域が広く、より正確な分類が必要なグループであるには違いない。オショロコマ フレッシュアイペディアより)

  • カムチャツカの火山群

    カムチャツカの火山群から見たニジマスニジマス

    ニジマス(Salmo mykiss)カムチャツカの火山群 フレッシュアイペディアより)

  • 本栖湖

    本栖湖から見たニジマスニジマス

    ウィンドサーフィンのメッカであり、夏季には多くのウィンドサーファーが訪れる。風光明媚なため湖畔周辺にはホテルや企業の研修所が並ぶほか、レジャーの場として活用されている。観光船による遊覧や、ブラウントラウトやニジマスなどを狙うフィッシングも盛ん。ヒメマスの釣り場としても知られる。静岡大学教育学部附属静岡中学校の生徒・教員が毎年7月に、湖畔でキャンプを行う。本栖湖 フレッシュアイペディアより)

  • いがやレクリエーションランド

    いがやレクリエーションランドから見たニジマスニジマス

    バッハアルプ湖での釣りでイワナ、ニジマスの餌釣り・ルアーフィッシングができる。いがやレクリエーションランド フレッシュアイペディアより)

  • ミラージュランド

    ミラージュランドから見たニジマスニジマス

    「流水プール」や「3連スライダー」(1つは監視員が見張りとして使うため実際に使えるのは2連)などが有名である。1983年に完成。営業時間はAM9:00?PM4:30(「3連スライダー」はPM4:15まで)。オフシーズンの5月と10月には、釣り堀として使用される。放されている魚は、ニジマスやヤマメやイワナなど。また、魚の掴み取り大会が開催されたり、ラジコンプールとして使用されることもある。ミラージュランド フレッシュアイペディアより)

  • 大雪ダム

    大雪ダムから見たニジマスニジマス

    ダムは旭川市中心部から約70km上流に位置し、大雪山国立公園内にある。左岸部に大雪山が聳える事から、ダム湖の名前も「大雪湖」である。因みに大雪山国立公園にある湖は然別湖を除き人造湖である。下流には名勝・層雲峡があり、大函・小函や銀河の滝・流星の滝等を始め奇岩・絶景が連続し、層雲峡温泉と併せて観光客が多い。大雪湖はアメマスやオショロコマ、ニジマス釣りのメッカとして多くの釣り客が釣り糸を垂らす。ただし、ヒグマには要注意である。大雪ダム フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川ダム

    鴨川ダムから見たニジマスニジマス

    東条湖は兵庫県播磨地域における主要な観光地である。湖はボートによる遊覧のほかニジマスやブラックバスの釣り場として多くの釣り客が訪れる。東条湖が形成する湖周囲の景観は東条湖八景と呼ばれ、不動岩・妹背岩・五所ヶ渓岩・鞍馬峡・鷲の巣窟・蓬莱峡・屏風岩・水天宮とそれぞれ命名されている。特に水天宮は東条湖において最も風光明媚な場所とされ守護神が祀られているが、それはダム建設によって父祖伝来の地を提供した土井集落7戸51人に対する報恩と、観光地としての発展を祈願して祀られたものである。1966年(昭和41年)からは湖畔に分譲地が整備され、住宅地も増加している。鴨川ダム フレッシュアイペディアより)

137件中 71 - 80件表示

「ニジマス」のニューストピックワード